[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.11465] 【歴史】2019年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 19:47:13

 年始から見られる、歴史の展覧会を紹介します。この発言を2019年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【岩手】
高野長英記念館,☆平成30年度 ミニ企画展「長英の思想に迫る〜江戸開塾時の著書〜」〜2019年3/31(日)

【宮城】
仙台市博物館,☆旬の常設展2018~2019冬「仙台藩五代藩主・伊達吉村」ほか〜2019年3/10(日)

【埼玉】
蕨市立歴史民俗資料館,☆「〜特別公開〜薬師堂」〜4/29(月・祝)

【東京】
千秋文庫博物館,☆館蔵「古地図展」〜2019年1/26(土) 
三井記念美術館
 ☆大用国師二百年・釈宗演老師百年大遠諱記念特別展
   「鎌倉禅林の美 円覚寺の至宝」2019年4/20(土)〜6/23(日)
 ☆特別展「日本の素朴絵−ゆるい、かわいい、たのしい美術−」2019年7/6(土)〜9/1(日)
 ☆「国宝 雪松図と明治天皇への献茶」2019年12/14(土)〜2020年1/30(木)
泉屋博古館 分館
 ☆住友財団修復助成30年記念 「文化財よ、永遠に」2019年9/10(火) 〜10/27(日)
 ☆「金文−中国古代の文字−」2019年11/9(土)〜12/20(金)
港区立港郷土資料館
 ☆港区文化財保護条例施行40周年記念・港区立郷土歴史館開館記念特別展
    「港区指定文化財展−悠久の旅人−」〜2019年1/27(日)
高麗博物館
 ☆企画展 ユネスコ世界記憶遺産登録記念
    「画員たちは,どんな絵を残したか  朝鮮通信使随行画員展」〜2019年2/3(日)
東京国立博物館
 ☆特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」平成館 2019年3/26(火)〜6/2(日)
相撲博物館,☆「江戸時代後期の大相撲〜阿武松から陣幕まで〜」2019年1/4(金)〜2/15(金).
東京都江戸東京博物館
 ☆企画展「春を寿(ことほ)ぐ ―徳川将軍家のみやび―」2019年1/2(水)〜3/3(日)
 ☆特別展「江戸の街道をゆく〜将軍と姫君の旅路〜」2019年4/27(土)〜6/16(日)

【神奈川】
根岸競馬記念公苑 馬の博物館,☆写真展「馬頭観音像 〜道端の守り神の魅力〜」〜2019年2/11(月・祝)
横浜市歴史博物館
 ☆企画展「平成30年度横浜市指定・登録文化財展
      /神奈川の記憶展 歴史を見つめる新聞記者の視点」 〜2019年1/14(月・祝)
 ☆企画展「横浜の野を駆けるー古代東国の馬と牧ー」2019年1/30 (水) 〜3/21 (木・祝)

【京都】
大谷大学博物館,☆2018年度冬季企画展「アジアの仏教典籍−仏教はいかに広まったか−」2019年1/8(火)〜2/9(土)
泉屋博古館,☆住友財団修復助成30年記念「文化財よ、永遠に」2019年9/6(金) 〜10/14(月・祝)
古典の日記念 京都市平安京創生館
 ☆企画展「旅の装い 〜平安貴族の外出〜」〜2019年6/3(月)
 ☆企画展「京の塔をめぐる」〜2019年6/3(月)
宇治市歴史資料館,☆企画展「名所図会の世界」2019年2/23(土)〜4/21(日)
平等院ミュージアム鳳翔館 ,☆「秘密の花園−麗しくかぐわしい鳳凰堂の宝相華−」〜2019年1/11(金)

【大阪】
大阪市立美術館,☆コレクション展「都市を描く−洛中洛外図と名所図会−」2019年2/16(土)〜3/24(日)

【山口】
下関市立歴史博物館,☆企画展「海峡往来 すべての「道」は海峡に通ず」〜2/17(日)

【愛媛】
今治市村上水軍博物館,☆特集展示「続 村上海賊と瀬戸内海の城 〜本太城、その位置と合戦〜」〜2/17(日)
宇和島市立伊達博物館
 ☆平成30年度 特集展2 「お姫さまのくらし ―江戸から明治、宇和島伊達家の場合―」〜2019年4/14(日)

【佐賀】
佐賀大学美術館,☆「佐賀藩10代藩主 鍋島直正展」2019年1/4(金)〜2/9(土)

【熊本】
天草コレジヨ館,☆「長崎五島の潜伏キリシタン遺跡写真展」〜2019年2/3(日)

【宮崎】
都城島津邸・都城島津伝承館,☆収蔵史料展「都城島津家の歴史〜北郷入部から明治10年までの歩み〜」〜2019年3/31(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11486] 【山口】下関市立歴史博物館/海峡往来 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:07:39

 下関市立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=4で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「海峡往来―すべての「道」は海峡に通ず」〜2/17(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:一般100円 大学生等50円
 江戸時代、国内の主要な街道と航路が交わり、本州と九州の街道を結ぶ要衝として国内交通・流通の一大拠点となった下関海峡(関門海峡)。「西国一の大港」となった下関の様子を地図や絵図などを通して紹介。
   江戸参勤海陸道中図会
   東豊浦郡赤間村椋野前田伊崎竹崎豊前前田六ヶ村絵図
   買仕切(小林家文書)
   イギリス製日本図 など

企画展ミニ講座:2/3(土)ガイダンス交流室にて、午前10時30分〜11時30分、予約不要、無料
「参勤交代と下関について」松田和也氏(学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11491] 【京都】龍谷大学 龍谷ミュージアム/仏教美術のいきものがたり[1/9(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/06(Sun) 22:37:48

 西本願寺前の龍谷大学 龍谷ミュージアム
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=79で1/9(水)から開催される仏教美術の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆シリーズ展3仏教の思想と文化−インドから日本へ−
 特集展示「仏教美術のいきものがたり」2019年1/9(水)〜2/11(月・祝)2/16(土)〜3/14(日)
       月曜休館(1/14と2/11は開館)1/17(木)休館
       入館料金:一般500円 65歳以上・大学生400円 高校生300円
            中学生以下、障がい者手帳等の交付を受けている方と介護者1名は無料
 今回の特集展示では、“仏教説話に登場する鳥獣”や“ほとけや神が従える鳥獣”、そして“仏教建築に表される鳥獣”を取り上げ、ほとけや神々に寄り添ういきものたちに注目する。また、特別陳列として日本画家・野生司香雪(のうす こうせつ/1885〜1973)による連作絵画「釈尊絵伝」を展示します。画伯は1917年アジャンター石窟壁画の模写事業に参画、後の1936年にはインド初転法輪寺に釈尊一代記の大壁画を完成させた。
   春日鹿曼荼羅 室町時代(1/9〜2/11展示)
   孔雀明王像 室町時代(2/16〜3/24展示)
   普賢菩薩騎象像 室町時代(2/16〜3/24展示)など

スペシャルトーク:講義室にて、学芸員による、半券可、事前申込不要
 1/26(土)3/9(土)午後1時30分〜2時15分
ギャラリートーク:展示室にて、学芸員による、事前申込不要
 1/19(土)2/23(土)午後1時30分〜2時15分

ワークショップ「いきもの」のポストカードを作ろう:要事前申込、無料
 1/27(日)2/17(日)3/3(日)【午前の部】10時30分〜11時 【午後の部】2時〜30分
 未就学児〜小学校低学年対象、要保護者付添い、8組
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11498] 【福岡】九州国立博物館/京都・醍醐寺 ―真言密教の宇宙―[1/29(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/28(Mon) 23:41:24

 大宰府の九州国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=68では、1/29(火)から京都・醍醐寺の展示が始まります。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「京都・醍醐寺 ―真言密教の宇宙―」1/29(火)〜3/24(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日
   午前9時30分〜午後5時(金・土は8時、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1600円 高大生1000円 小中生 600円
         夜間割引料金:一般1400円 高大生 800円 小中生 400円(金土の5時から)
 天智天皇の流れを汲む聖宝(832〜909)が、東大寺で諸宗を学び、醍醐味の水が湧き出るという笠取山を見出し、草庵を結び、准胝・如意輪の両観音菩薩像を安置したのが醍醐寺の始まり。醍醐天皇をはじめ歴代天皇の帰依を受け、加持祈祷や修法(儀式)などの実践を重視しその効験によって多くの天皇や貴族たちの心をとらえた。真言密教の小野流の根本道場と位置付けられた醍醐寺には、修法の本尊として欠かすことのできない彫刻や絵画、修法に用いる仏具、修法の記録や聖教が蓄積された。
 そして十四代座主の勝覚(1057〜1129)が創建した醍醐寺三宝院を拠点とする三宝院流は、同院の院主は醍醐寺座主を兼ねることも多く、彼らが座主として時の権力者から帰依を受け、寺は繁栄を遂げた。法脈の相承と繁栄の歴史を、文書や書跡からひもとく。
国宝32件、重文49件を含む、計104件を一挙公開。
   聖宝坐像 吉野右京種久 江戸時代 延宝二年(1674)
   国宝 薬師如来および両脇侍像 平安時代 10世紀
   国宝 大日経開題 空海筆 平安時代 9世紀 〈展示期間〉1/29〜2/24
   国宝 五大尊像 鎌倉時代 12〜13世紀 〈展示期間〉1/29〜2/24
   重要文化財 不動明王坐像 快慶作 鎌倉時代 建仁三年(1203)
   重要文化財 金銅五鈷鈴 鎌倉時代 13世紀
   重要文化財 太元帥明王像 鎌倉時代 14世紀 〈展示期間〉2/26〜3/24
   国宝 三国祖師影  鎌倉時代 14世紀 〈展示期間〉1/29〜2/24
   国宝 天長印信 後醍醐天皇筆 南北朝時代 延元四年(1339) 〈展示期間〉1/29〜2/17
   重要文化財 理趣経 足利尊氏筆 南北朝時代 延文二年(1357) 〈展示期間〉2/26〜3/24
   義演像 江戸時代 17世紀 〈展示期間〉1/29〜2/24
   豊臣秀吉像 江戸時代 18世紀
   金天目および金天目台 安土桃山時代 16世紀 秀吉愛用の金の茶椀
   重要文化財 醍醐花見短冊 安土桃山時代 慶長三年(1598) など

リレー講座:2/9(土)1階ミュージアムホールにて、午後1時30分〜3時、定員280名 申込不要・無料 
「醍醐寺展をより楽しむための醍醐味講座」
(1) 「じっくり味わう醍醐寺の仏画」森實久美子氏(主任研究員)
(2)「ホットでクールな醍醐寺の彫刻」楠井隆志氏(展示課長)

トークショー:2/16(土)1階ミュージアムホール にて午後1時〜40分(12時30分開場) 定員280名 申込不要・無料 
「ニッポンの力」 五郎丸歩氏(ラグビー選手/ヤマハ発動機ジュビロ所属)
          BUTCH氏(ラジオDJ/FM福岡ラジオパーソナリティ)
          森實久美子氏(主任研究員/特別展担当)
       五郎丸歩氏のサイン色紙をプレゼント(先着50枚)トークショー終了後
        (参加券は当日10時からミュージアムホール前で一人1枚配布)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ


  [No.11516] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/02(Sat) 18:58:33

 歴史の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【岩手】
歴史公園 えさし藤原の里,☆えさし郷土文化館企画展「古文書あれこれ」〜3/3(日)

【千葉】
千葉県立関宿城博物館,☆コーナー展「武家の諸道具」3/12(火)〜5/6(月・振)
茂原市立美術館・郷土資料館,☆郷土資料館展示「鶴枝の豪農高橋家の人々」〜3/17(日)

【東京】
日本銀行金融研究所貨幣博物館,☆企画展「江戸の宝くじ「富」 一攫千金、庶民の夢」〜2/24(日)

【富山】
射水市新湊博物館
 ☆「十二支展」〜2/24(日)
 ☆「重要文化財修理展」3/1(金)〜4/14(日)

【石川】
前田土佐守家資料館,☆企画展「お金が要る!」2/2(土)〜4/21(日)

【福井】
福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館
 ☆第4回特別公開展「戦国城下町一乗谷のくらし〜守り伝える文化財〜」〜4/23(火)
福井県立歴史博物館,☆ギャラリー展「指定文化財巡り(仮題)」 2/28(木)〜5/19(日)
福井市立郷土歴史博物館,☆春季特別展 「大安禅寺の名宝」3/21(木・祝)〜5/6(月・振)

【山梨】
山梨県立博物館,☆企画展「県都甲府の500年」3/16(土) 〜 5/13(月)

【長野】
茅野市神長官守矢史料館,☆企画展「亥年の古文書」 〜2/11(月・祝)

【静岡】
浜松文芸館
 ☆企画展「三方原物語 今に伝える三方原の歴史と文化〜三方原の戦いから三方原の夜明け〜」〜2/10(日)

【愛知】
安城市歴史博物館,☆企画展「江戸の愉しみ−安城の相撲・芝居−」2/2(土) 〜3/24(日)

【三重】
神宮徴古館農業館,☆「伊勢の神道と学問−林崎文庫−」〜7/10(水)
松阪市立歴史民俗資料館
 ☆開館40周年記念特別企画「松坂城1588-2018 〜天下人も認めた武将 氏郷の城〜」〜2/17(日)
大黒屋光太夫記念館,☆冬の展示「光太夫の書いたロシア文字」〜3/17(日)

【京都】
京都市歴史資料館,☆企画展「和本のひろがり」2/8(金)〜4/23(火)
龍谷大学 龍谷ミュージアム,☆春季企画展「因幡堂 平等寺(仮題)」4/20(土)〜6/9(日)
平等院ミュージアム鳳翔館 ,☆「館蔵品展2019」〜3/15(金)

【大阪】
中之島香雪美術館
 ☆特別展「明恵の夢と高山寺」朝日新聞創刊140周年記念 3/21(木・祝)〜5/6(月・振)
大阪城天守閣
 ☆テーマ展「戦国の世の祈り」3/21(木・祝)〜5/19(日)
 ☆3階 企画展示 「大坂城を描いた絵画」〜3/18(月)
 ☆4階 企画展示 「戦国『名人』劇場」〜3/19(火)
 ☆「“大坂幕府”構想について記した小堀遠州書状初公開」〜3/19(火)

【福岡】
福岡市博物館,☆新収蔵品展「ふくおかの歴史とくらし」〜2/17(日)
九州歴史資料館,☆企画展「歴史の宝石箱ダイジェスト版」〜3/17(日)

【熊本】
熊本市立熊本博物館,☆リニューアルオープン記念展「記憶を未来につなぐ博物館」〜4/7(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11551] 【兵庫】赤穂市立有年考古館/東有年・沖田遺跡展/江戸時代の村の風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 23:20:34

 赤穂市立有年考古館
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=106で開催中の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「県指定史跡 東有年・沖田遺跡展」〜3/31(日)
   火曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館無料
 赤穂市有年地区の県指定史跡のうち、20棟をこえる弥生・古墳時代の建物跡が見つかった東有年・沖田遺跡について紹介。 遺跡の南側でみつかった弥生時代終末期(約1800年前)の大きな溝からは、岡山県や香川県、山陰地方から持ち込まれた土器が多く出土、古墳時代後期(約1500年前)の集落跡からは、日本最古級の土製の馬形(土馬・祭祀用に粘土でつくられた馬)が出土。こうした重要な遺物を中心に、展示・紹介。

☆企画展「江戸時代の村の風景−有年村絵図展−」〜4/8(月)
 赤穂市有年地区に残された、村の会所が作成した「村絵図」。山陰や田畑の所有者、河川の堤防や農業用水路の光二、水利権や山林所有権の話し合いを目的に作られ、今では失われた江戸時代の村の風景が克明に描き出されている。本展では、絵図資料や現代のようすとの対比を通じて、江戸時代の村の風景を紹介。
  「原村文書」内絵図資料(赤穂市指定文化財)
   「赤穂郡絵図」(天明7・1787年)
   「原村御普請所絵図」(文化年間)
   「原村洪水絵図」(江戸後期か) ほか
  「楢原村絵図」
  「有年駅御本陣御退場絵図」など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11587] 【静岡】上原美術館/下田の古刹/春をおもう―東洋と西洋 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/19(Tue) 00:02:56

 下田の上原美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=83
で開催中の展示について紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆【仏教館】「下田の古刹―太梅寺の寺宝−」
 【近代館】「春をおもう―東洋と西洋、それぞれの春―」〜3/31(日)
     会期中無休
     入館料金:大人1000円 学生500円 高校生以下無料
            障がい者手帳をお持ちの方は半額
           教育活動を目的として高校生以下は無料

【仏教館】「下田の古刹―太梅寺の寺宝−」
 下田の山間に建つ太梅寺は平安時代に草庵が結ばれ、のちに曹洞宗の寺院として発展してきた。戦国時代頃に書かれた伊豆最古の禅語録『寂用禅師語録』や、下田の地が戦国時代に戦場だったことを物語る「安国寺恵瓊奉制札」など貴重な歴史資料が遺されている。古文書のほか、南北朝時代に造られた地蔵菩薩坐像や、幕末に描かれた涅槃図などから、下田の歴史の一端を解き明かす。
  《寂用英順図》1885(安政2)年
  《地蔵菩薩坐像》南北朝時代
  《吉田泰盛領寄進状》1567(永禄10)年、下田市指定文化財

【近代館】「春をおもう―東洋と西洋、それぞれの春―」を、
 画家たちが多くの絵画に描いてきた、冬から春のひとときが切り抜かれた情景には、画家たちそれぞれが抱く春へのおもいを感じる。上原コレクションより、横山大観、小林古径ら日本画家を中心に、印象派の画家たちや岡鹿之助らが描いた春の気配を感じる作品を紹介。
  カミーユ・ピサロ《エラニーの牧場》1885年
  横山大観《夜桜》
  小倉遊亀《梅》1962(昭和37)年
  伊藤深水《春雪》1965(昭和40)年頃
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11617] 【京都】府京都文化博物館/北野天満宮 信仰と名宝[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 10:06:07

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=43では、本日2/23(土)から、梅が象徴の北野天満宮の特別展が始まります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館30周年記念・京都文化力プロジェクト2016〜2020
 「北野天満宮 信仰と名宝 ―天神さんの源流―」前期:2/23(土)〜3/17(日)
                               後期:3/19(火)〜4/14(日)
       :月曜休館
       入館料金:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
       入館料金:一般1400円 高大生1100円 小中生500円
             北野天満宮の梅苑、宝物殿とのセット券もあり
 であったは、

 全国で1万数千社の天神社(道真公を祀る神社)が存在し、京都の北野天満宮が総本社として知られる、平安時代の政治家・漢学者・漢詩人・歌人菅原道真公。北野天満宮では時代ごとのさまざまな願いを反映し複雑・多様な信仰世界が構築された。
本展では、北野天満宮が所蔵する神宝を中心に、ゆかりある美術工芸品、歴史資料を一堂に集め、そこから浮かび上がる神社とその信仰のあり方を展観。

第1章 菅原道真−人として−
第2章 天満宮創建−北野天神縁起の広がり−
  国宝 北野天神縁起絵巻(承久本)鎌倉時代(13世紀)<前期:第六巻 後期:第八巻・九巻>
  重要文化財 北野天神縁起絵巻 土佐光信筆 室町時代 文亀3年(1503)<前期:上巻・中巻 後期:下巻>
第3章 北野にみる神と仏
  北野曼荼羅 室町時代(15世紀)
  束帯天神像(根本御影)鎌倉時代(13世紀)<前期>
第4章 室町時代の北野天満宮
  北野経王堂図扇面 室町時代(16世紀)<前期>
第5章 祭礼と神事
  北野祭礼図絵巻 江戸時代(17世紀)<前・後期で場面替>
第6章 天満宮改造−豊臣家と北野天満宮−
  重要文化財 刀(太刀) 銘 于時慶長十二(丁未)十一月日信濃守國広造
   /北野天満天神豊臣秀頼公御造営之時 桃山時代 慶長12年(1607)奉納<前期>
第7章 神と結ぶ−奉納品の数々−
  重要文化財 海北友松筆 雲龍図屏風 桃山時代(17世紀)北野天満宮蔵<後期>
  重要文化財 太刀 銘安綱 号鬼切丸(別名髭切) 平安時代(11〜12世紀)<後期>
終章 萬燈祭−永遠の信仰−

講演会:3/23(土)午前10時30分〜正午、3階フィルムシアターにて、定員170名 入館券のみ
「北野天満宮のアーカイブズ」藤井讓治氏(京都大学名誉教授)

シンポジウム:4/2(火)午後1時30分〜4時30分 別館ホールにて、 定員200名 入館券のみ
「北野天満宮の歴史と信仰」竹居 明男 氏(同志社大学名誉教授)
                 菅野 扶美 氏(共立女子短期大学教授)
                 佐々木 創 氏(京都造形芸術大学非常勤講師)

「天正・昭和 ふたつの大茶湯−茶道史−」3/30(土)6階和室 参加費1000円(生菓子・呈茶付)要入館券
  1回目 午後1時30分〜3時30分  2回目 午後2時30分〜4時30分  定員各回50名
(講演 14:30&#12316;15:30 呈茶 16:00&#12316;16:30) 会  場:京都文化博物館 

水墨画ワークショップ「天神様を描こう」3/10(日)午前10時30分〜正午、3階展示室内やすらぎコーナーにて 
  村田 隆志 氏(大阪国際大学准教授)定員15名、小学生以上対象、入館料のみ
  
以上のイベントは全て、館サイトの申込フォームより申込
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11631] 【滋賀】大津市歴史博物館/フェノロサの愛した寺 法明院[3/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:55:25

 大津市役所近くの大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1では、この近所の名刹について、3/2(土)から展示が始まります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆第78回企画展「フェノロサの愛した寺 法明院―三井寺北院の名刹―」3/2(土)〜4/14(日)
    月曜、3/22(金)休館
    入館料金:一般600円(480円)高大生300円(240円)小中生200円(160円)
      ※( )内は15名以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方、
      大津市内在住の障がい者・介護保険の要介護者・要支援者の方の割引料金(要証明)。
 明治時代、アメリカから来日し、日本美術の普及に努めたアーネスト・E・フェノロサが愛し、イギリスで亡くなる時に帰りたいと願った場所が三井寺の北、長等山の中腹に位置する法明院。この寺は、園城寺(三井寺)の僧房の一つとして、享保8年(1723)、義瑞性慶(1667-1737)に開かれ、「園城の律院」と称され、学問の寺として栄えた。堂内には、近世文人画の巨匠・池大雅、円山応挙、鶴沢派の三代目・鶴沢探索らによる障壁画が数多く残される。日本美術に傾倒したフェノロサやウィリアム・S・ビゲローらは、この寺に葬られた。本展では、フェノロサやビゲローにゆかりの法明院の絵画や彫刻、古文書、聖経など様々な宝物を展示し、その歴史を紹介。
  義瑞性慶坐像 江戸時代(18世紀) 
  法明院境内之図 2通 享保8年(1723) 
  義瑞大和尚遺誡 1巻 元文2年(1737) 
  仏涅槃図 1幅 宝永4年(1707) 
  大津市指定 山水図 円山応挙筆 7面 明和2年頃(1765) 
  紙本著色群鶴図 鶴沢探索筆 壁貼付4面・襖8面・腰高障子2面 明和2年頃(1765)
  フェノロサ肖像写真 明治時代(19世紀)
  ビゲロー肖像写真 明治時代(19世紀)
  フェノロサとビゲロー関係史料 一括 明治時代(19世紀)
  遺品贈呈目録 1通 明治23年(1890) 
  フェノロサ墓碑銘草稿 1紙 明治42年(1909) など

れきはく講座(講演会):有料、要申込
3/16(土)「現地見学会 フェノロサ・ビゲローのお墓参り」鯨井 清隆氏(学芸員)
3/23(土)「『法明院障壁画』を考える」五十嵐 公一 氏(大阪芸術大学教授)
3/30(土)「フェノロサ ―社会進化論と美術と仏教」佐藤 道信 氏(東京藝術大学教授)
4/6(土)
「法明院を愛したフェノロサとビゲロー」井上 瞳 氏(愛知学院大学准教授)
4/13(土)「フェノロサの愛した日本美術 ―『東洋美術史綱』を読む」大久保 美春 氏(比較文化研究者)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11653] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/28(Thu) 23:18:19

 歴史の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【宮城】
宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)
 ☆復元船進水25周年記念企画展「進水式―サン・ファン号が生まれた日―」〜3/25(月)
東北歴史博物館
 ☆特別展示 東京藝術大学スーパークローン文化財展
 「最先端技術でよみがえるシルクロード−法隆寺・敦煌莫高窟・バーミヤン−」4/19(金)〜6/23(日)
登米市歴史博物館
 ☆企画展 伊達綱村 没後300年記念「お殿様の教養〜仙台藩の武家文化〜」3/16(土)〜5/19(日)

【山形】
伝国の杜 米沢市上杉博物館
 ☆特別展「上杉家 葵の姫のものがたり 徳川家三姉妹の守刀」4/20(土)〜6/9(日)<5/22(水)休館>
 ☆特別展「上杉家 武家の文化 公家の文化」 前期:9/21(土)〜10/20(日) <9/25(水)休館>
                             後期:10/26(土)〜11/24(日)
☆ コレクション展「米沢藩 武士の仕事」2020年1/11(土)〜3/22(日)<月曜休館、祝日の場合は翌日>

【福島】
福島県歴史資料館,☆「新公開史料展」〜3/24(日)

【茨城】
水戸市立博物館,☆特別展「水戸城遙かなり」〜3/17(日)

【群馬】
群馬の森 群馬県立歴史博物館,☆開館40周年記念 第98回企画展「大新田氏展」4/27(土)〜6/16(日)

【埼玉】
埼玉県立歴史と民俗の博物館
 ☆歴史展示「旗本・水野氏の菩提寺 昌国寺」〜4/21(日)<常設展示室 第7室>
埼玉県立さきたま史跡の博物館,☆テーマ展「埼玉の平安−“兵(つわもの)”の目覚め−」〜6/9(日)

【東京】
国立公文書館,☆平成31年春の特別展「江戸時代の天皇」4/6(土)〜5/12(日)
新宿歴史博物館
 ☆所蔵資料展「新宿の遺跡2019[特集]尾張徳川家戸山屋敷とその周辺」〜5/12(日)<タイトル確定>

【神奈川】
神奈川県立金沢文庫,☆特別展「いろとりどり〜国宝に見る「色」〜」3/15(金)〜5/12(日)
平塚市博物館,☆ミニ文化祭「高校生が一から調べた秦野の歴史」〜3/23(土)

【京都】
京都国立博物館
 ☆特別展時宗二祖上人七百年御遠忌記念「国宝一遍聖絵と時宗の名宝」4/13(土)〜6/9(土)

【兵庫】
香雪美術館,☆「羅漢さん 仏教を護(まも)る聖者たち」5/18(土)〜7/15(月・祝)
阪神甲子園球場 甲子園歴史館,☆企画展「センバツ特集2019〜平成のセンバツ特集〜」〜4/7(日)
加古川総合文化センター,☆博物館 特集展示「中世の石造物」〜3/30(土)
赤穂市立有年考古館,☆平成30年度企画展「江戸時代の村の風景−有年村絵図展−」〜4/8(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11667] 【滋賀】MIHO MUSEUM/国宝 曜変天目と破草鞋[3/21(木・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/17(Sun) 22:02:20

 甲賀市信楽のMIHO MUSEUMで3/21(木・祝)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=34から開催される京都の寺院の宝物展を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「大徳寺龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋(はそうあい)」3/21(木・祝)〜 5/19(日)
     月曜と4/30、5/7休館(4/29、5/6は開館)
     入館料金:一般1100円 高大生800円 小中生300円
 武将の黒田長政が父・官兵衛の菩提を弔うため、江月宗玩和尚を開祖として慶長十一年(1606)に建立した京都紫野の禅刹・大徳寺の塔頭・龍光院。堺の豪商で茶人でもある天王寺屋・津田宗及の次男であった江月は、高い教養と優れた禅風で知られ、龍光院には、高松宮好仁親王、小堀遠州、松花堂昭乗ら一流の文化人が集う寛永文化の発信地となる。国宝の曜変天目茶碗や密庵墨蹟、柿栗図(伝牧谿筆)、油滴天目などの重要文化財をはじめとする、天王寺屋伝来の名宝、寛永文化の美を伝える江月所用の品や江月に帰依した人々ゆかりの文物、歴代寺伝の什物を展覧。
「江月宗玩頂相 衆徒請」 自賛・狩野探幽筆 江戸時代 寛永12年(1635)展示:3/21〜4/21
 国宝「密庵咸傑墨蹟 璋禅人宛法語」南宋時代 淳熙6年(1179) 展示:3/21〜4/7
 重要文化財「柿・栗図」伝牧谿筆 南宋時代 13世紀 展示:4/9〜5/6
 国宝「曜変天目」南宋時代 12-13世紀
「唐物丸壺茶入(宗及丸壺)附 菱形内黒外屈輪文盆」津田宗及・江月宗玩所持 南宋時代 12-13世紀
「油滴天目 附 螺鈿唐草文天目台 天字印・分銅形印」
        伝津田宗及・江月宗玩所持 茶碗/金時代 12-13世紀 天目台/琉球 16-17世紀
「津田宗及 竹茶杓」桃山時代 16世紀
「蒙流九条袈裟」江月宗玩所用 江戸時代 17世紀 展示:3/21〜4/21  など

以下のイベントは全て会場は南レクチャーホール、当日美術館棟受付にて整理券配布、入館券のみ

龍光院三会:定員100名
3/23(土)看松会(かんしょうかい)午後2〜3時30分
 特別講演「龍光院の茶の湯」熊倉功夫氏(館長)
3/24(日)寸松塾(すんしょうじゅく):主に親子対象(小学生以上)午後1〜2時
 こどもと大人のための論語塾 安岡定子氏(論語塾講師)
4/7(日)欠伸会(かんしんかい)午後2〜3時30分
 特別講演「江月和尚と欠伸稿(かんしんこう)」芳澤勝弘氏(禅学・禅宗史研究家、花園大学国際禅学研究所顧問)

講演会:定員100名、午後2〜3時30分
3/31(日)「江月宗玩と龍光院の宝物」門脇むつみ氏(美術史家)
4/14(日)「染織品に見る大航海時代ー龍光院所蔵品からー」山川 暁氏(京都国立博物館 企画・工芸室長)
4/21(日)「曜変天目の魅力と謎に迫る」小林 仁氏(大阪市立東洋陶磁美術館 学芸課長代理)
4/29(月・祝)「龍光院宝物の魅力」朝賀 浩氏(京都国立博物館 学芸部長)
5/12(日)「密庵席ー龍光院の建築」池田俊彦氏(建築史家)

龍光院の小堀月浦和尚による坐禅の会
毎週木・土曜日(3/21、3/23、5/2、5/4は除く)午後2〜3時30分、入れ替え制で2回、定員1回50名
3/28(木)は午後2時45分からの1回のみ
4/6(土)は寶林寺住職・西村古珠和尚による紙芝居「大燈国師物語」が加わるため坐禅は1回のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11688] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/07(Sun) 19:51:33

 これから見られる歴史の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【宮城】
角田市郷土資料館,☆企画展「甲冑展」4/19(金)〜5/12(日)

【東京】
天理ギャラリー,☆第167回展「奈良町―江戸時代の「観光都市」を巡る―」5/12(日)〜6/9(土)
東京国立博物館
 ☆日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」
    平成館 特別展示室 :7/9(火)〜9/16(月)
相撲博物館,☆「大阪と相撲」〜4/19(金)
足立区立郷土博物館,☆企画展「戦国足立の三国志―宮城氏・舎人氏・武蔵千葉氏―」〜5/6(月・振)

【石川】
加賀本多博物館,☆春季特別展「大坂の陣前後の加賀藩」〜6/10(月)

【長野】
長野市立博物館
 ☆平成31年度 春の企画展「サムライの威容
     −佐藤コレクションを中心に−」前期:4/20(土)〜5/19(日)
                       後期:5/21(火)〜6/23(日)
【静岡】
富士山かぐや姫ミュージアム
 ☆第56回企画展「富士が見守る交流の道―古代東海道と富士山ジャンクション」〜6/16(日)
上原美術館,☆特別展「伊豆半島仏像めぐり―伊豆13市町の仏たち―」4/6(土)〜6/30(日)

【三重】
本居宣長記念館
 ☆2019年度春の企画展◆新天皇陛下ご即位記念
     「パール・ネットワーク −慶びの円居(まどい)−」〜6/9(日)
【滋賀】
大津市歴史博物館
 ☆第151回ミニ企画展「平成30年度新収蔵品展」4/23(火)〜6/9(日)
 ☆第79回企画展「大津南部の仏像−旧栗太郡の神仏−」10/12(土)〜11/24(日)
 ☆重要文化財「大津百艘船関係資料」指定記念企画展(第81回企画展)
   「江戸時代の琵琶湖水運」 2020年2/29(土)〜4/12(日)
滋賀県立安土城考古博物館,☆春季特別展「安土―信長の城と城下町―」4/27(土)〜6/9(日)
高月観音の里歴史民俗資料館,☆特別陳列「布施美術館名品展8 仏教美術の魅力」〜5/13(日)

【京都】
京都府立京都学・歴彩館
 ☆ICOM京都大会記念展示「京都学・歴彩館の“お宝”−書く、描く、刷る−」7/13(土)〜9/8(日)
 ☆「双京 京の夢、江戸の夢(仮称)」9/14(土)〜11/10(日)
高台寺「掌美術館」,☆特別展「豊臣の肖像」〜5/6(月・振)
京都産業大学むすびわざ館ギャラリー
 ☆第17回企画展「即位−京都産業大学図書館所蔵資料にみる−」〜5/2(木)
東寺(教王護国寺)宝物館
 ☆重要文化財 東寺学衆方評定引付修理完成記念
    「東寺文書をまもり伝える−かたちと保存−」〜5/25(土)
平等院ミュージアム鳳翔館
 ☆天皇陛下御在位30年・天皇陛下御退位・皇太子殿下御即位奉賀
     特別展「景星鳳凰ー慶賀を言祝ぐー」〜5/24(金)
【大阪】
大阪市立美術館
 ☆「おおさかの仏教美術2」4/6(土)〜5/12(日)
 ☆特別展「仏像 中国・日本」10/12(土)〜12/8(日)
四天王寺宝物館,☆平成31年 春季名宝展「天皇家と四天王寺」〜5/6(月・祝)
大阪歴史博物館,☆第123回 特集展示「なにわ人物誌 三好木屑」〜5/6(月・振)
関西大学博物館,☆2019年度春季企画展「徳山喜昭氏コレクション展 高札をみる、よむ」4/1(月)〜5/19(日)
吹田市立博物館,☆ミニ展示「「大宝」の発見―年号に問う吹田の歴史」4/4(水)〜4/17(木)
八尾市立埋蔵文化財調査センター,☆通常展「八尾の地宝」〜6/7(金)

【和歌山】
和歌山県立博物館
 ☆特別展「仏像と神像へのまなざし―守り伝える人々のいとなみ―」4/27(土)〜6/2(日)
 ☆企画展「高野山麓の西端で―貴志川流域の文化財―」6/8(土)〜7/7(日)
 ☆夏休み企画展「南葵音楽文庫の至宝」7/13(土)〜8/25(日)
 ☆徳川家入国400年記念特別展「徳川頼宣と紀伊徳川家の名宝」10/19(土)〜11/24(日)
高野山霊宝館
 ☆2019年度春期企画展「高野山と不思議な話」前期:4/20(土)〜6/2(日)
                          後期:6/4(火)〜7/15(月・祝)
【福岡】
九州国立博物館,☆京都 大報恩寺「快慶・定慶のみほとけ」4/23(火)〜6/16(日)

【佐賀】
佐賀県立名護屋城博物館,☆テーマ展2「名護屋城と配陣図」10/4(金)〜11/17(日)
佐野常民記念館
 ☆企画展「地図にまとわるエトセトラ−佐野常民と伊能図に目を向けて−」4/26(金)〜6/14(金)

【熊本】
島田美術館,☆企画展「戦場にはためく験(しるし)」4/24(水)〜9/2(月)

【沖縄】
那覇市歴史博物館
 ☆企画展 「王朝文化と都市(まち)の歴史」〜4/22(月)
 ☆企画展「那覇のたからもの」6/28 (金)〜9/2 (月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.11671] 【東京】国立博物館/国宝 東寺[3/26(火)〜]/両陛下と文化交流 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/26(Tue) 00:20:46

 上野公園の東京国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=129で、3/26(火)から開催の展示と、開催中の展示について紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」3/26(火) 〜6/2(日)平成館
    月曜休館(祝日と4/1(月)は開館)5/7(火)休館
    午前9時30分〜午後5時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
           障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示) 、
 平安遷都に伴い王城鎮護の官寺として西寺とともに建立された東寺(教王護国寺)は、唐から新しい仏教を学んで帰国した弘法大師空海が、823年に嵯峨天皇からより賜って真言密教の根本道場としたもの。空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇る。真言宗が立教開宗されて1200年を控え、本展は空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するものです。空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品され、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会す。
 第1章 空海と後七日御修法
    国宝 風信帖(第一通)空海筆 平安時代・9世紀(3/26(火)〜5/19(日)展示)
    国宝 密教法具  中国 唐時代・9世紀 
    国宝 降三世明王 (五大尊像のうち)平安時代・大治2年(1127)(3/26(火)〜4/21(日)展示)
 第2章 密教美術の至宝
    国宝 十二天&#23643;風  平安時代・建久2年(1191) 
    国宝 両界曼荼羅図 (西院曼荼羅[伝真言院曼荼羅])平安時代・9世紀(4/23(火)〜5/6(月・休))
 第3章 東寺の信仰と歴史
    国宝 兜跋毘沙門天立像 中国 唐時代・8世紀 
    国宝 後宇多天皇宸翰 東寺興隆条々事書(3/26(火)〜4/30(火))
 第4章 曼荼羅の世界
    重要文化財 金剛虚空蔵菩薩坐像・法界虚空蔵菩薩坐像(五大虚空蔵菩薩坐像のうち)中国 唐時代・9世紀など

記念公演「真言声明 ―東寺の音と共に―」 4/10(水)4/17(水)午前11時〜正午、午後2〜3時(開場は開演30分前)
     平成館 大講堂 にて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展 御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」〜4/29(月・祝) 本館特別4・5室
    月曜休館(4/29(月・祝) は開館)
    午前9時30分〜午後5時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1100円 大学生700円 高校生400円
           障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示) 、
 宮内庁が所管する皇室ゆかりの作品の中から、天皇陛下御即位の儀式に際して東山魁夷、高山辰雄が平成2年(1990)に制作した「悠紀・主基地方風俗歌&#23643;風」や、天皇皇后両陛下が外国御訪問の際にお持ちになって紹介された作品などを展示し、御即位30年という記念すべき年に、両陛下が担われた文化交流について紹介。

[御即位]
  悠紀地方風俗歌&#23643;風 東山魁夷筆(〜3/31(日)展示)
  主基地方風俗歌&#23643;風 高山辰雄筆 平成2年(1990) (4/2(火)〜4/29(月・祝)展示)宮内庁用度課所管
[外国ご訪問と文化交流]
  小栗判官絵巻 巻第十、第十五 岩佐又兵衛筆 江戸時代・17 世紀 宮内庁三の丸尚蔵館蔵
  花鳥十二ヶ月図 酒井抱一筆 江戸時代・文政6年(1823) (4/2(火)〜4/29(月・祝)展示)宮内庁三の丸尚蔵館蔵
[皇后陛下とご養蚕]
  養蚕天女 高村光雲作 大正13年(1924)(〜3/31(日)展示) 宮内庁三の丸尚蔵館蔵
  赤縮緬地吉祥文様刺繍振袖 昭和10年(1935) (〜3/31(日)展示)宮内庁侍従職所管
  イヴニングドレス 平成10年(1998)(4/2(火)〜4/29(月・祝)展示) 宮内庁侍従職所管 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明