ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11521] 【兵庫】神戸ファッション美術館/切り絵アート展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:39:46

 ポートライナー・アイランドセンターの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1では、切り絵アート展を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「息を呑む繊細美 切り絵アート展」〜3/24(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金: 一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
 紙をはさみやナイフで切って人物や風景などを表現する「切り絵」だが、平面的、モノトーンのイメージから解き放たれ、現代作家たちの自由な発想で個性的な作品を紹介。
  倪瑞良(にいみずよし) 「薔薇色の季節」(1999年) 
  林敬三 「七人の侍」(2009年) 
  柳沢京子 「抒情する蛍」(1992年) 
  辰己雅章 「赤ずきん」(2009年) 
  関口コオ 「ひまわり」(1982年) 
  福井利佐 「carpIV 2016」(2016年) 
  百鬼丸 「武田信玄」(2014年) 
  井出文蔵 「一寸法師」(2004年) 
  筑紫ゆうな 「無題」(2012年) 
  蒼山日菜 「Voltaire(ヴォルテール)」(2009年)  
  酒井敦美 「春の羽根」(2016年)など

ワークショップ 「親子で、神戸ポートタワーを切り絵で作ろう」3/2(土)午後2〜4時30分
 4F第1セミナー室 切り絵作家 民井達也氏
 定員:親子20組(子どもは8歳以上、事前申し込み、先着順)
 参加費1人1000円(材料費、保険料含む) ※要入館券
 申込方法:親子の(1)名前(2)年齢(3)住所(4)連絡先を明記し、
 メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か電話(078-858-0050)で申し込み
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

 2/2(土)に訪れています。仕事が一段落し、久しぶりに1日休める休日になりましたので、ほっと一息ミュージアム鑑賞。
 広い意味ではトレンドかも知れませんが、服飾文化のファッションではない企画展は珍しい。
 会場に入った途端の 百鬼丸「中国怪奇物語」で、展覧会サブタイトルの「息をのむ繊細美」の意味が分かりました。人の表情や細かい動きも、細い線を切り残すことで表現してしまう技。「切り絵」というと藤城清治のメルヘン、素朴、という感じの美しさだけを考えていましたから。
 次に表れた倪瑞良の女性美の作品群は、ミュシャか、ギュスターブ・モローの作品を彷彿とさせて、細密で美しい!
 蒼山日菜の 「Voltaire(ヴォルテール)」などという作品は、アルファベット筆記体を数十行も一連に切り抜いた驚異的なもの。
 林敬三の“彫紙”と称する、色紙を重ねて切り込み、色・模様を利用する手法も、うならせるものでした。
 今回、私は目新しく見ましたが、常設展示館は静岡県にあるとのことで、ここでは未紹介ですので、データをあげておきます。

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー