ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11501] 【兵庫】伊丹市立美術館/カリカチュールがやってきた! 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/29(Tue) 00:55:58

 みやのまえ文化の郷の伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=83では、フランスの諷刺画の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆collection2「カリカチュールがやってきた!19世紀最高峰の諷刺雑誌」〜2/24(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般500円 高大生250円 小中生100円
 1830年にパリで画期的な絵入諷刺雑誌「カリカチュール」が創刊され、言論弾圧を発端に起こった七月革命の空気のなか諷刺画家であったフィリポン(1800-62)が主宰となり、自由と平等の精神のもと、七月王政に対し痛烈な批判を繰り広げる。
「カリカチュール」誌は、ヴィジュアルを重視した出版物の先駆けでもあり、新しい版画技法であるリトグラフをいち早く取り入れるとともに、若手画家を積極的に起用し、質の高い諷刺画を毎号掲載。強力な訴求力を発揮する同誌で、とりわけ時の王ルイ・フィリップの下膨れの顔を洋梨に見立てた姿は、王のアイコンとして圧倒的人気を博した。
 本展では筆頭画家として活躍したグランヴィル(1803-47)はじめ、後半に痛烈な表現で同誌を牽引したドーミエ(1808-79)など創意に富んだ「カリカチュール」誌の主要な諷刺画を紹介し、夢想的な挿絵画家へと転身し、後のシュルレアリスムに大きな影響を与えたグランヴィルの後半生にも注目。
  J.J.グランヴィル《動物界・博物学の部屋 3》カリカチュール第133号(1833年5月23日)
           『生命を与えられた花々』扉絵 1847年刊
  作家不詳《豪勢な鼻のオベリスク》カリカチュール第149号(1833年9月12日)
  シャルル・フィリポン《民衆の紋章、中道の紋章》カリカチュール第30号(1831年5月26日)
  オノレ・ドーミエ《1831年の仮面の数々》カリカチュール第71号(1832年3月8日)など

ギャラリー・トーク:1/26(土)午後2時〜 (約30分)

不思議な”キッチン・リトグラフ”
 衣川泰典氏(美術家)
 2/9(土)午後2〜3時、美術館1F講座室
 小学生以上対象(小学3年生以下は保護者同伴)定員20名
 参加費1000 円(観覧料込)電話または館サイトの申込フォームより申込み
 締切2/3(日)* 応募者多数の場合は抽選
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー