ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11523] 【兵庫】神戸ゆかりの美術館/小松益喜の中国・ロシア風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:41:28

 ファッション美術館に併設の、神戸ゆかりの美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=5では神戸と、外国風景の素描を中心にした展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション展2」
 特集「小松益喜の中国・ロシア風景」 前期:〜2/11(月・祝)
                     後期:2/14(木)〜4/7(日)
     月曜(祝日は開館)と祝日の翌日、2/13(水)休館
     入館料金:一般200円 大学生・65歳以上100円 高校生以下無料
 阪神・淡路大震災(1995)で被災した小松益喜(1904〜2002)のアトリエから救出された作品群が神戸市へ寄贈され、2016年、その中から神戸市の姉妹都市であるラトヴィア・リガ市のスケッチを特集展示した。今回は1936年に訪れた大連、1938年3月に小磯良平・中村鉄と訪ねた台湾、そして。1969年11〜12月に、まだ旅行に制限のあった旧ソ連・モスクワ、レニングラードを訪れて描いた風景。
 神戸に住んだことのある神原浩の中米風景、関口俊吾・菅原洸人のフランス風景など、神戸の街並みや海の記憶を反映する作品など。1年ぶりに、復元されたアカデミー・バー壁画も公開。
 小松益喜《大連の教会》1936
       《大連風景》1936 《美濃町裏通り》1936(前期展示)
       《大連の小さな家々》1936 《冬枯れの風景》1936(後期展示)
       《台湾行船中にて》1938 《椰子の葉のある風景》1938(前期展示)
       《台北にて》1938 《噴水のある学校》1938(後期展示)
       《レニングラード風景》1969 《キエフ新プーシキン通り》1969(前期展示)
       《カテリーナ宮殿》1969 《モスクの見える風景 土管の橋》1969(後期展示)
       《リガの古き街並》1975 《三兄弟の門》1975(前期展示)
       《リガの倉庫街》1975 《イマンタの教会》1975(後期展示)       
 神原浩 《暗雲 クリストバル沖合》1954
 関口俊吾《パリ、エスカルゴ》1983
 菅原洸人《朝のディエップ港》1980年代
 西村功 《ポートアイランドと神戸》1990年
 金山平三《港》1956〜64年頃
 伊藤慶之助《僧院ケサリアニ》1968年頃  など

ギャラリーツアー:2/16(土)3/2(土)3/16(土)午後1時30分〜約30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

 2/2(土)に訪れた隣の館、というか併設館。実はこちらが主目的でした。ゆったりと外国を描いた風景画を眺める。時間的に、学芸員さんのギャラリーツアーにも参加することが出来ました。
 神戸に長く住んだ小松益喜が、戦前の大連や、戦後のラトヴィア・リガを描いたのは、神戸に似た洋館に惹かれたから、と言うことには納得。私も大好きな風情です。さらにその雰囲気を按司合わせてくれたのは、菅原洸人《朝のディエップ港》(フランス、ノルマンディー)。倉庫街で曲がりくねった港の湾口にもやった海が見える風景…もう、ここは風景の現場のようにたたずみました。

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー