ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11500] 【京都】国立近代美術館/世紀末ウィーンのグラフィック 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/29(Tue) 00:55:13

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=20で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて」〜2/24(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     午前9時30分〜午後5時(金、土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1000円 大学生500円
       夜間料金:夜間開館時の5時以降、一般800円 大学生400円)
       高校生・18歳未満は無料、心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)
2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して無料
 2015年にアパレル会社の創業者、平明暘氏が蒐集した世紀末ウィーンのグラフィック作品コレクションを収蔵した。1897年の分離派結成から1914年の第一次世界大戦勃発までのウィーンでは、グスタフ・クリムトやヨーゼフ・ホフマンらを中心に、新しい時代にふさわしい芸術そしてデザインのあり方が模索され、数多くの素晴らしい成果が生まれた。印刷技術の発達や雑誌メディアの隆盛を背景に、新しい芸術の動向を人々に伝え、社会に浸透させる重要な役割を担ったグラフィック作品。
 本展では、コレクションの全貌を紹介し、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式をも加え、世紀末ウィーンの息吹と魅力を伝える。
  ヘルマン・バール(著)/ヨーゼフ・マリア・オルプリヒ(表紙デザイン・挿画) 『分離派』1900年
  キャバレー〈フレーダーマウス〉 上演本第1号、表紙・装丁:カール・オットー・チェシュカ、1907年など

ギャラリーツアー:1/25(金)、2/8日(金)、2/15(金)午後5時より1時間程度
 本橋仁氏(特定研究員)先着20名 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー