ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11548] 【兵庫】丹波市立植野記念美術館/川端謹次展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:14:28

 氷上の丹波市立植野記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=135では、地元の洋画作家の展示が開催されています。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆作品受贈記念 生誕110年「川端謹次展(後期展)」〜3/17(日) 
   月曜休館(祝日は開館)
   入館料金:一般600円 高大生300円 小中生150円 (ココロンカード利用可)

 現在の丹波市柏原町柏原に生まれた川端謹次は1909年(明治42年)東京美術学校で藤島武二に西洋画を学び、仙台陸軍幼年学校、兵庫県立長田高校、関西大学や神戸女子短期大学などで美術を教えながら制作を続け、光風会展や日展に出品し、1998年(平成10年)に89歳で亡くなった。「光と空気と水」をモチーフに、外光のもとで、特に空気感と水のきらめきを一貫して追求。
 ほとんどの作品が保管されていた自宅アトリエが、阪神淡路大震災で倒壊して、それを機に平成12年に神戸市へ172点、当館へは50点の作品が寄贈され、2017年(平成29年)には小品を中心に遺族の手許に残っていた油彩画153点、スケッチ類、画巻、版木類などが当館へ寄贈された。この度は比較的大型の作品を中心に後期展として紹介。
   映画館ABC 1952(昭和27)年
   六甲連山 1960(昭和35)年
   白樺残雪 1966(昭和41)年
   天橋立の雪 1966(昭和41)年
   須磨の浜小屋 1967(昭和42)年 
   アザミ 1977(昭和52)年
   五月の入船山 1981(昭和56)年 
   黄昏時 1987(昭和62)年 
   ひまわり 1990(平成2)年 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー