ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11555] 【東京】港区立郷土歴史館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 21:54:03

 区立図書館内にあった港区立港郷土資料館は、昨年11/1に白金台に移転して港区立郷土歴史館としてオープンしています。  
==================================================================
施 設 名:港区立郷土歴史館
ふりがな:みなとくりつきょうどれきしかん
英文表記:MINATO CITY LOCAL HISTORY MUSEUM 
分野 :歴史 民俗
郵便番号:108-0071
都道府県:東京都
市区町村:港区  
所在地:白金台4-6-2 ゆかしの杜内
電話番号:03-6450-2107   
FAX:03-6450-2137  
URL:https://www.minato-rekishi.com/
公共交通:東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金台」駅下車 2番出口徒歩1分
       都営バス「白金台駅前」停留所下車徒歩1分
道路案内:駐車場なし、公共交通機関をご利用
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休 館 日:毎月第3木曜日(第3木曜日が祝日等の場合は開館、前日の水曜休館)
      年末年始(12/29〜1/3)特別整理期間
入館料金(常設時):大人300円 小中高生100円
   区内在住・在学の小中高生、区内在住の65歳以上の方、区内在住の障害者と介護者1名無料
   港区民無料公開日:2/11、5/5、8/11、11/3
展示内容: 東京湾と深くかかわり続けている港区の考古、近世都市・江戸の城南に位置する港区の様子とそこにかかわる人びとの姿、港区の近現代の歴史を国際化、教育、交通・運輸、生業・産業、災害・戦争の5つのテーマで紹介。
観覧時間:
その他(販売・友の会など):建物は、昭和13(1938)年に竣工した旧公衆衛生院の姿を保存し、リニューアル。
 カフェ VEGETABLE LIFE produced by HAPPO-EN
 ミュージアムショップあり
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆企画展「平成と港区」2/16(土)〜5/26(日)
     2/21(木)、3/20(水)、4/18(木)、5/16(木)休館
     入館料金    大人  小中高生
       企画展のみ 200円 100円
       常設展のみ 300円 100円
       セット券    400円 100円
 平成を象徴する資料や生活用品、皇室と港区の関わり、区内の再開発や新しい交通などについて紹介し、平成という時代を振り返る。
  平成の幕開け
  皇室と港区
  平成期の社会
  平成期のモノ
  区内の再開発
  平成期の港区の交通
  新交通ゆりかもめ関係資料

☆同時開催「港区伝統工芸展 〜熟練した匠の美〜」2/16(土)〜3/19(火)
 港区内在住の伝統工芸士9名、琵琶、三味線、指物、額縁等計12点を展示、熟練した匠の技を見る。

☆同時開催「港区発掘調査速報展」3/30(土)〜5/26(日)
 近年、発掘調査が実施された、港区No.105 遺跡、神谷町町屋跡遺跡の調査成果から、江戸時代の旗本屋敷や町屋の生活の様子を紹介し、本村町貝塚での確認調査で出土した縄文時代の遺物を展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー