ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11474] 【広島】ふくやま文学館/井伏鱒二の瀬戸内海 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 17:17:53

 ふくやま文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=51では、1/2から開館し、井伏鱒二の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「井伏鱒二の瀬戸内海」〜3/3(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般500円 高校生以下は無料
【内容】
 井伏鱒二は加茂尋常小学校1年7歳の時、祖父民左衛門に兄、姉とともに鞆の浦の仙酔島に連れられ、ここでの釣り体験が後の釣師井伏を形成し、瀬戸内海は、釣りの主要な舞台となりく、青年期の傷心をいやした場所(早稲田大学休学時に逗留した因島)でもある。名作「さざなみ軍記」、晩年の「鞆ノ津茶会記」の舞台ともなった瀬戸内海を時系列でたどり、鱒二にとっての瀬戸内海を紹介、展示。

ギャラリー・コンサート:たちまち(フルート:占部久美子氏 ピアノ:石井美保氏)
2/23(土)午後2時開演、無料、定員80名、要電話申し込み(Tel:084-932-7010)

講演会:3/2(土)午後1時30分〜、無料、定員80名
「井伏文学の風景としての瀬戸内海」岩崎文人氏(館長)要電話申し込み(Tel:084-932-7010)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー