ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11490] 【山口】中原中也記念館/散歩生活/文士の肖像 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/06(Sun) 09:56:21

 山口市湯田温泉の中原中也記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=15で行われている展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第15回テーマ展示「中原中也の散歩生活」〜2/17(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)毎月最終火曜日休館
     入館料金:一般320円 大学・高等専門学校生210円 70歳以上、18歳以下無料
 昼に起床し、深夜まで街中を歩き続け、帰宅したのち本を読んだり詩を書いたりする生活を送っていた中原中也は、部屋にこもらず、街をあてもなく歩きまわり、歩きながら世界を肌で感じ、そこから作品を生み出し、生き生きとした躍動感ある歩くことをテーマにした魅力的な作品へと結実した。背景には、中也が好んだフランスの詩人・ランボーの作品の影響があり、中也が歩いた当時の街並みなども紹介しながら「歩く」という行為と詩作の関係に迫る。

☆林忠彦生誕100年 企画展II「文士の肖像−林忠彦写真展」〜4/14(日)
 山口県周南市出身の写真家・林忠彦の生誕100年を記念し、周南市美術博物館協力の林忠彦の写真展を開催。
 林は同じ山口県出身ながら中也との出会いは無かったが、小林秀雄、太宰治、坂口安吾ら中也と交友のあった文学者の肖像写真を撮影している。中也と同時代の文学者の業績を紹介しながら、林の写真の魅力にせまる。
【第2期】〜2/17(日) 河上徹太郎、川端康成、小林秀雄、今日出海、坂口安吾、佐藤春夫、高見順、檀一雄
【第3期】2/20〜4/14(日)宇野千代、大岡昇平、織田作之助、川端康成、坂口安吾、佐藤春夫、太宰治、永井龍
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

 年末の12/23に、山口市の湯田温泉を訪れ、中原中也記念館に行っています。湯田温泉自体はじめてなので、ここは初訪問です。
 地域出身の文学者の記念館って、知っている名前だから入ってみるのですが、その人の作品を読んだこともない…ってことが私はしばしばです。その点、詩人は良いですね。展示のその場で鑑賞しても良いのですから。実は、私にとっても中原中也はそんなに親しい詩人ではなかったのですが、詩のリズム感とか空間感というか、そういうものに浸ることができました。ほぼ展示空間を占めた「散歩生活」というテーマも良かったと思います。中也の作品の多くを生み出されているのは、短い生涯の中、ほとんど東京での生活中だと思うのですが、そこでも思索、瞑想ができているところにロマンを感じます。
 ただ、収入はどうなっていたんだろう?などと考えてしまい、どうしても放埒に見える文学者の生活には共感できないのですが。戦前のうちに中也と二人の息子は亡くなっており、遺されて平成まで生きられた彼の奥様のことも気になってしまいました。
 こんなことを考えた後に、館の向かいにある足湯施設&カフェ「狐の足あと」でゆったりしてしまいました。

                            明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー