ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11538] 【大阪】国立国際美術館/クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime[2/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 00:09:34

 中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37で開催される現代美術の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」2/9(土)〜5/6(月・振)
     月曜休館(祝日は開館)2/12(火)休館
     午前10時〜午後5時(金・土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般900円 大学生500円 高校生以下・18歳未満無料(要証明)
          心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
          夜間割引料金(金土の午後5〜8時)一般700円 大学生400円
          2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して入場無料
 現代のフランスを代表するアーティストクリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)は、写真やドキュメントとビスケット缶などの日用品を組み合わせて、自己あるいは他者の記憶に関連する作品を制作。1980年代に明かりを用いたインスタレーションを手掛け、「モニュメント」シリーズ(1985年-)で宗教的なテーマに取り組む。ユダヤ人の学生たちの顔写真を並べた作品では、ユダヤ人の大虐殺とその犠牲者のイメージを想起させると解釈され、大きな議論を呼ぶ。その後も様々な手法で、歴史や記憶、死や不在をテーマとした作品を発表。ボルタンスキーの初期作品から最新作までを紹介する、国内初めての大規模な回顧展。
 クリスチャン・ボルタンスキー《モニュメント》1986年 
               《ミステリオス》2017年 
               《保存室(カナダ)》1988年
               《心臓音のアーカイブ》2010年 
アーティスト・トーク:クリスチャン・ボルタンスキー(本展出品作家)
2/9(土)午後2時 〜/B1階 講堂 無料、逐次通訳付、先着130名、当日10時から整理券配布

ギャラリー・トーク:B3階 展示室 開始30分前から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出し(先着90名)
2/22(金)午後6時〜 3/16(土)午後2時〜 4/26(金)午後6時〜
 
講演会:4/6(土)午後2時〜/B1階 講堂 無料、先着130名、当日10時から整理券配布
  湯沢英彦氏(明治学院大学文学部フランス文学科教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー