ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11467] 【広島】ひろしま美術館/ドービニー展[1/3(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 23:38:49

 県庁近くのひろしま美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=0では、1/3(木)から、フランスの風景画の展示が始まります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「シャルル=フランソワ・ドービニー展  ゴッホが愛した風景画家」2019年1/3(木)〜3/24(日) 
    会期中無休
    午前9時〜午後5時(金曜日は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1300円 高大生1000円 小中生600円(
         障がい者手帳持参者本人と同伴者1人が無料
         65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます(1300円→1100円要年齢証明)
         広島県立美術館×広島市現代美術館×ひろしま美術館 相互割引あり
 バルビゾン派の風景画家シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-78)は、ゴッホが敬愛し「ドービニーの庭」に描かれた邸宅と庭の主であり、バルビゾン村以外にもノルマンディー地方やオワーズ川の周辺を数多く描き、ゴッホ最期の地オーヴェール=シュル=オワーズを拠点に活動した。アトリエ船で旅をしながら描いたという穏やかな川辺の風景画で知られ、印象派の先駆者と言われる。本格的な個展で、国内外の所蔵のドービニー作品を中心に紹介。
 シャルル=フランソワ・ドービニー
   《ヴォー島、オワーズ川の分流地点》 1870年頃
   《オワーズ河畔》1865年頃
   《ケリティ村の入り口》1871年
   《ブドウの収穫》1863年頃
   《ボッタン号》1869年頃
   《森の中の小川》1866年
   《ヴァルモンドワの森の中(ル・ソスロン)》1877年
   《網を引っ張る見習水夫(版画集「船の旅」より)》1862年
   《アトリエ船 (版画集「船の旅」より)》1862年
   《魚釣りをする見習水夫(版画集「船の旅」より)》1862年 など
ミュージアム・トーク:1/12(土)2/9(土)3/9(土)午前11時〜正午
 本館ホールにて、学芸員による、定員100名(先着順)事前申込み不要日 時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー