ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11545] 【大阪】府立弥生文化博物館/弥生時代の高地性集落とは 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 18:58:37

 和泉市信太山の大阪府立弥生文化博物館http://www.kanku-city.or.jp/yayoi/で開催中の、考古学の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆平成30年度冬季企画展「弥生時代の高地性集落とは−大阪における特徴と性質−」〜3/31(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般430円 65歳以上・高大生330円
         中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方と介助者1名無料
 コメ作りに便利な平地を離れ、高台に成立したムラゆえ軍事的な機能が推測され「倭国大乱」と結びつける意見が多い高地性集落。ただし、年代や出土遺物の分析や弥生時代の戦いの内容の検討から、高地性集落の用語や意味付けが再検討されている。
本展では、大阪府内の高地性集落にスポットをあて、検証する。
 (1)弥生時代の武器は実際に使われた? 成合遺跡出土 石鏃
 (2)山でタコを獲る? 観音寺山遺跡出土 マダコ壺・イイダコ壺
 (3)弥生戦士の魂? 美園遺跡・苽生堂遺跡出土 石剣
 (4)高地性集落は戦いに備えたムラ? 観音寺山遺跡出土 石鏃・石槍
 (5)高台のムラの生活は?    

学芸員による展示解説:2/23(土)3/9(土) 3/30(土)午前11時〜約1時間
考古学セミナー:午後2〜4時、ホールにて、定員170名、開館時より整理券配布、入館料のみ
第2回2/23(土)「和泉市の高地性集落と池上曽根遺跡」上田裕人氏(和泉市教育委員会文化財振興課主事)
第3回3/9(土)「弥生時代における戦いの本質と高地性集落」藤原哲氏(大阪市教育委員会文化財保護課学芸員)
第4回3/30(土)「高地性集落からみた弥生社会」若林邦彦氏(同志社大学歴史資料館教授)

平成30年度弥生フェスティバル 連続講演会「弥生の拠点集落とその周辺」
 午後2時30分〜4時、ホールにて、定員170名、開館時より整理券配布、入館料のみ
3/21(木・祝)「大和の弥生ムラ」藤田三郎氏(田原本町埋蔵文化財センター センター長)
3/22(金)「摂津の弥生ムラ」森田克行氏(高槻市立今城塚古代歴史館 特別館長)
3/26(火)「河内の弥生ムラ」三好孝一氏(大阪府文化財センター調査課長)
3/27(水)「和泉の弥生ムラ」黒崎 直氏(館長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー