ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11558] 【新潟】市新津美術館/エドワード・ゴーリーの優雅な秘密 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 23:42:24

 花と遺跡のふるさと公園にある新潟市新津美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=10では、絵本の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」〜3/10(日)
    月曜休館(ただし2/18、3/4は開館)
    入館料金:一般700円 高大生500円 中学生以下無料
           新潟県立植物園・新潟市新津鉄道資料館の入館券提示で2割引
           障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は手帳提示で無料
 不思議な世界観と、モノトーンの緻密な線描の絵本作家エドワード・ゴーリー(Edward Gorey, 1925-2000)。ミステリー小説のような物語と、陰影や背景までもがペンで細かく描かれたイラストで、時に読者を不安な気持ちに陥れるゴーリーの作品。絵本だけでなく、彼自身がテキストとイラストの両方を手がけた「主著(Primary Books)」だけで100 冊を超え、さらに、他著の挿絵、舞台と衣装のデザイン演劇やバレエのポスターなど、多岐にわたる制作活動を行う。本展は、アメリカ各地を巡回した原画展を元に、個人コレクターの収蔵品を加え、貴重な原画・書籍・資料など約350 点を展示。
  :エドワード・ゴーリー『うろんな客』原画、1957年
              『不幸な子供』原画、1961年
              『華々しき鼻血』原画、1975年
  エドワード・ゴーリー、エドワード・リア『ジャンブリーズ』原画、1968年
  エドワード・ゴーリー、トマス・スターンズ・エリオット『キャッツ ポッサムおじさんの実用猫百科』原画、1982年
  エドワード・ゴーリー《空飛ぶ猫のいる自画像》複製、制作年不明
  エドワード・ゴーリー『キャッテゴーリー』(No.19)原画、1972年   など

こどもタイム:会場に音楽が流れ、親子で会話を楽しみながら鑑賞
会期中の第1・3木曜・日曜日 (2月17、21、3/3・7)午前10時〜午後1時

絵本の読み聞かせ:3/2(土) 午前11時〜、午後2時〜(各回約30分)
  アトリウムにて、入館料のみ、申込み不要

美術講座:3/3(日)午後1時30分〜3時、レクチャールーム、申込不要、無料
「エドワード・ゴーリーの不思議な世界」学芸員

ミュージアムコンサート「夜の秘密の音楽会」3/9(土)午後5時45分開場、午後6時30分開演
(企画展観覧は開演前まで)アトリウムにて、バイオリン 庄司愛、佐々木友子
 1000円(企画展観覧料込)

申込(先着順)3/3(日)までTEL. 025-243-4894(新潟市役所コールセンター午前8時〜午後9時年中無休)。
    先着100名、定員になり次第終了
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー