ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11547] 【香川】高松市美術館/やなぎみわ展 神話機械 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 22:35:30

 高松市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=37&c=4
で行われている現代美術の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展 高松市美術館開館30周年記念「やなぎみわ展 神話機械」〜3/24(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   午前9時30分〜午後7時(但し日曜は5時閉館:入室は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1000円 大学生500円 高校生以下無料
        身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
 1990年代から現在に至るまで、現代美術、演劇界でも活躍してきた美術家やなぎみわ(1967〜)の、最新作を含めた10年ぶりの個展。
 初期には《マイ・グランドマザーズ》など一連の写真作品で高い評価を受けたやなぎみわは、2010年には本格的に演劇プロジェクトを始め、大正期の日本を舞台に新興芸術運動の揺籃を描いた『1924』三部作が評判を呼び、また2014年台湾で製造したステージ・トレーラーをステージの母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇を企画。
 本展では、やなぎのこれまでの代表的なシリーズや舞台の仕事を紹介するほか、2016年から日本神話と桃をテーマに福島の果樹園で取り組んできた『古事記』を題材にした写真シリーズ《女神と男神が桃の木の下で別れる》を、日本で初めてまとめて紹介。また、本展に向け2017年には、やなぎと京都・高松・前橋・福島の大学等5校が連携協力する「モバイル・シアター・プロジェクト」を立ち上げ、美術と機械工学と舞台芸術がクロスオーバーする展示空間には、4機のマシンによる新たな神話世界を生み出す。
 《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》2016年
 《神話機械・スケッチ》2018年
 《次の階を探してI》1996年
 《My Grandmothers : MINEKO》 2002年
 《My Grandmothers : YUKA》 2000年
 《Untitled I》2004年

やなぎみわトークショー:3/9(土)午後2〜3時30分(1時30分開場)
  1階講堂にて、無料、予約不要 先着80名

やなぎみわワークショップ「機械と朗読」:3/10(日曜日)
午後1時30分〜4時  1階講堂にて、500円、中学生以上先着15名
電話にて申込み

エントランス・ミニコンサート「Five Women Musicians」
2/23(土)午後1時30分〜2時 1階エントランスホール 無料
西浦弘美(ヴァイオリン)、中村怜子(トランペット)、高橋愛美(ホルン)、眞砂美輪(トロンボーン)、大山まゆみ( ピアノ)
 
ギャラリートーク:学芸員 2/16(土)午後2時〜
  ボランティアcivi 会期中の毎日曜日・祝日 午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー