ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11553] 【兵庫】兵庫県立美術館/昭和・平成のヒーロー&ピーポー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 23:25:36

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27で行われている企画展を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「Oh!マツリ★ゴト 昭和・平成のヒーロー&ピーポー」〜3/17(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入場は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1300円 大学生900円 70歳以上650円 高校生以下無料
         障がいのある方(70歳以上を除く)は各当日料金の半額、介護の方1名は無料。
 20世紀のはじめから現代へと至る日本の美術に現れた社会的な関心について、特別な存在(ヒーロー、カリスマ、正義の味方)と無名の人々(公衆、民衆、群集)という対照的な人間のありかたに注目する展示。 本展で注目する特別な存在=「ヒーロー」は、無名の人々の集団=「ピーポー」が直面する困難やその願いを映し出す鏡としての役割を担う。本展では「ヒーロー」や「ピーポー」とは何かという問いに応えようとしてきた昭和と平成の作品を5つのテーマ「集団行為」「奇妙な姿」「特別な場所」「戦争」「日常生活」に沿って見る。4名の作家=会田誠、石川竜一、しりあがり寿、柳瀬安里による本展のための最新作も紹介。
「集団行為 陶酔と閉塞」
   『ガロ』1964 年 9 月号~1971 年 10 月号(青林堂)
「奇妙な姿 制服と仮面」
   今和次郎『黄金バット 電気機関車』(蟻友会)
「特別な場所 聖地と生地」
   『下丸子文化集団叢書II 高島青鐘詩集』
   『観て来た沖縄』nos. 1-7
    金城哲夫 (1938-1976)の本土渡航用パスポート
「戦争 悲劇と寓話」
  『第十一回国際オリムピック大会水上競技実況放送(女子二百米平泳決勝) 伯林オリムピック・プールより 川西三省』
    (ニュース・レコード 日本放送協会著作権所有 , ポリドールレコード)
  『大東亜戦史 第二部 大詔渙発 鵬の羽博くところ(ハワイ海戦)』
    (編輯 社団法人同盟通信社、製作 帝国蓄音機株式会社)
   千人針(虎柄)
  『ハワイ・マレー沖海戦』(東宝)リーフレット
「日常生活 私と私たち」
   グリコ・森永事件 怪人二十一面相からの手紙 インク(ワードプロセッサー)・紙
   大阪読売新聞原稿「償いは今日から始まる 二十一面相諸君へ」  など

映画上映会:2/22(金)23(土)24(日)3/8(金)9(土)10(日) 
 山本嘉次郎監督『ハワイ・マレー沖海戦』1942年
 瀬尾光世監督『桃太郎 海の神兵』1945年
 本多猪四郎監督『ゴジラ』1954年
 ミュージアムホールにて 観覧料:1,000円(展覧会観覧券により500円に割引)。定員250名

DVD上映会:『月光仮面』や『ウルトラセブン』などのテレビ放映された作品
 3/15(金)16(土)17(日)レクチャールームにて、入館券のみ、定員100名


学芸員による解説会:2/17(日)小林公氏(学芸員)午後2時〜約90分、レクチャールームにて、定員100名


ボランティアによるスライド解説:日曜日午前11時〜約15分、レクチャールームにて、定員100名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー