ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11485] 【京都】府立堂本印象美術館/ 漆軒と印象 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:06:40

 金閣寺近くの京都府立堂本印象美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=1では、日本画と漆工芸の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「漆軒と印象 明治生まれの堂本兄弟・うるしと日本画の競演」〜3/17(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:一般500円 高大生400円 小中生200円
           65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料

 日本画家の堂本印象(1891−1975)の兄で大正末期〜昭和時代にかけて活躍した漆芸家で洗練された美を追求した堂本漆軒(どうもとしっけん 1889−1964)と、新しい日本画を創造し画壇を牽引してきた印象のそれぞれの芸術活動を展観し、印象が図案を手がけた共作の漆器も紹介し、兄弟による美の世界を見つめ直す。漆軒の代表作・豪華客船あるぜんちな丸(1939年竣工)の一等食堂のために制作した蒔絵の飾扉も展示。
   堂本漆軒 《蒔絵飾扉(あるぜんちな丸一等食堂)》 1939年
         《鉄線蒔絵飾棚》1961年
         《花器鳥瓜図》1935年
   堂本印象《漆軒句色紙》1964年頃
         《葡萄果》1922年     など

作品を語る: 1/13(日)旧堂本印象邸(美術館東隣)にて、午後2時〜、
   鵜飼雅樹氏 、要入館券または65歳以上の公的証明要 定員40名(当日午後1時からロビーにて整理券配布)

ギャラリートーク:1/26(土)2/9(土)午後2時〜、 2階展示室にて
講演会:旧堂本印象邸(美術館東隣)にて、午後2時〜約1時間
1/27(日)「京都の近代漆芸―堂本漆軒とその時代」比嘉明子氏(地方独立行政法人京都市産業技術研究所 研究副主幹)
    要入館券または65歳以上の公的証明要 定員40名(当日午後1時からロビーにて整理券配布)
2/21(木) 「継ぐ、ものがたり」河井菜摘氏(漆作家、修復家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー