ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11499] 【大阪】逸翁美術館/西洋ちょこっとアンティーク 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/29(Tue) 00:54:24

 池田市の逸翁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=86で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2019展示I「西洋ちょこっとアンティーク―1935年、小林一三の欧米旅行記から」〜3/31(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)2/25(月)〜3/1(金)は展示替えのため休館
   入館料金:一般 700円 高大生・65歳以上 500円 中学生以下無料

 1910年代、箕面有馬電気軌道(阪急宝塚線)を開業し、宝塚少女歌劇(宝塚歌劇)の公演を始め、宝塚ホテル・阪急百貨店を開き、洋風の生活スタイルを関西にも広めた小林一三。そんな「昭和モダン」の真っ只中、1935年一三は初めて欧米へと外遊し、各国の美術館・博物館を訪れ、また各地で陶磁やガラスの器、扇や手箱などの装飾品に至るまで、多岐にわたる美術工芸品を買い入れた。アール・デコなど同時代のモダンな製品よりも、むしろ歴史や伝統を感じさせるアンティークといえる品物に関心を抱く。本展では、日々の旅行記とともに、外遊記念として持ち帰った品々を展示し、当時、小林一三が抱いていた西洋文化に対する想いをたどる。
  田園風景図 キャンバス、油彩 フランドル、18世紀
  藍絵文字文(IHS)花入 デルフト(オランダ)、19世紀
  色絵人物花果貼付飾壺 ポットシャペル(ドイツ)、19世紀
  色絵金彩人物文内金泥ティーカップ 6客 ロシア
  銀製花車形砂糖入 イギリス、19世紀
  ガラスモール飾煙草箱 フランス など

研究発表と座談会:3/3(日)(10時30分開場)午前11時〜午後5時、マグノリアホールにて、定員120名
「1930年代における日本と西洋との美術交流」
 展観説明「小林一三、1935年〜1936年の欧米旅行について」仙海義之氏(館長)
 基調講演「世界大戦のはざまで、1920〜30年代の美術動向と日本」
     岡 泰正氏(神戸市立小磯記念美術館・神戸ゆかりの美術館 館長)
 研究発表「1920〜30年代に渡仏した日本人画家たちの動向 ―荻須高徳を中心に―」
     河合志穂氏(稲沢市荻須記念美術館 学芸員)
 研究発表「美術と産業の境界線 ―近代日本陶磁器における欧州の役割―」前崎伸也氏(京都女子大学 准教授)
     座談会(講演者等による意見の交換)

ギャラリートーク:2/9(土)・3/23(土)午後2時より 担当学芸員による展示解説
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー