ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11481] 【京都】アサヒビール大山崎山荘美術館/櫛・かんざしとおしゃれ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/04(Fri) 22:37:14

 アサヒビール大山崎山荘美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=147
で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆澤乃井櫛かんざし美術館所蔵「櫛・かんざしとおしゃれ展−粋に華やかに、麗しく−」〜2/24(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般900円 高大生500円 中学生以下無料 障害者手帳をお持ちの方300円

 身分や職業によって服装や装飾品を規制されながら江戸時代の女性たちは髪飾りに個性を求め、工夫をこらした櫛やかんざしでおしゃれを楽しんだ。東京都青梅市の澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園の舞妓から後に東京で料亭の女将となった岡崎智予(1924−1999)が収集した作品が所蔵されている。工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものをはじめ、尾形光琳(1658−1716)、酒井抱一(1761−1829)、原羊遊斎(1769−1845)ら美術家による逸品も含まれ、日本の工芸の粋を凝縮した櫛、かんざしとともに、当時の風俗を伝える浮世絵をあわせた約300点を紹介。
  法橋光琳(印) 《鷺文様蒔絵櫛》 江戸時代 
  羊遊斎 《渦巻文様蒔絵櫛》 江戸時代
  《桜花文様象牙櫛・簪・笄》 江戸時代
  《扇梅鳥籠飾り金銀珊瑚びらびら簪》 江戸時代
  一鶯斎国周 《当勢三十二想 酔が覚相》1869年 など

講演会:1/19(土)展示室にて、午後2〜3時30分、50名、要申込(先着順)入館料のみ
「黒髪の美しさと櫛・かんざしの世界」村田孝子氏(ポーラ文化研究所シニア研究員)

参加方法:返信可能なFAXまたは往復はがきで(1回につき2名まで、中学生以上)
(1)参加者全員分の氏名 以下、代表者のみ(2)住所(3)電話番号(4)FAX番号
記入し「イベント係」まで FAX:075-957-3126
往復はがきの場合は、1/12(土)必着(定員に達した場合、館サイトで告知)

ギャラリートーク:事前申込不要:第2、第4土曜日午後2時〜30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー