ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11530] 【奈良】県立美術館/肉筆浮世絵 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 23:36:26

 奈良県庁隣の奈良県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=4では浮世絵の展示が開催されています。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「姿の美、衣装の美… 肉筆浮世絵」〜3/17(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般400円 高大生250円  小中生150円     
          65歳以上、
          身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保険福祉手帳をお持ちの方と介助者1名無料
 現世享受、現世皇帝の価値観を背景として江戸時代に誕生した浮世絵。先行する名所風俗図や遊楽図から、舞踊する姿だけを取り上げて屏風絵の主題にした「舞踊図」や舞姿・立ち姿などの美人画「寛文美人」が成立し、浮世絵の主題の一つとなった。また、同時代の歌舞伎役者、故事・伝説などの酔うような主題を手掛け、人生を享受する人々の姿が伝わる。肉筆画を取り上げた今回の浮世絵展で表現された美を楽しむ。
   井特「太夫道中図屏風」18-19世紀
   菱川師房「見返り美人図」17-18世紀
   懐月堂安度「立美人図」18世紀前期
   歌川国長「美人鮎釣図」19世紀前期
   「浮絵 かるた遊び」18世紀前期
   葛飾北斎「瑞亀図」18世紀後期
   二代鳥居清信「矢の根五郎」絵馬 宝暦4(1754)年 など

美術講座2:2/17(日)午後2時〜、レクチャールームにて
「展示作品に見る上方の美人画 舞踊図から奈良の絵師菊谷葛陂まで」稲畑ルミ子氏(学芸係長)

学芸員によるギャラリートーク:2/9(土)2/23(土)3/9(土)午後2時〜約1時間
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明 


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー