ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11477] 【島根】県立石見美術館/追悼水木しげる ゲゲゲの人生展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 21:15:23

 益田市の島根県立石見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=33では、1/2より開館し、妖怪マンガで知られた水木しげるの展覧会を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「追悼水木しげる ゲゲゲの人生展」〜1/28(月)
    火曜休館
    午前10時〜午後6時30分(展示室への入場は6時まで)
    入館料金   企画展
   企画展・コレクション展セット
         一般 1000円   1150円
        大学生 600円    700円
       小中高生 300円    300円
       障害者手帳、被爆者健康手帳保持者および介助者は無料
 「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」など、数多くの漫画を生み出し、2015年、93歳で他界した水木しげるは、作品を通じて妖怪文化を広めた妖怪研究家としても高く評価された。本展では、少年期の習作、戦地で描いたスケッチ、貸本時代からの貴重な漫画や妖怪画の原稿など作品の数々に加え、エッセイ原稿や妖怪・精霊像コレクション、私物など、人間・水木しげるの遺したもの合計約390点を展示。
第1章(少年時代) 境港の天才少年画家
「思い」 1936年
第2章(従軍時代) 地獄と天国を見た水木二等兵
「ズンゲンで爆風を受ける」 1988年
第3章(貧乏時代) 貧乏神との闘い
「墓場鬼太郎 怪奇一番勝負」 1962年
第4章(多忙時代) 福の神来たる!!
「ゲゲゲの鬼太郎」(妖怪飛行船巨鯨号) 1968年
「悪魔くん」単行本カバーイラスト 1985年
「河童の三平」連載第3回扉絵 1969年
第5章(妖怪研究家) 妖怪に取り憑かれて
「砂かけ婆」 1984年
エピローグ 水木しげるは永遠に
「理想の死に方」と題したエッセイの生原稿
 50年以上にわたり水木を支え続けた「ゲゲゲの女房」こと布枝夫人へのインタビュー映像など
石見限定特別展示
 水木しげるが好んでいた石見神楽(石見地域の伝統芸能)の表情豊かな面
   《鍾馗の鬼面》(益田市・石見神楽須子社中蔵)
 石見に残る妖怪絵巻[展示期間]〜2019年2/3(日)
   英一蝶《百鬼夜行絵巻》(江戸時代、大田市・物部神社蔵)
ギャラリートーク:担当学芸員:1/3(木)1/12(土)1/26(土)午後2時〜

「福茶」の提供:1/2(水)午前11時〜 先着100名

グラントワ冬マルシェ:1/13(日)午前11時〜午後3時、中庭広場にて、少雨開催
水木しげるの出身地、鳥取県境港市の名物料理かに汁などを販売
地元、石見の飲食店も参加
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー