ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11475] 【石川】金沢21世紀美術館/チウ・ジージエ書くことに生きる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 17:18:42

 金沢21世紀美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=22
は1/2から開館していますので、展示を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
☆東アジア文化都市2018金沢 コア事業連携企画「邱志杰(チウ・ジージエ)書くことに生きる」〜3/3(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     午前10時〜午後6時(1/2,3は5時まで、金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1000円 大学生・65歳以上の方800円 小中高生400円

 幼少から学んだ「書」を表現の中心に置き、書くことを通じて、普遍的で根源的な人間の存在について問い直してきたチウ・ジージエ。生誕の地である海上貿易が盛んだった生誕地・福建省の文化にも大きな影響を受けた写真・書・絵画・インスタレーション・パフォーマンスが融合するダイナミックな視点の作品群により、チウ・ジージエの創造とその魅力に迫る。

☆コレクション展「アジアの風景 / 粟津潔、マクリヒロゲル5」〜5/6(月・振)
   入館料金:一般360円 大学生、65歳以上の方280円 高校生以下無料

 土地の歴史や文化と密接に結び付きながら、伝統と急速なグローバル化の間での模索や試行が続く、アジアからの様々な表現は、人間はどこに向かって行くのか」という普遍的な問いを投げ掛ける。
 宇治野宗輝《プライウッド新地》のサウンド・スカルプチャーは、レトロな雰囲気を色濃く残した日常品の「都市」が出現。
 照屋勇賢の《遥か遠くからの未来より》では、沖縄出身の照屋が伝統的な琉球着に、ジュゴンや軍事用ドローン、沖縄の110人以上の人々のモチーフを染めあげた作品を提示。
 ジュン・グエン=ハツシバは、政治や社会の大きなうねりの中で犠牲となった、名もない人々の姿を美しい映像で表現。2001年か 
 
 粟津潔の調査展示を行う「マクリヒロゲル」シリーズの最終回として、粟津潔の本の挿絵、特に子どもに向けたイラストレーションの世界を紹介。初期作品の平野威馬雄著『レミは生きている』(1958 年)の挿画は、「あいのこ」としての生き方に苦しむ主人公の表情が幾多にも表現され、吉増剛造著『さわる』(1983 年)は、印刷とは異なる原画の白地に描かれた美しい水彩画の色彩に驚く。粟津潔の子どもたちへの柔らかなまなざし、また「印刷」のスタイルも感じる。

ギャラリートーク:1/12(土)午後2時〜(1時間程度)レクチャーホール前
担当キュレーター:立松由美子氏、立花由美子氏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー