ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11550] 【兵庫】横尾忠則現代美術館/横尾忠則 大公開制作劇場 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:17:29

 王子公園の横尾忠則現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=14で開催されている展示を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「横尾忠則 大公開制作劇場〜本日、美術館で事件を起こす」〜5/6(月・振)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前10時〜午後6時(金・土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般700円 大学生550円 70歳以上350円 高校生以下 無料
         障がいのある方(70歳以上除く)は各観覧料金の半額。介護者1名無料
 1980年代アトリエのなかった横尾が、制作できる場所を求めてやむなくとった手段が公開制作だったが、アトリエが完成した後も様々な場所で公開制作の機会を持つ。2000年以後、公開制作において「Y字路」は一つのフォーマットとして展開し、各地の美術館で開催される個展にあわせて、その土地にちなんだ"ご当地Y字路"が次々と生み出され、横尾自身が仮装して制作するPCPPP(Public Costume Play Performance Painting)も行われる。横尾がこれまでに公開制作で描いてきた作品を、映像・写真などの資料とともに紹介。
 横尾は公開制作を演劇にたとえ、観客と横尾が舞台の上で起こす事件その共犯関係が成り立つ事件の現場を検証することで、横尾の制作に対する姿勢や創造のプロセス、その変遷を辿る。
《Lisa Lyon in Kobe, July 22, 1984 (No.3)》 1984年 
《青い沈黙》 1986年 
《赤い夢》 1989年 蔵
《猫のいるY字路》 2008年 
《物語の始まりと終わり》 2011年 
《N.P》 2012年 作家蔵

百花繚乱華舞台:3/3(日)午後2時〜
三代目澤村謙之介、天海翼(若座長)、天海翔、澤村一也 ほか 当館オープンスタジオにて、無料

キュレーターズ・トーク:3/16(土)、4/20(土)午後2時〜45分 オープンスタジオにて、入館料のみ

手話通訳付き キュレーターズ・トーク:2/11(月・祝)午前10時〜40分、入館料のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー