[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.11459] 【現代美術】2019年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 19:42:35

 年始から見られる、映像や自由な造形の現代美術の展覧会を紹介します。この発言を2019年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
網走市立美術館,☆「落石計画」「月冴ゆ」2019年1/26(土)〜2/17(日

【青森】
十和田市現代美術館,☆企画展「毛利悠子 ただし抵抗はあるものとする」〜2019年3/24(日)

【東京】
岡本太郎記念館,☆企画展「瞬間瞬間に生きるー岡本太郎とジャズー」〜2019年2/24(日)
東京都庭園美術館,☆「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」2019年1/26(土)〜4/7(日)
森美術館,☆「塩田千春展:魂がふるえる」2019年6/20(木)〜10/27(日)
NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)
 ☆ 企画展「イン・ア・ゲームスケープ
  ヴィデオ・ゲームの風景,リアリティ,物語,自我 」〜2019年3/10(日)
トーキョーアーツアンドスペース本郷,☆「OPEN SITE 2018-2019」〜2019年2/11(月・祝)
世田谷美術館,☆企画展「ブルーノ・ムナーリ ― 役に立たない機械をつくった男」〜2019年1/27(日)
ヒルサイドフォーラム,☆大宮エリー「Beautiful Days 〜美しき日々」2019年1/12(土)〜1/27(日)
ワタリウム美術館,☆「TADANOBU ASANO 3634展」〜2019年3/31(日)

【京都】
京都市立芸術大学ギャラリーアクア,☆「状況のアーキテクチャー展 」2019年1/12(土)〜2/11(月・祝)

【大阪】
大阪府立江之子島文化芸術創造センター
 ☆「間合いの良さーコレクション考察ー」2019年1/11(金)〜1/27(日)
 ☆西淡路希望の家+大阪成蹊大学芸術学部
  「のむらさんとはやしさんー二人の思い」2019年1/11(金)〜1/20(日)
大丸心斎橋店イベントホール
 ☆「新感覚デジタルエンターテイメント!
    DIGITAL MUSEUM AR TRICKEYE with VR」〜2019年1/7(月)
【広島】
八千代の丘美術館,☆「大成大輔・沼本秀昭・才田博之展」〜2019年3/11(日)

【香川】
高松市美術館,☆開館30周年記念「やなぎみわ展 神話機械」2019年2/2(土)〜3/24(日)
石の民俗資料館
 ☆企画展 さぬきアートプロジェクト「オスカー ロベラス展 〜慧眼 見えない世界〜」2019年1/12(土)〜2/17(日)

【長崎】
ナガサキピースミュージアム,☆「平和か戦争か 棚橋 一晃 現代美術作品展」2019年1/2(火)〜1/27(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11475] 【石川】金沢21世紀美術館/チウ・ジージエ書くことに生きる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 17:18:42

 金沢21世紀美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=22
は1/2から開館していますので、展示を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
☆東アジア文化都市2018金沢 コア事業連携企画「邱志杰(チウ・ジージエ)書くことに生きる」〜3/3(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     午前10時〜午後6時(1/2,3は5時まで、金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1000円 大学生・65歳以上の方800円 小中高生400円

 幼少から学んだ「書」を表現の中心に置き、書くことを通じて、普遍的で根源的な人間の存在について問い直してきたチウ・ジージエ。生誕の地である海上貿易が盛んだった生誕地・福建省の文化にも大きな影響を受けた写真・書・絵画・インスタレーション・パフォーマンスが融合するダイナミックな視点の作品群により、チウ・ジージエの創造とその魅力に迫る。

☆コレクション展「アジアの風景 / 粟津潔、マクリヒロゲル5」〜5/6(月・振)
   入館料金:一般360円 大学生、65歳以上の方280円 高校生以下無料

 土地の歴史や文化と密接に結び付きながら、伝統と急速なグローバル化の間での模索や試行が続く、アジアからの様々な表現は、人間はどこに向かって行くのか」という普遍的な問いを投げ掛ける。
 宇治野宗輝《プライウッド新地》のサウンド・スカルプチャーは、レトロな雰囲気を色濃く残した日常品の「都市」が出現。
 照屋勇賢の《遥か遠くからの未来より》では、沖縄出身の照屋が伝統的な琉球着に、ジュゴンや軍事用ドローン、沖縄の110人以上の人々のモチーフを染めあげた作品を提示。
 ジュン・グエン=ハツシバは、政治や社会の大きなうねりの中で犠牲となった、名もない人々の姿を美しい映像で表現。2001年か 
 
 粟津潔の調査展示を行う「マクリヒロゲル」シリーズの最終回として、粟津潔の本の挿絵、特に子どもに向けたイラストレーションの世界を紹介。初期作品の平野威馬雄著『レミは生きている』(1958 年)の挿画は、「あいのこ」としての生き方に苦しむ主人公の表情が幾多にも表現され、吉増剛造著『さわる』(1983 年)は、印刷とは異なる原画の白地に描かれた美しい水彩画の色彩に驚く。粟津潔の子どもたちへの柔らかなまなざし、また「印刷」のスタイルも感じる。

ギャラリートーク:1/12(土)午後2時〜(1時間程度)レクチャーホール前
担当キュレーター:立松由美子氏、立花由美子氏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11482] Re: 【石川】金沢21世紀美術館/チウ・ジージエ書くことに生きる 投稿者:Quita  投稿日:2019/01/04(Fri) 22:49:36

明けましておめでとうございます。

 偶然にも初旅で石川県に来ていて、金沢21世紀美術館が最初に見たところになりました。

 チウ・ジージエは書出身の現代アーティストとして、なかなかユニークだったと思います。

 最初にあったのは道教の字を立体化したものが迷路のようになっていました。
 逆向きに文章を書いていくのをビデオ撮影して逆に再生しているのでしょうが、筆のところから字が消
えていくという不思議な作品もありました。
 チラシにも出ている「心経」は中国各地の風景を前に光で書いた字ですが、通して読むと般若心経だと
わかります。
 最後は政治的作品とも言えるもので、円形の展示室の中に国境問題のある場所の名前とその形が描かれ
ています。

 コレクション展の宇治野宗輝《プライウッド新地》はどこかで見たことがあるような気がします。横浜
トリエンナーレだったと思いますが、もしかすると彫刻の森美術館の企画展だったかもしれません。


  [No.11487] Re: 【石川】金沢21世紀美術館/チウ・ジージエ書くことに生きる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:23:37

Quitaさん、明けましておめでとうございます。

> 偶然にも初旅で石川県に来ていて、金沢21世紀美術館が最初に見たところになりました。
 おっ、1月2日から開館している館、としてリストアップしたところ、当たりましたね。

> チウ・ジージエは書出身の現代アーティストとして、なかなかユニークだったと思います。
 実は、テキストで書いているだけでは、書から発展したパフォーマンスとか、インスタレーションとか、なかなか想像できなかったのです。篠田桃紅さんの芸術とか、高校生のいわゆる書道パフォーマンスが思い当たるぐらい。

 文字の迷路、「文字を書く」ことの映像、文字で何かを表すこと…
 文字だけで表面的に示す意味だけでなく、文字やその筆記が持っている可能性のようなものを感じる展示になっていそうですね。
 奥深そうな展示と思います。

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.11510] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/02(Sat) 00:52:22

 映像や自由な造形の現代美術の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【千葉】
DIC川村記念美術館,☆「ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ」3/23(土)〜6/16(日)

【神奈川】
川崎市岡本太郎美術館,☆企画展「第22回岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)」2/15(金)〜4/14(日)
平塚市美術館
 ☆ロビー展「土田泰子展 導〜 Where〜 s a will,there〜 s a way」〜4/7(日)日用品を用いた造形世
神奈川県立近代美術館 葉山
 ☆企画展「堀内正和展 おもしろ楽しい心と形」〜2019年3/24(日)
 ☆コレクション展「モダンなフォルム」〜2019年3/24(日)

【長野】
軽井沢ニューアートミュージアム,☆「靉嘔 レインボー88 AY-O: RAINBOW 88展」3/16(土)〜6/30(日)

【愛知】
清須市はるひ美術館
 ☆企画展「アーティストシリーズVol.88 田岡菜甫 展」〜2/8(金)
 ☆企画展「アーティストシリーズVol.89 堀至以 展」 2/13(水)〜3/8(金)

【三重】
海の博物館,☆「チームラボ お絵描き水族館」3/1(金)〜3/31(日)

【兵庫】
横尾忠則現代美術館,☆「横尾忠則 大公開制作劇場〜本日、美術館で事件を起こす」〜5/6(月・振)

【福岡】
福岡アジア美術館,☆「時代のモンタージュ―アジア映像の展開」〜3/26(火)

【熊本】
つなぎ美術館,☆「富田直樹 さざなみ」〜2/11(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11538] 【大阪】国立国際美術館/クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime[2/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 00:09:34

 中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37で開催される現代美術の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」2/9(土)〜5/6(月・振)
     月曜休館(祝日は開館)2/12(火)休館
     午前10時〜午後5時(金・土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般900円 大学生500円 高校生以下・18歳未満無料(要証明)
          心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
          夜間割引料金(金土の午後5〜8時)一般700円 大学生400円
          2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して入場無料
 現代のフランスを代表するアーティストクリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)は、写真やドキュメントとビスケット缶などの日用品を組み合わせて、自己あるいは他者の記憶に関連する作品を制作。1980年代に明かりを用いたインスタレーションを手掛け、「モニュメント」シリーズ(1985年-)で宗教的なテーマに取り組む。ユダヤ人の学生たちの顔写真を並べた作品では、ユダヤ人の大虐殺とその犠牲者のイメージを想起させると解釈され、大きな議論を呼ぶ。その後も様々な手法で、歴史や記憶、死や不在をテーマとした作品を発表。ボルタンスキーの初期作品から最新作までを紹介する、国内初めての大規模な回顧展。
 クリスチャン・ボルタンスキー《モニュメント》1986年 
               《ミステリオス》2017年 
               《保存室(カナダ)》1988年
               《心臓音のアーカイブ》2010年 
アーティスト・トーク:クリスチャン・ボルタンスキー(本展出品作家)
2/9(土)午後2時 〜/B1階 講堂 無料、逐次通訳付、先着130名、当日10時から整理券配布

ギャラリー・トーク:B3階 展示室 開始30分前から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出し(先着90名)
2/22(金)午後6時〜 3/16(土)午後2時〜 4/26(金)午後6時〜
 
講演会:4/6(土)午後2時〜/B1階 講堂 無料、先着130名、当日10時から整理券配布
  湯沢英彦氏(明治学院大学文学部フランス文学科教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11590] 【大阪】国立国際美:クリスチャン・ボルタンスキー 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/19(Tue) 21:51:16

 2/16(土)に夜間開館を利用して中之島の国立国際美術館で「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」を見ました。
 チラシの勝利ですね。黒地に裸の白熱電球が灯ったシンプルなデザインは、「明かりを用いたインスタレーション」をとても期待させました。実際、この電球が会場全体で案内役のように使われていました。「ユダヤ人の大虐殺とその犠牲者のイメージを想起させる」という前知識がありましたから、暗い中で、顔写真や、タペストリーが掛かっているインスタレーションはやはり、死や滅びを想像させるものでした。最も印象に残ったのは、墓石が並んだような「黒いモニュメント、来世」、チリのアタカマ砂漠に風鈴をススキの穂の如く並べた映像の作品「アニミタス」。この荒涼とした風景が、人の死とはまた違った寂しさを作り出しています。展示会場が、普段とは逆回りで構成されていたこともあり、大きな迷路を回っているような感覚もあり、「会場全体がインスタレーション」という作家本人の言が生きていました。
 この展示は5/6(月・振)までです。
                             明日香 光二/馬場 英明


  [No.11606] Re: 【大阪】国立国際美:クリスチャン・ボルタンスキー 見ました 投稿者:   投稿日:2019/02/21(Thu) 22:48:48

こんにちは

 チラシを入手してから、これは行かなくてはと思っています。

 それで、何かの予定とバッティングしにくい日として3月9日に行く予定にしています。


  [No.11612] Re: 【大阪】国立国際美:クリスチャン・ボルタンスキー 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 00:14:25

Quitaさん、こんにちは
>  チラシを入手してから、これは行かなくてはと思っています。

インスタレーションの規模からして、これは美術館でなければできない展覧会、と思いました。

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.11623] Re: 【大阪】国立国際美:クリスチャン・ボルタンスキー 見ました 投稿者:   投稿日:2019/02/23(Sat) 23:56:15

こんにちは

行く日は1週間遅らせて3月17日で確定しました。


  [No.11668] Re: 【大阪】国立国際美:クリスチャン・ボルタンスキー 見ました 投稿者:   投稿日:2019/03/21(Thu) 22:39:54

こんにちは

3月17日に「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」に行ってきました。

 展示室の入口は"DEPART"という言葉で始まりました。単なる"出発"というよりも"天国への旅立ち"を思わせます。(ちなみに「おくりびと」という映画がありましたが、この英訳は"Departures"です)
 「モニュメント」と題された作品が多くありましたが、これは死者を祭る祭壇のようです。大虐殺の犠牲者の遺影のような写真の集積、荒涼とした草原もすべてが滅びた後のようです。すべての作品が大きく見れば生きた記念であり、会場全体が墓地のように見えました。

 この日は、この後どこへ行くかと思ったのですが、隣の大阪市科学館は改装中、東洋陶磁美術館に向かってみたら展示替え休館中であり、大阪城や大阪歴史博物館は今回行く気がないので、あべのハルカスに行ったものの、ここの美術館でやっていたのは既に岐阜で見たことのあるものだったので、展望台だけ行きました。


  [No.11549] 【兵庫】西脇市岡之山美術館/横尾忠則 西脇幻想 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:16:32

 「日本へそ公園」の西脇市岡之山美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=110では、横尾忠則の特別展を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「横尾忠則 西脇幻想展 光るまち・光る記憶」前期:〜2/11(月・祝)
                   後期:2/20(水)〜3/24(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)展示替え期間2/12(火)〜2/19(火)
     入館料金:大人500円 65歳以上400円 高大生300円 小中生200円
 横尾忠則(1936〜)の故郷西脇の過去と現在と未来についての思いをもとに描いた新作を含む展覧会。故郷西脇をイメージした紙漉き作品、Y字路作品シリーズの発想の原点となった西脇市上本町の椿坂Y字路の家屋を黒一色で塗り込めた立体作品をもとに描いた絵画等、本展のために新作を数多く制作。きらめく夢、光る記憶のまちへの関心から生まれた絵画、当時の資料等を紹介し、西脇からはじまった横尾芸術の秘密とエッセンスに迫る。
   《次の瞬間》2018年
   《原郷》2018年
   《フィクション》2018年
   《G.M.》2018年
   《加古川の清流と奇岩を取り込んだ水辺の遊び、タイドプールを作る》1981年
   《消防隊進入口II》2018年 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11550] 【兵庫】横尾忠則現代美術館/横尾忠則 大公開制作劇場 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:17:29

 王子公園の横尾忠則現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=14で開催されている展示を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「横尾忠則 大公開制作劇場〜本日、美術館で事件を起こす」〜5/6(月・振)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前10時〜午後6時(金・土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般700円 大学生550円 70歳以上350円 高校生以下 無料
         障がいのある方(70歳以上除く)は各観覧料金の半額。介護者1名無料
 1980年代アトリエのなかった横尾が、制作できる場所を求めてやむなくとった手段が公開制作だったが、アトリエが完成した後も様々な場所で公開制作の機会を持つ。2000年以後、公開制作において「Y字路」は一つのフォーマットとして展開し、各地の美術館で開催される個展にあわせて、その土地にちなんだ"ご当地Y字路"が次々と生み出され、横尾自身が仮装して制作するPCPPP(Public Costume Play Performance Painting)も行われる。横尾がこれまでに公開制作で描いてきた作品を、映像・写真などの資料とともに紹介。
 横尾は公開制作を演劇にたとえ、観客と横尾が舞台の上で起こす事件その共犯関係が成り立つ事件の現場を検証することで、横尾の制作に対する姿勢や創造のプロセス、その変遷を辿る。
《Lisa Lyon in Kobe, July 22, 1984 (No.3)》 1984年 
《青い沈黙》 1986年 
《赤い夢》 1989年 蔵
《猫のいるY字路》 2008年 
《物語の始まりと終わり》 2011年 
《N.P》 2012年 作家蔵

百花繚乱華舞台:3/3(日)午後2時〜
三代目澤村謙之介、天海翼(若座長)、天海翔、澤村一也 ほか 当館オープンスタジオにて、無料

キュレーターズ・トーク:3/16(土)、4/20(土)午後2時〜45分 オープンスタジオにて、入館料のみ

手話通訳付き キュレーターズ・トーク:2/11(月・祝)午前10時〜40分、入館料のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11564] 【東京】国立新美術館/イケムラレイコ 土と星 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:00:00

 六本木の国立新美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=73で開催されている現代美術の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「イケムラレイコ 土と星 Our Planet」 〜4/1(月)
     火曜休館
     開館時間 :午前10時〜午後6時(金・土は8時、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1000円 大学生500円
            2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して無料
            高校生、18歳未満(要証明)障害者手帳をご持参者と付添者1名は無料
            会期中に当館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、
            またはサントリー美術館・森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)
               提示者は、団体料金。
            65歳以上の方(要年齢証明)は、会期中に当館で開催中の公募展チケット(半券可)
               の提示で大学生団体料金
 1970年代にスペインに渡り、その後スイスを経て、ドイツを拠点に活躍してきたイケムラレイコの絵画、彫刻、ドローイング、水彩、版画、写真など、無限の可能性を表現するという独創的な芸術、イケムラの創造の軌跡を、約210点の作品とともに紹介。
 荒々しい絵画や、多様な線で構成されたユーモラスで人間味あふれるドローイングなど、実験的な試みを経て名もない小さな動物や無垢な少女たち、母と子、木々や山と一体化した人物、誕生と死を含みこむ神話的な原始の風景など、この世に生まれでた、あるいは、これから生まれいづるものたちの存在の多様性を、あるがままに受け入れようとする思想が感じられる。本展は、独創的な創造活動により、破綻しかけた社会の構造にまで切り込もうとするイケムラの芸術をたどりなおし、多面的に追体験できるように、16のインスタレーションの集合として構成。
  イケムラレイコ 《花》 2009/18年 ラムダプリント 
    《うねりの春》 2018年 顔料/ジュート 
    《頭から生えた木》 2015年 テラコッタ、釉薬 
    《始原》 2015年 テンペラ/ジュート 
    《ベルリン地平線 I》 2012年 テンペラ、油彩/ジュート )
    《ハルコ I》 2017年 テンペラ/ジュート
    《母の情景》 2011/15年 油彩/ジュート
    《オーシャン III》 2000/01年 油彩/ジュート
    《花嫁》 1990年 テラコッタ、釉薬 
    《母とミコ》 1995年 テラコッタ、釉薬 
    《花》 2009/18年 ラムダプリント 
    《うねりの春》 2018年 顔料/ジュート   など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11570] 【兵庫】あまらぶアートラボ A-Lab/「街と、その不確かな壁」と…。[2/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 00:08:16

 尼崎のあまらぶアートラボ A-Labhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=56で.2/16(土)からはじまる展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆A-Lab Exhibition Vol.17「街と、その不確かな壁 と…。」2/16(土)〜3/31(日)
    火曜休館
    開館時間:午前11時〜午後7時(土日祝は6時まで) 
    入館無料 
 川田知志、迎英里子による2人展を開催。
 今回のタイトルの「街と、その不確かな壁」は 1980年に雑誌「文學界」に発表された村上春樹さんの小説で僕と影、ことば、古い夢などをモチーフにしながら展開される物語で、本展では、2人にこの小説と向き合うことも含め、作品にアプローチ。
 壁面にフレスコ画を描く川田は市内の元「履物屋」「小学校」「結婚式場」で数日ずつ滞在制作し、空間に漂う記憶などをなぞった作品をA-Labで再構成します。  迎は生活の中にある身近な社会の構造を自身の言葉で解釈し、装置を制作し、自らの身体を使って動かす。
 何かを守る存在にも、別け隔てて邪魔する存在にもなる「壁」が作り出す空間の記憶。2人の作品を通じて、普段は意識をしていない“存在”を感じる。

パフォーマンス:迎英里子による、本展覧会で制作したシステムを”動かす”パフォーマンスを開催
2/16(土)午後1時30分〜、4時〜  2/24(日)午前11時〜

トーク:2/24(日)午後2〜3時30分、先着30名、申し込み不要
出展作家と服部浩之氏(キュレーター)のアーティストトーク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11572] 【東京】森美術館/六本木クロッシング2019展:つないでみる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 23:02:59

 六本木の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=66
で開催中の現代美術展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆森美術館15周年記念展「六本木クロッシング2019展:つないでみる」〜 5/26(日)
     会期中無休
     開館時間:午前10時〜午後10時(火曜は7時まで、但し、4/30(火)は10時、5/25(土)は翌朝午前6時まで
                         入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1800円 65歳以上1500円 高大生1200円 4歳〜中学生600円
 3年に一度開催する、日本の現代アートシーンの定点観測的な展覧会第6回目の開催。森美術館の3人のキュレーター(椿 玲子、徳山拓一、熊倉晴子)で共同キュレーションを行い、1970-80年代生まれを中心とした日本のアーティスト25組を紹介。
 今回は現代の表現を通して見えてくる「つながり」に注目。情報通信技術が加速度的に進化し、便利になる一方で、意見や認識の同調や共感を助長し、逆説的に閉鎖的なコミュニティを生み出すなどの「分断」が顕在化している。こうして対極のものを接続、異質なものを融合、本来備わる繋がりを可視化するなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示し、「分断」と向き合うためのヒントとなるかもしれない。一定条件の範囲内で、一部の作品およびエリアでの写真・動画撮影が可能

  飯川雄大《デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―》 2017年 木材、蛍光塗料
  目《景体》のためのドローイング 2019年
  平川紀道 《datum》2018年 DLPプロジェクター、コンピューター、スピーカー
  林 千歩 《人工的な恋人と本当の愛―Artificial Lover & True Love―》2016/2019年 ミクスト・メディア・インスタレーション
  竹川宣彰 《猫オリンピック:開会式》2017年 陶製人形、木、鉄、陶製タイル
  榎本耕一《脳の居場所》2017年 油彩、キャンバス
  青野文昭 《なおす・代用・合体・侵入・連置「震災後東松島で収集した車の復元」2013》2013年 収集物、家具、合板、アクリル系絵具、ほか
  万代洋輔《無題》(「蓋の穴」シリーズより)2016年Cプリント  など

まちと美術館のプログラム「アート・キャンプ for under 22 Vol.2」第3回 ワークショップ「アーティストと出会う:監視するファッション」
  3/9(土)午前10時〜午後6時 館サイトより申込、〜 3/8(金)
 
まちと美術館のプログラム「アート・キャンプ for under 22 Vol.2」第3回 ワークショップ「アーティストと出会う:監視するファッション」(2日目)
  3/10(日)午後1時30分〜6時30分 館サイトより申込、〜 3/8(金)

まちと美術館のプログラム「六本木アートカレッジ スペシャル1DAY」プログラム 「会社としてのアーティスト・コレクティブ」
  3/21(木・祝)午後2時40分 〜3時40分  館サイトより申込、〜 3/20(水)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11573] 【愛知】豊橋市美術博物館/美術のみかた 自由自在 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 23:04:01

 豊橋市美術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=36ではじまった特別展の紹介をします。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成30年度独立行政法人国立美術館巡回展
 「国立国際美術館コレクション 美術のみかた 自由自在」〜3/24(日)
     月曜休館 
     入館料金:一般・大学生1000円 小中高生400円
            身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介助者は無料

 1977年に万博記念公園に開館し、現在の中之島に移転した国立国際美術館の方向性は、戦後日本美術と世界美術とのかかわりを明らかにするため、現代美術に影響を与えた19世紀の美術から現在の新しい表現まで、約8000点のコレクションを形成する。その国立国際美術館コレクションから、現代美術の祖ともいうべきポール・セザンヌ、パブロ・ピカソを皮切りに、マルセル・デュシャン、アルベルト・ジャコメッティ、アンディー・ウォーホル、ゲルハルト・リヒター、イリヤ・カバコフ、リチャード・タトル、草間彌生、高松次郎、奈良美智など45作家・55点を紹介。「みること」をテーマに、平面・ 立体・インスタレーション・映像などの幅広い表現を「イメージと物質」「表層と深層」「可視と不可視」という3つの切り口から自由自在にみる。
  ロレンヌ・ラックス《アイルランドの少女たち》2005年
  ポール・セザンヌ《宴の準備》1890年頃
  ゲルハルト・リヒター《フィレンツェ》2000年
  奈良美智《長い長い長い夜》1995年
  落合多武《猫彫刻》2007年
  下道基行《サイパン、アメリカ『torii』より》2006−12年

キュレーター・トーク:3/2(土)午後2時〜 福元崇志氏(国立国際美術館研究員)           

親子鑑賞会:3/9(土)・21(木・祝)午後2〜3時 小学生以上(各日定員10名/要予約=電話受付)

ワークショップ「描く目が見る美術」3/16(土)午後2〜4時、定員10名、要予約=電話受付
 青木陵子氏(本展出品作家)入館料のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11582] 【京都】芸術センター/逡巡のための風景[2/19(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 22:22:33

 四条烏丸に近い京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=46
で2/19(火)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆KAC Curatorial Research Program vol.01「逡巡のための風景」
    会期中無休
    午前10時〜午後8時
    入館無料
 「逡巡のための風景」は困難な状況に出会ったとき、異なる考えや価値観の中に揺らぎ、戸惑いながらもじっくりと自分の言葉を探ってみるための場所。
 自身が直面した制度への違和感や閉塞感を周囲の人々を巻き込みながら対話によって越境することを試みるイシワタマリ。 約40年前に無住集落となった村を舞台に現代の暮らし方を考察する大見新村プロジェクト。 農業、医療、福祉など様々な領域へのフィールドワークを通して人が生きることの根源を問う八幡亜樹。食べる、住む、労わるなど暮らしの中の出来事に近い活動は、私たちの日常にはアートと共鳴する臨界面があることを教える。

ギャラリーツアー:出展アーティスト・キュレーター:2/23(土)午後1時:ギャラリー南にて

オープニングパーティ:2/23(土)午後4時:ミーティングルーム2にて
   入場無料・事前申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11614] 【埼玉】さいたま市プラザノース/タムラサトル展 Wall to Wall[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 10:03:05

 北区のさいたま市プラザノースhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=11&c=2
では、本日2/23(土)から、現代美術の展示がはじまります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆Domain of Art 22 プラザノース開館10周年記念展「タムラサトル展 Wall to Wall」2/23(土)〜3/17(日)
      2/25(月)、3/11(月)閉館
      午前10時〜午後5時
      入館無料
 若手芸術家の作品を紹介するシリーズで、開館と5周年に出展した美術家・タムラサトル展を再び開催。
 「意味の破壊」をテーマに、様々なモノの意味を排除した作品を制作し続けているタムラ氏の「素材・形態が持つであろう意味・設定・目的からも、自由でありたい」、その思いをひたすら反映したウィットに富む作品を楽しむ。
  10回たたく#1、#2、#3 2017
  Point of Contact for Unna 2017
Weight Sculptures 1lg Rabbit 2004
マシーン#1 2017
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11616] 【東京】トーキョーアーツアンドスペース本郷/霞 はじめて たなびく[2/23(土)〜]内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 10:04:58

 水道橋のトーキョーアーツアンドスペース本郷http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=120で、本日2/23(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ACT(Artists Contemporary TOKAS)Vol.1「霞 はじめて たなびく」2/23(土)〜3/24(日)
      月曜休館
      午前11時〜午後7時
      入館無料

 「ACT」はTOKASのプログラムに参加経験のあるアーティストを中心に企画展で紹介。本展は、季節の移ろいや風景の移り変わりを身体で感覚的に感じ取って映像や絵画で表現する佐藤雅晴、西村有、吉開菜央の3名を紹介。 七十二候で「霞始靆」(かすみはじめてたなびく)と呼ばれる2月下旬は、湿気を帯びた空気が浮遊するちりなどと結合し、光に変化をもたらす。そんな、ささやかな日常の変化を身体で敏感に感じとり、レイヤーを重ね、今まで見えていなかった風景を展示空間に浮かび上がらせる。

 佐藤雅晴 《福島尾行》シングルチャンネルビデオ、2018 福島の姿を、癌に冒された自らに重ねてアニメーションを構成
 西村 有 《factory》油彩、キャンバス、2018 実際の風景を絵画で再構成
 吉開菜央『静坐社』映画、2017 大正時代に流行した健康法「岡田式静坐法」の家が取り壊されるにあたっての回想

参加作家によるトーク :無料、予約不要
  2/23(土)午後4時30分〜6時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11621] 【静岡】市美術館/起点としての80年代 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 23:51:12

 静岡駅直結の静岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=3では、現代の美術の年代記を開催中です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「起点としての80年代」〜3/24(日)
    月曜休館(祝日は開館)祝日の翌日休館
    入館料金:一般1100円 高大生・70歳以上700円 中学生以下無料
         障害者手帳等持参者と介助者原則1名は無料
         80年代割引!1980−1989年生まれの方800円!(要身分証提示・他割引併用不可)
         静岡県立美術館「1968年 激動の時代の芸術」展(2/10−3/24)の観覧券(半券可)提示で、本展を団体料金
 1980年代は70年代までのコンセプチュアルで禁欲的な表現から「インスタレーション」や「メディア・アート」など、自由奔放で多様な作品が一気に生まれ「美術」に代えて「アート」という言葉がよく使われるようになった。
 「具体」や「もの派」など70年代までの戦後現代美術の研究は急速に進み、サブカルチャーと共に90年代以降の表現が注目されるなか、80年代の検証はまだこれからでしょう。
 本展は、「メディウムを巡って」「日常とひそやかさ」「関係性」「記憶・アーカイヴ・物語」という4つのキーワードで、19人の作家を紹介して1980年代の日本の美術を見つめる。また静岡の80年代のアートシーンの一端を紹介する「Shizubi Project 7 アーカイヴ/1980年代−静岡」も多目的室で同時開催。
  松井智恵《あの一面の森に箱を置く》
  舟越桂《冬の本》1988
  吉澤美香《無題(テーブル)》《無題(茶だんす)》《無題(掃除機)》《無題(三脚)》
  大竹伸朗《家系図》1986ー88年
  日比野克彦《PRESENT AIRPLANE》1982年
  森村泰昌《肖像(ゴッホ)》1985年 など

学芸員によるギャラリートーク:3/10(日)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11629] 【神奈川】横浜市民ギャラリー/昭和後期の現代美術[3/1(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:52:23

 桜木町の横浜市民ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=10では、3/1(金)から現代美術のコレクション展が始まります。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆横浜市民ギャラリーコレクション展2019「昭和後期の現代美術 ―1964〜1989―」3/1(金)〜3/17(日)
     会期中無休
     午前10時〜午後6時(入館は5時30分まで)
     入館無料
 1964年の開館以来、横浜市民ギャラリーは、1989年の横浜美術館開館まで市内の美術施設として中心的な役割を果たしてきたので、所蔵作品にも当時の横浜の美術シーンが反映されている。1989年は昭和の最終年なので、その背景には「昭和」が深く関わり、現代美術を紹介する年次企画展「今日の作家展」の出品作家の作品を中心におよそ50点を展示し、横浜を舞台に発表された当時─昭和後半期の表現を考察。
 池田龍雄《連作BRAHMANより V章 点生》1981年 油彩、アクリル、紙 
 斎藤義重《ボウパンC・青》1971年 合成樹脂、アルミ板 
 中林忠良《転位’88-地-iI(横浜A)》1988年  エッチング、アクアチント
 高松次郎《青の線と面》1983年 ガッシュ、紙
 村上善男《R気団 76-7》1976年 アクリル、コラージュ、キャンバス
 若江漢字《Winter》1990年 ステンシル
 岡本太郎《まひる》1963年  油彩、キャンバス
 菅木志雄《Spreading Wood ’86》1986年 木、自然石

特集展示「吉仲太造、その表現」
 昭和後期を舞台に実験的な制作を続けた吉仲太造(1928-1985)の全収蔵作品を展示し、表現や時代性を掘り下げ。
 吉仲太造《死の売り声(釘A)》1963年 新聞紙、釘、綿、白土顔料、パネル
     《夜》1974年 シルクスクリーン、油彩、キャンバス

関連イベント(いずれも参加無料、申込不要)
講演:3/3(日)午後2時30分〜4時 4階アトリエにて
「1964年から:現代美術と横浜市民ギャラリー 吉仲太造を中心に」光田由里氏(美術評論家)

学芸員によるギャラリートーク:3/10(日)午後2時〜30分
鑑賞サポーターによるトーク:3/9(土)、3/16(土)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11647] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/28(Thu) 23:13:52

 自由な造形や映像などの現代美術の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【福島】
諸橋近代美術館
 ☆開館20周年企画展 vol.1「シュルレアリスムとダリ(仮称)」4/20(土)〜6/23(日)<5/21 展示替休館>
 ☆開館20周年企画展 vol.2「四次元を探しに:ダリetc.と21世紀の対話(仮称)」7/13(土)〜11/24(日)

【群馬】
ハラ ミュージアム アーク,☆「Yの冒険−原美術館コレクション」3/9(土)〜6/30(日)

【千葉】
城西国際大学水田美術館
 ☆「メディア学部クロスメディアコース卒業制作優秀展2019」3/15(金)4/2(火)4/8(月)〜4/12(金) 

【東京】
アーツ千代田3331
 ☆玉田 多紀「蓮太郎 −成長・記憶・再生−」〜3/17(日)ダンボール造形
 ☆「柳井信乃 The Deep End」〜3/10(日)
 ☆内藤 京平 展 「luna o lunar」〜3/17(日)
 ☆AIR 3331成果発表展 「Notes on Memory and Imagination」3/6(水)〜3/10(日)
ポーラミュージアムアネックス,☆「ポーラ ミュージアム アネックス展2019−捨象と共感−」〜3/17(日)
岡本太郎記念館,☆「太陽の芸術ー岡本太郎のパブリックアートー」〜6/23(日)
トーキョーアーツアンドスペース本郷,☆「予兆の輪郭」4/13(土) ?7/7(日)

【神奈川】
相模原市民ギャラリー
 ☆平成30年度相模原市収蔵美術品展「古川吉重 真島明子 展 ふたりのニューヨーク」3/9(土)〜3/24(日)

【京都】
京都芸術センター,☆「逡巡のための風景」〜3/31(日)
京都市立芸術大学ギャラリーアクア,☆「ジェン・ボー個展」6/1(土)〜7/15(月・祝)

【兵庫】
横尾忠則現代美術館,☆「人食いザメと金髪美女−笑う横尾忠則展」5/25(土)〜8/25(日)
西脇市岡之山美術館,☆横尾忠則 西脇幻想展「光るまち・光る記憶」〜3/24(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11682] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/07(Sun) 19:39:44

 これから見られる、映像や自由な造形などの現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【東京】
アーツ千代田3331,☆「シド・ミード展 PROGRESSIONS TYO 2019」4/27(土)〜5/19(日)
HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー)
 ☆「荒木悠展 : LE SOUVENIR DU JAPON ニッポンノミヤゲ」4/3(水)〜6/23(日)映像
ポーラミュージアムアネックス,☆「ポーラ ミュージアム アネックス展2019−創生と技巧−」〜4/14(日)
東京オペラシティーアートギャラリー
 ☆「トム・サックス ティーセレモニー」
  収蔵品展066「コレクター頌 寺田小太郎氏を偲んで」
  project N 75「衣真一郎」4/20(土)〜6/23(日)
 ☆「ジュリアン・オピー」
  収蔵品展067「池田良二版画展(仮題)」
  project N 76「末松由華利」7/10(水)〜9/23(月・祝)
 ☆「カミーユ・アンロ」
  収蔵品展068「李禹煥版画展(仮題)」
  project N 77「山田七菜子」10/16(水)〜12/15(日)
 ☆「白髪一雄」
  収蔵品展069「愛について(仮題)」
   project N 78「今井麗」2020年1/11(土)〜3/22(日)
原美術館
 ☆「The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project」4/13(土)〜7/28(日)
 ☆「加藤泉−LIKE A ROLLING SNOWBALL」8/10(土)〜2020年1/13(月・祝)
ワタリウム美術館,☆「ジョン・ルーリー展 Walk this way」 4/5(金)〜7/7(日)

【石川】
金沢21世紀美術館
 ☆コレクション展「アジアの風景 / 粟津潔、マクリヒロゲル5」〜5/6(月・振)
 ☆「佐藤浩一 第三風景」4/6(土) 〜9/23(月・祝)映像やインスタレーション
 ☆「大岩オスカール 光をめざす旅」4/27(土) 〜8/25(日)
 ☆特別展示「名和晃平 Foam」4/27(土) 〜8/25(日)インスタレーション

【長野】
小海町高原美術館,☆「しーん。|山極満博」4/6(土)〜6/2(日)現代美術
浅間縄文ミュージアム,☆「池田龍雄作品展 堆積」〜4/21(日)現代美術

【静岡】
ふじ・紙のアートミュージアム,☆「志村陽子展ー森の囁きー」〜6/16(日)インスタレーション

【愛知】
古川美術館・爲三郎記念館
 ☆分館爲三郎記念館特別展 高北幸矢 インスタレーション 「落花ー未終景」5/18(土)?7/15(月・祝)

【大阪】
海岸通ギャラリーCASO,☆「Layers ReturnNew」4/17(水)〜4/21(日)コスプレ写真

【兵庫】
神戸ゆかりの美術館,☆企画展「絵画と社会〜神戸の行動美術各人の道〜」4/13(土)〜6/2(日)
姫路市立美術館,☆「チームラボ 世界は暗闇からはじまるが、それでもやさしくうつくしい」4/20(土)〜6/16(日)

【鳥取】
鳥取県立博物館
 ☆「ニューヨーク・アートシーンーロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで
       滋賀県立近代美術館コレクションを中心に」4/13(土)〜5/19(日)
【福岡】
福岡市美術館
 ☆リニューアルオープン記念展
     「これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレCBE: Flower Power」?5/26(日)
【長崎】
長崎県美術館,☆「クリスチャン・ボルタンスキー ―Lifetime」10/18(金)〜2020年1/5(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.11547] 【香川】高松市美術館/やなぎみわ展 神話機械 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 22:35:30

 高松市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=37&c=4
で行われている現代美術の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展 高松市美術館開館30周年記念「やなぎみわ展 神話機械」〜3/24(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   午前9時30分〜午後7時(但し日曜は5時閉館:入室は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1000円 大学生500円 高校生以下無料
        身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料
 1990年代から現在に至るまで、現代美術、演劇界でも活躍してきた美術家やなぎみわ(1967〜)の、最新作を含めた10年ぶりの個展。
 初期には《マイ・グランドマザーズ》など一連の写真作品で高い評価を受けたやなぎみわは、2010年には本格的に演劇プロジェクトを始め、大正期の日本を舞台に新興芸術運動の揺籃を描いた『1924』三部作が評判を呼び、また2014年台湾で製造したステージ・トレーラーをステージの母体に2016年から日本各地を巡礼する野外劇を企画。
 本展では、やなぎのこれまでの代表的なシリーズや舞台の仕事を紹介するほか、2016年から日本神話と桃をテーマに福島の果樹園で取り組んできた『古事記』を題材にした写真シリーズ《女神と男神が桃の木の下で別れる》を、日本で初めてまとめて紹介。また、本展に向け2017年には、やなぎと京都・高松・前橋・福島の大学等5校が連携協力する「モバイル・シアター・プロジェクト」を立ち上げ、美術と機械工学と舞台芸術がクロスオーバーする展示空間には、4機のマシンによる新たな神話世界を生み出す。
 《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》2016年
 《神話機械・スケッチ》2018年
 《次の階を探してI》1996年
 《My Grandmothers : MINEKO》 2002年
 《My Grandmothers : YUKA》 2000年
 《Untitled I》2004年

やなぎみわトークショー:3/9(土)午後2〜3時30分(1時30分開場)
  1階講堂にて、無料、予約不要 先着80名

やなぎみわワークショップ「機械と朗読」:3/10(日曜日)
午後1時30分〜4時  1階講堂にて、500円、中学生以上先着15名
電話にて申込み

エントランス・ミニコンサート「Five Women Musicians」
2/23(土)午後1時30分〜2時 1階エントランスホール 無料
西浦弘美(ヴァイオリン)、中村怜子(トランペット)、高橋愛美(ホルン)、眞砂美輪(トロンボーン)、大山まゆみ( ピアノ)
 
ギャラリートーク:学芸員 2/16(土)午後2時〜
  ボランティアcivi 会期中の毎日曜日・祝日 午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11600] 【東京】都庭園美術館/岡上淑子 フォトコラージュ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/20(Wed) 23:17:37

 白金台の東京都庭園美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=52で開催中の企画展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」〜4/7(日)
    第2・第4水曜日(2/27、3/13、3/27)休館
    午前10時〜午後6時 (3/29、3/30、4/5、4/6は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般900円 大学生(専修・各種専門学校含む)720円 中高生450円 65歳以上450円
          小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
          身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳
            をお持ちの方と介護者1名は無料
          教育活動として教師が引率する都内の小中高生と教師は無料(事前申請要)
          第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料

 岡上淑子は、日本におけるシュルレアリスム運動を先導した瀧口修造に見出され、写真媒体を活用したフォトコラージュ作品で1950年代に才能を開花させた。作品は、LIFEのような海外のグラフ雑誌や、VOGUEやHarper's BAZAARといったファッション誌を素材し、戦後復興期の時代を反映した報道写真による背景と、当時最先端のモードは、鮮やかな対比を描き、独特の美や世界観を導く。本展では、国内所蔵に加えて米国ヒューストン美術館の貴重な所蔵作品が、この度初めて日本へと里帰りし、作家による詩篇や後に描かれたスケッチ、関連資料、京都服飾文化研究財団所蔵のドレスによる参考展示などとともに紹介。
    《夜間訪問》 
   、《幻想》
    《沈黙の奇蹟》
    《轍》
    《懺悔室の展望》
    《会議》など

ギャラリートーク:2/22(金)午後3時〜

講演会:3/21(木・祝)午後2〜3時30分、新館ギャラリー2にて、入館券のみ
「沈黙の薔薇―岡上淑子の視覚世界」神保京子氏(学芸員)
※2/21(木)午前10時より館サイト上で予約開始
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明