[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.11457] 【版画彫刻】2019年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 19:41:37

 年始から見られる、版画や彫刻の展覧会を紹介します。この発言を2019年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
市立小樽美術館,☆「幻視者 一原有徳の世界14 版の軌跡」〜2019年4/21(日)

【千葉】
千葉県立美術館,☆「具象彫刻展ー具象彫刻の先駆者たちー」1/29(火)〜4/14(日)

【東京】
森アーツセンターギャラリー,☆「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」2019年1/17(木)〜3/24(日)
永青文庫
 ☆早春展「石からうまれた仏たち―永青文庫の東洋彫刻コレクション―」 2019年1/12(土)〜4/10(水)
東京藝術大学 大学美術館,☆「本郷寛退任記念展 ―黙示―」2019年1/8(火)〜1/20(日)彫刻
すみだ郷土文化資料館,☆特集展示「忠臣蔵−赤穂忠臣録絵巻と浮世絵ー」〜2019年1/27(日)
浮世絵太田記念美術館
 ☆企画展「かわいい浮世絵 おかしな浮世絵」2019年1/5(土)〜1/27(日)
 ☆企画展「小原古邨」前期:2019年2/1(金)〜2/24(日)
             後期:2019年3/1(金)〜3/24(日)
山崎記念 中野区立歴史民俗資料館,☆館蔵品展「浮世絵の雅」2019年1/15(火)〜2/17(日)
切手の博物館,☆「再結成! 切手のオーケストラ展」2019年1/5(土)〜3/31(日)
お札と切手の博物館,☆特別展「お札の色・切手の色〜偽造を防ぐ技と美〜」〜2019年3/3(日)
東京富士美術館,☆特別展 没後50年「藤田嗣治 本のしごと」2019年1/19(土)〜3/24(日)
町田市立国際版画美術館
 ☆企画展「新収蔵作品展 Present for you」2019年1/5(土)〜2/17(日)
 ☆企画展 第32回「町田市公立小中学校作品展」2019年1/11(金)〜2/17(日)
 ☆ミニ企画展「浮世絵と百人一首」2019年1/5(土)〜4/7(日)
 ☆企画展「パリに生きた銅版画家 長谷川潔展―はるかなる精神の高みへ―」2019年3/9(土)〜4/7(日)
平櫛田中彫刻美術館
 ☆企画展「小平と平櫛田中 最晩年の暮らしを潤した小平での歳月」 2019年1/6(日)〜2/24(日)

【神奈川】
横浜美術館
 ☆「イサム・ノグチと長谷川三郎ー変わるものと変わらざるもの」2019年1/12(土)〜3/24(日)
 ☆横浜美術館コレクション展「リズム、反響、ノイズ」 2019年1/4(金)〜3/24(日)
 ☆「最果タヒ 詩の展示」2019年2/23(土)〜3/24(日)

【愛知】
松坂屋美術館
 ☆サンダーソンアーカイブ「ウィリアム・モリスと英国の壁紙展−美しい生活をもとめて−」2019年1/2(水)〜2/17(日)
三菱UFJ銀行貨幣資料館,☆浮世絵展「広重 魚づくし」〜2019年2/24(日)
かみや美術館,☆企画展「大津絵展」2019年1/6(日)〜3/31(日) 

【京都】
京都国立近代美術館
 ☆「世紀末ウィーンのグラフィック
    デザインそして生活の刷新にむけて」2019年1/12(土)〜 2/24(日)
京都dddギャラリー,☆第219回企画展「組版造形 白井敬尚」2019年1/12(土)〜3/16(土)

【岡山】
野崎家塩業歴史館,☆「野崎家のカレンダー原画展」〜2019年1/27(日)

【香川】
高松市歴史資料館
 ☆収蔵品展「イメージの形成と拡散−メディアとしての錦絵・刷物−」(仮称)2019年 2/2(土)〜3/24(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11469] 【広島】県立美術館/サヴィニャック[1/5(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 23:44:12

 縮景園隣の広島県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=3では、パリのポスター作家の展示を1/5(土)から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」2019年1/5(土) 〜2/11(月・祝) 
    会期中無休
    開館時間:午前9時〜午後5時(金曜日は7時まで、入場は閉館30分前まで)
         1/5(土)は午前10時開場
    入館料金:一般1200円
高大生800円 小中生500円 
        身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者1名は半額
        県美×現美×ひろ美 相互割引
 シンプルな造形と鮮やかな色彩、ユーモアに満ちた表現でフランスを代表するポスター作家、レイモン・サヴィニャック。ヨーロッパの有力企業のビジュアル広告を手がけたサヴィニャックの3メートルに及ぶ迫力の大型ポスターから、創造のプロセスに光をあてる原画、ポスターが並ぶ当時の風景写真まで約200点を展示。
 レイモン・サヴィニャック 《ドップ:清潔な子どもの日》 1954年
     《「デクーヴェルト/発見」原画》1990年頃 
     《牛乳石鹸モンサヴォン》1948/50年 
     《エール・フランス航空:世界で一番広いネットワーク》1956年
     《ひとりでに編めるウット毛糸》1949/51年 
     《フリジェコ:良質の冷蔵庫》1959年 
     《ルノー4》1963年 
     《早く!アスプロ(鎮痛剤)》1963年 
講演会:1/26(土)午後1時30分〜3時[開場1時]地階講堂(先着200名)事前申込不要、無料
「サヴィニャック:魔法のひみつ」植木啓子氏(大阪新美術館建設準備室 研究副主幹)

美術講座:2/3(土)午後1時30分〜3時[開場1時]地階講堂(先着200名)事前申込不要、無料
「ポスターの街・パリとサヴィニャック」森万由子氏(学芸員)

学芸員によるギャラリートーク:1/11、25、2/1(金)午前11時〜
    1/18、2/8(金) 午後5時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11478] 【香川】県立東山魁夷せとうち美術館/語りかける風景/冬のドイツ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 21:16:56

 坂出市の香川県立東山魁夷せとうち美術館
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=37&c=19
は1/2(水)から開館します。現在の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
☆2018年度 第3期テーマ作品展 〜2019年1月27(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般・大学生300円 高校生以下、満65歳以上の方、身体障害者手帳をお持ちの方は無料
「語りかける風景/絵の主人公を探して」
 白馬や滝、空の月や樹木の一つひとつを、絵の中の登場人物と見なすと、私たちに何かを語りかけている。作品から空想の物語を紡ぎ出す。
    《夕凪(朝涼)》《緑景》《灯台への道》《コンコルド広場の椅子A》
「冬のドイツ/巡り来る季節の中で」
 留学時代の青春の思い出を胸に、魁夷が旅して描いたドイツの風景、魁夷の人生のなかで春夏秋冬は一度きり、その寒さの中に思い出をみる。
    《狭霧晴れゆく》《湖岸 大下図》《聖夜》《霧立つ山湖》など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11500] 【京都】国立近代美術館/世紀末ウィーンのグラフィック 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/29(Tue) 00:55:13

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=20で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて」〜2/24(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     午前9時30分〜午後5時(金、土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1000円 大学生500円
       夜間料金:夜間開館時の5時以降、一般800円 大学生400円)
       高校生・18歳未満は無料、心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)
2/24(日)は天皇陛下御在位30年を記念して無料
 2015年にアパレル会社の創業者、平明暘氏が蒐集した世紀末ウィーンのグラフィック作品コレクションを収蔵した。1897年の分離派結成から1914年の第一次世界大戦勃発までのウィーンでは、グスタフ・クリムトやヨーゼフ・ホフマンらを中心に、新しい時代にふさわしい芸術そしてデザインのあり方が模索され、数多くの素晴らしい成果が生まれた。印刷技術の発達や雑誌メディアの隆盛を背景に、新しい芸術の動向を人々に伝え、社会に浸透させる重要な役割を担ったグラフィック作品。
 本展では、コレクションの全貌を紹介し、同じく平明氏旧蔵のリヒャルト・ルクシュによる石膏彫像と貴重なアドルフ・ロースの家具一式をも加え、世紀末ウィーンの息吹と魅力を伝える。
  ヘルマン・バール(著)/ヨーゼフ・マリア・オルプリヒ(表紙デザイン・挿画) 『分離派』1900年
  キャバレー〈フレーダーマウス〉 上演本第1号、表紙・装丁:カール・オットー・チェシュカ、1907年など

ギャラリーツアー:1/25(金)、2/8日(金)、2/15(金)午後5時より1時間程度
 本橋仁氏(特定研究員)先着20名 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11589] 【京都】国立近美:世紀末ウィーンのグラフィック 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/19(Tue) 21:50:08

 2/17(日)に京都国立近代美術館の「世紀末ウィーンのグラフィック デザインそして生活の刷新にむけて」を見に行きました。
ウィーンには一度しか行ったことはないのですが、ヨーロッパの雰囲気を楽しみたくなりましたので。
 「ウィーン分離派」と言えば、クリムト、シーレと言ったところが有名で官能的でちょっと進んだ感じの表現…と思っていましたが、分離派自体は、高尚な芸術も庶民的なものも分け隔て無くアートである…というところを目指していたとのことなので、美しいデザインの分かりやすいものが多数でした。「グラフィック」ということですので、印刷に乗りやすい木版画が目立っていましたね。活動の中心の一つ、雑誌「ヴェル・サクルム(聖なる春)」というのは、まるで日本の「白樺」を思い起こさせました。もちろん、十数年後発の「白樺」の方がこちらを学んでいるのでしょうが。
 展示の版画でもっとも気に入ったのは、カール・モルのハイリゲンシュタットの街並み(ベートーヴェンの家のある町)を描いた連作。色や濃淡のない、線だけの世界で、建物の影を有効に使って奥行きを表現しているのに感嘆しました。ここでの展示は、2/24(日)までですが、東京へ巡回して目黒区美術館にて4/13(土)〜6/9(日)に開催されます。

 ところで、この日は京都マラソン開催で、人出でいっぱいだったのですが、そんな中で昼食に入ろうとして…ここや京都市美術館へ来た時に学生時代からいつも利用していた、神宮道角のレストランが更地になっていて、ショックでした。まぁ、京都の美術館に親しんで…長い期間が経ったんだなぁ。
      .                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.11501] 【兵庫】伊丹市立美術館/カリカチュールがやってきた! 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/29(Tue) 00:55:58

 みやのまえ文化の郷の伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=83では、フランスの諷刺画の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆collection2「カリカチュールがやってきた!19世紀最高峰の諷刺雑誌」〜2/24(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般500円 高大生250円 小中生100円
 1830年にパリで画期的な絵入諷刺雑誌「カリカチュール」が創刊され、言論弾圧を発端に起こった七月革命の空気のなか諷刺画家であったフィリポン(1800-62)が主宰となり、自由と平等の精神のもと、七月王政に対し痛烈な批判を繰り広げる。
「カリカチュール」誌は、ヴィジュアルを重視した出版物の先駆けでもあり、新しい版画技法であるリトグラフをいち早く取り入れるとともに、若手画家を積極的に起用し、質の高い諷刺画を毎号掲載。強力な訴求力を発揮する同誌で、とりわけ時の王ルイ・フィリップの下膨れの顔を洋梨に見立てた姿は、王のアイコンとして圧倒的人気を博した。
 本展では筆頭画家として活躍したグランヴィル(1803-47)はじめ、後半に痛烈な表現で同誌を牽引したドーミエ(1808-79)など創意に富んだ「カリカチュール」誌の主要な諷刺画を紹介し、夢想的な挿絵画家へと転身し、後のシュルレアリスムに大きな影響を与えたグランヴィルの後半生にも注目。
  J.J.グランヴィル《動物界・博物学の部屋 3》カリカチュール第133号(1833年5月23日)
           『生命を与えられた花々』扉絵 1847年刊
  作家不詳《豪勢な鼻のオベリスク》カリカチュール第149号(1833年9月12日)
  シャルル・フィリポン《民衆の紋章、中道の紋章》カリカチュール第30号(1831年5月26日)
  オノレ・ドーミエ《1831年の仮面の数々》カリカチュール第71号(1832年3月8日)など

ギャラリー・トーク:1/26(土)午後2時〜 (約30分)

不思議な”キッチン・リトグラフ”
 衣川泰典氏(美術家)
 2/9(土)午後2〜3時、美術館1F講座室
 小学生以上対象(小学3年生以下は保護者同伴)定員20名
 参加費1000 円(観覧料込)電話または館サイトの申込フォームより申込み
 締切2/3(日)* 応募者多数の場合は抽選
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11508] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/02(Sat) 00:49:17

 版画や彫刻の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【北海道】
本郷新記念 札幌彫刻美術館,☆彫刻家・本郷新の見た「異国」〜3/14(木)
札幌芸術の森,☆2019年度展覧会「札幌美術展 砂澤ビッキ―風―」4/27(土)〜6/30(日)
北海道立釧路芸術館
 ☆荒井記念美術館所蔵「ピカソ版画展―初期から晩年まで60年の軌跡」〜3/10(日)
有島記念館,☆企画展「冬の藤倉英幸展 Part1」〜3/17(日)

【千葉】
成田羊羹資料館
 ☆第31回企画展「和菓子のレトロ掛け紙展−残したい日本の美しい文化−」〜2019年3月末日

【東京】
東京ステーションギャラリー,☆「メスキータ」6/29(土)〜8/18(日)デザインや版画
アド・ミュージアム東京,☆「世界のクリエイティブがやってきた!」〜3/16(土)
すみだ北斎美術館,☆企画展「北斎アニマルズ」2/5(火) 〜4/7(日)

【神奈川】
横須賀美術館,☆谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展「なつかしの道具たち」〜4/14(日)

【新潟】
棟方志功アートステーション,☆第3期 「棟方志功が描く美女展」〜3/21(木・祝)

【富山】
黒部市美術館,☆「彫刻家 中谷唯一の世界」〜3/16(土)
松村外次郎記念 庄川美術館
 ☆「松村外次郎展〜外次郎と交流作家たち〜」〜2/11(月・祝)彫刻

【山梨】
山梨県立美術館
 ☆萩原英雄コレクション「マルク・シャガールによる「出エジプト記」の連作版画23点」〜3/3(日)
南アルプス市立美術館,☆「フランス国立図書館版画コレクション ピカソ」〜2/11(月・祝)

【長野】
日本浮世絵博物館,☆「浮世絵に見る信州」〜3/24(日)
須坂版画美術館 平塚運一版画美術館
 ☆「新日本百景」2/8(金)〜5/6(月・振)
 ☆「畦地梅太郎特集」2/8(金)〜5/6(月・振)
 ☆「小林朝治の木版画」2/8(金)〜5/6(月・振)
信州高遠美術館,☆「木内克・福沢一郎 二人展」〜2/17(日)

【岐阜】
東山魁夷心の旅路館(版画作品常設展示館),☆第IV期展「信濃路を描く」〜3/19(火)
みのかも文化の森美濃加茂市民ミュージアム
 ☆版画展「版画史と「私」舩坂芳助・堀江良一・安藤真司を中心に」〜3/3(日)

【静岡】
静岡市東海道広重美術館
 ☆「江戸のそら」
  同時開催「職人ワザ−浮世絵を支える彫りと摺り−」2/5(火)〜3/31(日)
MOA美術館
 ☆「北斎漫画と冨嶽三十六景」4/19(金)〜5/21(火)
 ☆「広重が描いた静岡 東海道五十三次を中心に」5/24(金)〜6/25(火)
島田市博物館分館(海野光弘版画記念館・島田市民俗資料館)
 ☆「海野光弘 風雪〜叙景を詠う〜」2/2(土)〜3/24(日)

【愛知】
清須市はるひ美術館,☆収蔵作品展「どこからみる?彫刻・立体作品の魅力」〜3/8(金)

【滋賀】
佐川美術館,☆「佐藤忠良 建築でも風景でもない彫刻」〜 3/31(日)

【京都】
清水三年坂美術館,☆「帝室技芸員の仕事 彫刻篇」8/24(土)〜11/17(日)

【大阪】
上方浮世絵館,☆第70回企画展「実川家の役者たち」〜3/3(日)
東大阪市民美術センター,
 ☆特別展「木彫りどうぶつ大集合! はしもとみおの世界展」〜3/3(日)

【兵庫】
神戸ファッション美術館,☆「息を呑む繊細美 切り絵アート展」 〜3/24(日)

【鳥取】
祐生出会いの館,☆第20回記念「年賀状版画コンクール受賞作品展」〜3/31(日)

【岡山】
夢二郷土美術館
 ☆本館企画展2018年 本館 冬の企画展
    「松田基コレクションVIII 夢二名品展・特別展示〈祈り〉」〜3/17(日)
【愛媛】
大洲市立肱川風の博物館・歌麿館,☆「北斎 〜復刻版〜 冨嶽三十六景展」〜4/1 (月)
久万高原町立久万美術館
 ☆H30久万美コレクション展2
    「生誕100年記念 対比の美 田中坦三」1/19(土)〜5/12(日)彫刻中心
【高知】
横山隆一記念まんが館,☆「酒井敦美 光の切り絵展〜心の中へ」〜3/3(日)

【長崎】
山本美術館,☆2019年特別企画展第1弾「小林清親展〜文明開化の浮世絵師〜」〜3/31(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11521] 【兵庫】神戸ファッション美術館/切り絵アート展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:39:46

 ポートライナー・アイランドセンターの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1では、切り絵アート展を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「息を呑む繊細美 切り絵アート展」〜3/24(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金: 一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
 紙をはさみやナイフで切って人物や風景などを表現する「切り絵」だが、平面的、モノトーンのイメージから解き放たれ、現代作家たちの自由な発想で個性的な作品を紹介。
  倪瑞良(にいみずよし) 「薔薇色の季節」(1999年) 
  林敬三 「七人の侍」(2009年) 
  柳沢京子 「抒情する蛍」(1992年) 
  辰己雅章 「赤ずきん」(2009年) 
  関口コオ 「ひまわり」(1982年) 
  福井利佐 「carpIV 2016」(2016年) 
  百鬼丸 「武田信玄」(2014年) 
  井出文蔵 「一寸法師」(2004年) 
  筑紫ゆうな 「無題」(2012年) 
  蒼山日菜 「Voltaire(ヴォルテール)」(2009年)  
  酒井敦美 「春の羽根」(2016年)など

ワークショップ 「親子で、神戸ポートタワーを切り絵で作ろう」3/2(土)午後2〜4時30分
 4F第1セミナー室 切り絵作家 民井達也氏
 定員:親子20組(子どもは8歳以上、事前申し込み、先着順)
 参加費1人1000円(材料費、保険料含む) ※要入館券
 申込方法:親子の(1)名前(2)年齢(3)住所(4)連絡先を明記し、
 メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か電話(078-858-0050)で申し込み
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

 2/2(土)に訪れています。仕事が一段落し、久しぶりに1日休める休日になりましたので、ほっと一息ミュージアム鑑賞。
 広い意味ではトレンドかも知れませんが、服飾文化のファッションではない企画展は珍しい。
 会場に入った途端の 百鬼丸「中国怪奇物語」で、展覧会サブタイトルの「息をのむ繊細美」の意味が分かりました。人の表情や細かい動きも、細い線を切り残すことで表現してしまう技。「切り絵」というと藤城清治のメルヘン、素朴、という感じの美しさだけを考えていましたから。
 次に表れた倪瑞良の女性美の作品群は、ミュシャか、ギュスターブ・モローの作品を彷彿とさせて、細密で美しい!
 蒼山日菜の 「Voltaire(ヴォルテール)」などという作品は、アルファベット筆記体を数十行も一連に切り抜いた驚異的なもの。
 林敬三の“彫紙”と称する、色紙を重ねて切り込み、色・模様を利用する手法も、うならせるものでした。
 今回、私は目新しく見ましたが、常設展示館は静岡県にあるとのことで、ここでは未紹介ですので、データをあげておきます。

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11522] 【静岡】富士川・切り絵の森美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:40:25

==================================================================
施 設 名:富士川・切り絵の森美術館
ふりがな:ふじかわきりえのもりびじゅつかん
英文表記:FUJIKAWA KIRIE ART MUSEUM  
分野 :美術(切り絵)
郵便番号:409-2522
都道府県:山梨県
市区町村:南巨摩郡身延町  富士川クラフトパーク内
所在地:下山1597番地
電話番号:0556-62-4500  
FAX:  
URL:https://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/index.php?content_id=3
公共交通:JR身延線下部温泉駅よりタクシー利用で約5分
道路案内:中央自動車道甲府南インター下車、国道140号線(笛吹ライン)を経由して約50分
 中央自動車道双葉ジャンクションより中部横断自動車道六郷インター下車約15分
 中央自動車道河口湖インター下車、国道139号線を経由して約60分
 新東名高速道路新清水インター下車、国道52号線経由約50分
開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(10〜3月は午前10時〜午後5時、入館は閉館30分前まで)
休 館 日:水曜日(祝日は開館、翌日休館) 年末年始
入館料金(常設時):一般500円 小中生200円
展示内容:日本の著名な作家による代表作品や、スイスをはじめとする海外の作家による作品、さらには国際切り絵コンクールにおける入賞・入選作品など
観覧時間:
その他(販売・友の会など):
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.11524] 【北海道】釧路芸術館/ピカソ×版画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 00:05:13

 北海道立釧路芸術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=67で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ピカソ×版画 荒井記念美術館コレクション」〜3/10(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般 800円(700円) 高大生 400円(300円) 小中生 100円(50円)
             ※( )内は親子料金、リピーター、10名以上の団体料金。
 20世紀にキュビズムをはじめ同時代の作家達に大きな影響を与えた巨匠ピカソは、生涯にわたって約2000点におよぶ版画作品を制作。自在な線描や大胆な構図、連作形式が生み出されるなどピカソの魅力があふれる。国内有数のピカソ版画コレクションで知られる荒井記念美術館の所蔵品から100点の作品を紹介。
   女の顔 1905.01 エッチング
   貧しい人々 1905 エッチング
   男の胸像 1905.02 ドライポイント
   二人のサルタンバンク 1905.03 ドライポイント
   バルザック『知られざる傑作』より 画架の前の禿げた画家 1927 エッチング
   オウィディウス『変身物語』より ケンタウロスのネッソスを殺すヘラクレ 1930.09.20 エッチング
   ジャクリーヌの横顔 1957.05.24 リトグラフ
   帽子を被った女 1962 リノカット
   仕事をする画家 1963.11.01 アクアチント、ドライポイント、ビュラン
   モデルと画家 1963.11.10 エッチング、ビュラン、アクアチント    など

ミュージアムセミナー「名画は語る」午前11時〜約60分、アートホール、無料
2/14(木)「信貴山縁起絵巻−平安時代の絵巻物と信仰の表現」熊谷麻美氏(学芸員)
2/28(木)歌川国芳「源頼光館土蜘作妖怪図−江戸後期の奇想とあそび」新明英仁氏(市立小樽美術館長)
3/7(木)ムンク「叫び−19世紀末北欧美術のなかで見る」中村聖司氏(学芸主幹)

ギャラリーツアー(作品解説)午後2時〜 約30分
2/16(土)「ピカソ版画の技法について」釧路版画協会会員
3/2(土)「ピカソのテーマや作風について」中村聖司氏(学芸主幹)

コンサート「明日ハ晴レカナ、曇リカナ〜武満徹 SONGS〜」3/3(日)午後2時〜約60分
 アートホールにて、無料
 柳生たみ氏(ソプラノ)雪田理菜子氏(ピアノ)

ワークショップ「きがるにチャレンジ!楽しい版画たいけん」(事前申込制、各回10名)
3/9(土)午前の部:10〜12時、午後の部:1時30分〜3時30分
  マシオン恵美香氏、川端槇子氏(釧路版画協会会員)
  対象:小学生以下は保護者同伴
 2/16(火)から電話(0154-23-2381)か、2階事務室へ(火〜日曜の午前9時〜午後5時受付)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11525] 【群馬】アーツ前橋/アジアの木版画運動 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/05(Tue) 00:05:54

 アーツ前橋http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=3
で開催されている版画の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s−2010s」〜3/24(日)
     水曜休館
     午前11時〜午後7時(入館は6時30分まで)
     入館料金:一般500円 学生・65歳以上300円 高校生以下無料
            トワイライト割(5時以降)300円
 身近な安い材料で簡単に作ることが出来、白と黒だけで新聞など、印刷してもインパクトを与えることが出来る木版画は、通常の美術作品よりも民主的メディアと言える。そこで、20世紀初頭から現在まで、民主化運動や労働運動、反グローバリズム運動など、連帯を求めるアジア近代化の闘いのなかで重要な役割を果たした。
  スハルジャ・ブジャナディ《農民のための土地》「人民日報」1964年10月25日号
  タリン・バディ(インドネシア)《泉を守れ》2009年
  ホン・ソンダム《五月-25 大同世-1》1984年
  レオニーリョ・オルテガ・ドロリコン(フィリピン)《農園のなかで》2014年
  バンクロック・スゥラップ(マレーシア)《民衆の祝祭》2017年 など

学芸員によるギャラリーツアー:2/9(土)3/10(日)午後1〜2時 地下ギャラリーにて、申込不要、総合案内前
ロビーライブ:Vol.19「沖縄民謡&サーフ」3/9(土)午後2〜3時 Maico 交流スペースにて
トーク:3/16(土)午後2〜3時、スタジオにて。40名、要事前申込
「転換期の文化と運動 戦後初期の版画」ジャスティン・ジェスティ氏(ワシントン大学教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明 


  [No.11563] 【東京】ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション/南桂子展 コト、コト。コトリ。 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/13(Wed) 23:48:07

 水天宮前のミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=35で開催されている展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「南桂子展 コト、コト。コトリ。」 〜4/11(木)
     月曜休館
     午前11時〜午後5時(土日祝は10時開館
                  第1・3金曜(3/1、3/15、4/5)は8時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:大人600円 高大生400円 中学生以下無料
 コト、コト。コトリ。生い茂る草花の中から、森の小道から、木々の隙間から小さく物音の聞こえてきそうな風景。
 高等女学校時代から絵画や童話の制作に励み、戦後、浜口陽三との出会いを機に銅版画の道へと歩を進めた南桂子(1911-2004)の作品は、無数の繊細な線を銅版に彫ることで作り上げられる。鳥や少女を主人公にしたその作品はユニセフの発行物に採用されるなど高く評価される南桂子の銅版画約50点と、浜口陽三の銅版画約10点を展示。

色と線の重なり 友禅染め・ワークショップ:3/10(日)【午前】10時30分〜12時30分 【午後】2〜4時
 クワバラマキコ氏(手描友禅職人・染め工房 造舎)
 2,000円+入館料 電話にて受付(先着順、10歳以下の子どもは必ず保護者同伴)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11565] 【長野】上田市立美術館/gone girl 村上早 展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/15(Fri) 00:02:01

 上田市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=36で開催中の版画家の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「gone girl 村上早 展」〜3/17(日)
    火曜休館
    入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円
         障害者手帳携帯者と介助者1名200円引き
 1992年群馬県生まれ。2010年武蔵野美術大学入学時から銅版画を始め、大学院在学中の2015年に「FACE 2015 損保ジャパン日本興亜美術賞」優秀賞、「第6回山本鼎版画大賞展」大賞、「トーキョーワンダーウォール賞」などの連続受賞を機に注目を集めた村上 早 (むらかみ さき)が人間の心の傷や悩みの心象風景を銅版に刻み付け、薄い和紙に刷り取り昇華させる独創的な世界。版画というジャンルを越え、現代アートとして人々を魅了する銅版画家 村上早の個展を開催。縦横1メートルを超える大作や未公開の作品及び小品を展示する初の大規模展。
  《息もできない》 銅版 2015年
  《かくす》 銅版 2016年
  《ふうせん2》 銅版 2018年
  《花をさく》 銅版 2018年 など

ギャラリートーク (学芸員による見どころ解説):3/9(土)午後1時30分〜2時15分
ナイトミュージアム:3/2(土)午後7時(最終入館6時)
対話型鑑賞会:参加者同士で作品の印象などを自由に語りながら鑑賞:3/2(土)午後5〜6時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11578] 【長崎】県美術館/青木野枝 ふりそそぐものたち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 00:10:02

 長崎市の長崎県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=17で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「青木野枝 ふりそそぐものたち」〜3/24(日)
    2/25(月)3/11(月) 休館
    開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1200円 大学生・70歳以上1000円 高校生以下無料
          障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額。

 大学在学中より一貫して鉄を素材に作品を制作してきた彫刻家・青木野枝は、工業用の鉄板を溶断し切り抜いた持ち運び可能なピースの一つ一つを、まるで空間に置いて行くように溶接し、つなぎ合わせることで作品を生み出す。まるで空中に描かれたドローイングのように展開し、見る者と空間を共有する。近作および新作のインスタレーションによって構成し、石鹸や石膏など近年青木が鉄とともに用いてきた素材に加え、色ガラスという新たな素材を使用した作品も公開。
 本展は、会場内の撮影(動画含む、フラッシュ不可)が可能(他の鑑賞者への要配慮)
    《ふりそそぐもの/赤》2018年 鉄・ガラス
    《Untitled》1992年 鉄、卵、銅線 
    《水のとどまるところIV》2007年 ブロンズ(鋳造)、水 
    《立山/2012》2012年 鉄、石鹸 
    《空の水》2018年 鉄、石鹸   など

学芸員によるギャラリートーク:2/24(日)3/10(日)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明 


  [No.11579] 【大阪】グランフロント大阪/グラフィックトライアル2018 -PASSION-[2/21(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 00:10:49

大阪駅前のグランフロント大阪ナレッジキャピタルhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=42で、今週2/21(木)から始まる展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「グラフィックトライアル2018 -PASSION-
   グラフィックの可能性を印刷で探るポスター展」2/21(木)〜2/25(月)
      午前10時〜午後7時
      入館無料
 グラフィックデザインと印刷表現の関係を深く追求し、 新しい表現を模索獲得するための試みの今年のテーマは〈Passion〉。
 理性と対比された愛、欲望、怒り、憎しみ、悲しみ、喜びなどの感情、あるいは物事に対する愛着や熱中は、創作の源とされてきたものだが、そのクリエイターの〈Passion〉を凸版印刷のプリンティングディレクターが受け止めてつくりあげた多彩な表現の世界。
  宇野亞喜良「pasjo」
  八木義博(鉄と,トルク,)
  サンティ・ロウラチャウィ「MIND」
  鈴木晴之「Changing」

特別講演:2/24(日)午後3〜4時30分 グランフロント大阪 北館 タワーB 10階
 ナレッジキャピタル カンファレンスルーム タワーB RoomB05+06 定員100名
 館サイトの予約フォームより事前予約(定員になれば申込締切)
「広告写真の撮影現場」馬場道浩氏(フォトグラファー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明 


  [No.11620] 【長野】日本浮世絵博物館/浮世絵にみる信州 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 23:49:45

 松本市大庭の日本浮世絵博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=20&c=14で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「浮世絵にみる信州」〜3/24(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般1000円 中高大生500円 小学生以下無料
         20名以上の団体、60歳以上、障害者手帳をお持ちの方、JAF会員、松本市歴史の里の半券持参者100円引き
 江戸時代に、善光寺や浅間山などの名所や、信州を舞台にする物語や合戦、木曽街道(中山道)の宿駅を描いた浮世絵木版画が盛んに刊行された。陸路や航路が整備され、人や物の行き来が活発になった江戸時代に、紀行文や名所図会の刊行で特色ある地方の様子が広く伝わり、信州もまた江戸時代の人々が思いを馳せたことを楽しむ。
   歌川広重「善光寺みやけ 木曽のかけはし」 など 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11633] 【京都】美術館「えき」KYOTO/久保 修 切り絵の世界[3/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:57:47

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=70で3/9(土)から開催される展示を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「久保 修 切り絵の世界−紙のジャポニスム−」3/9(土)〜4/7(日)
     会期中無休
     開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般800円 高大生600円 小中生400円
          障害者手帳ご提示の方と同伴者1名無料
 大学建築科在学中に切り絵に出会い、独学で始めた切り絵画家、久保 修くぼ しゅう(1951年―山口県美祢市生まれ)は様々な素材を使い表現するミクストメディア(混合技法)と呼ばれる独自の技法を築きあげ、質感や立体感、遠近感を感じさせ、線の太さによって光と影を表現。描いた絵を和紙と重ねてアートナイフで切り抜くが、残った黒い線が全てつながっているのが大きな特徴。旅行記の新聞連載や郵便ふるさと切手、年賀はがき、飲料缶などで作品が使われ、2010年には文化庁文化交流使としてニューヨークを拠点に活動、また国際交流基金主催事業などで継続的に日本文化を紹介。本展では季節の食材や京都の風景を切り取った作品など、約100点の切り絵を紹介。
  「アスパラガス」「甘鯛」「東茶屋街情景」「ハス畑の風景」「通り雨」「順風」 など

久保 修 ギャラリー・トーク:3/9(土)10(日)24(日)25(月)午前11時・午後1時30分・3時〜
  3/23(土)午後1時30分・3時〜 約30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11645] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/28(Thu) 23:12:29

 版画や彫刻の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【秋田】
秋田県立美術館,☆特別展「歌川広重 二つの東海道五拾三次 保永堂版と丸清版」〜3/21(木・祝)

【山形】
伝国の杜 米沢市上杉博物館
 ☆企画展「アートでZOO
  ―杉山明博造形の世界 日本人のこころとかたち―」8/10(土)〜9/16(月・祝)<8/28(水)休館>
広重美術館
 ☆3月展「花こよみ」3/1(金)〜3/25(月)
 ☆4月展・5月展「浮世絵でたどる時代〜江戸・明治・大正・昭和〜」前期:3/29(金)〜4/22(月)
                     後期:4/26(金)〜5/27(月)
 ☆6月展「広重 山河の美」5/31(金)〜6/24(月)
 ☆7月展「東海道を味わう」6/28(金)〜7/29(月)
 ☆8月展「あやかし〜浮世絵にみる奇奇怪怪〜」8/2(金)〜8/26(月)
 ☆9月展・10月展「うきよえQ」前期:8/30(金)〜9/30(月)
                 後期:10/4(金)〜10/28(月)
 ☆9月展10月展「矢作信雄 版画作品展〜慈恩寺十二神将と故郷の風景」9/14(土)〜11/4(月)
 ☆11月展「そろいもの、そろいぶみ」11/1(金)〜11/25(月)
 ☆12月展「広重の色と光」11/29(金)〜12/23(月)

【福島】
現代グラフィックアートセンター(CCGA),☆第77回「ヘイセイ・グラフィックス」3/1(金)〜6/9(日)


【栃木】
鹿沼市立川上澄生美術館
 ☆「手紙のなかの川上澄生」〜3/31(日)
 ☆「鹿沼ゆかりの版画家 大門 勉」〜3/31(日)
千葉市美術館
 ☆オーバリン大学 アレン・メモリアル美術館所蔵
「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション−初期浮世絵から北斎・広重まで」4/13(日)〜5/26(日)

【千葉】
ふなばしアンデルセン公園子ども美術館,☆第10回「アンデルセン公園きりがみ展」3/17(日)〜5/6(月・振)

城西国際大学水田美術館
 ☆「水田コレクション展 浮世絵の技巧」7/2(火)〜7/27(土)<日、月曜日休み>
 ☆「浮世絵でよむ南総里見八犬伝」9/17(火)〜10/12(土)<日、月曜日休み>

【東京】
国立劇場伝統芸能情報館,☆企画展示「役者絵の世界−幕末の名優たち−」〜5/27(月)

【神奈川】
横浜開港資料館,☆平成30年度第4回企画展示「浮世絵でめぐる横浜の名所」〜4/21(日)

【京都】
京都市立芸術大学ギャラリーアクア
 ☆出原司退任記念展「かいじゅうvsかいじゅう」3/9(土)〜3/24(日)版画

【広島】
広島県立美術館,☆「挑む浮世絵 国芳から芳年へ」4/13(土)〜5/26(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11680] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/07(Sun) 19:37:09

 これから見られる版画や彫刻の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【東京】
日本銀行金融研究所貨幣博物館
 ☆テーマ展「春爛漫!桜咲く錦絵 ―日本橋・江戸桜通りへようこそー 2019」〜4/14(日)
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
 ☆「生誕110年 浜口陽三銅版画展 憧れ―伊豆と浜口陽三―」 4/27(土)〜7/15(月・祝)
アド・ミュージアム東京,☆第57回「JAA広告賞−消費者が選んだ広告コンクール−展」〜5/4(土)
印刷博物館,☆「グラフィックトライアル2019 Exciting」4/13(土)〜7/15(月・祝)
すみだ郷土文化資料館
 ☆子どもの権利条約採択30周年企画展
    「浮世絵にみる子ども−名所絵とおもちゃ絵」4/27(土)〜7/7(日)
すみだ北斎美術館,☆企画展「北斎のなりわい大図鑑」4/23(火)〜6/9(日)
たばこと塩の博物館,☆「浮世絵に見る 美人と名所(仮称)」2020年2/29(土)〜4/12(日)
浮世絵太田記念美術館
 ☆没後170年記念「北斎―富士への道」前期:4/4(木)〜4/29(月・祝)
                        後期:5/3(金・祝)〜5/26(日)
渋谷区立松濤美術館
 ☆「女・おんな・オンナ〜浮世絵にみる女のくらし」4/6(土)〜5/26(日)
 ☆「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」12/7(土)〜2020年1/31(金)
切手の博物館,☆企画展示「ウサギ! カワウソ! ハリネズミ!?展」4/3(水)〜6/30(日)
光が丘美術館,☆版画「平家物語/井上員男展」4/5(金)〜6/30(日)
東京富士美術館,☆館蔵品展「マネの銅版画コレクション」10/5(土)〜2020年1/19(日)
八王子市夢美術館,☆特別展「なぞなぞ絵解き 判じ絵展−江戸の庶民と知恵比べ−」4/5(金)〜5/12(日)
調布市武者小路実篤記念館,☆秋季展「版画を味わう−周辺作家とコレクションから−」9/7(土)〜10/14(月・祝)
町田市立国際版画美術館
 ☆企画展「THE BODY―身体の宇宙―」4/20(土)〜6/23(日)
 ☆ミニ企画展「彫刻刀で刻む社会と暮らし−戦後版画運動の広がり」4/10(水)〜6/23(日)
 ☆企画展「インプリントまちだ展2019−田中彰 町田芹ヶ谷えごのき縁起」7/6(土)〜9/23(月・祝)
GAS MUSEUM がす資料館,☆企画展 没後130年「井上安治展」4/2(火)〜6/23(日)版画
平櫛田中彫刻美術館,☆企画展「平櫛田中と収集―新収蔵作品初公開―」〜5/19(日)

【神奈川】
神奈川県立歴史博物館
 ☆特別展「横浜開港160年 横浜浮世絵」前期:4/27(土)〜5/26(日)
                         後期:5/30(木)〜6/23(日)
【福井】
金津創作の森
 ☆「蜷川宏子・蜷川実花のキルトと写真が生み出す極彩色の世界(仮称)」7/20(土)〜 9/29(日)

【長野】
水野美術館,☆特別企画展「浮世絵師 歌川国芳展」4/13(土)〜5/26(日)
信州新町美術館・有島生馬記念館・信州新町化石博物館
 ☆美術館第一展示室「知られざる創作版画家〜小泉癸巳男」4/27(土)〜7/21(日)
日本浮世絵博物館,☆企画展「江戸のデザイン−浮世を楽しむ遊び心−」4/2(火)〜6/23(日)
上田市立美術館
 ☆「見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地
   −府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより−」4/20(土)〜6/2(日) 
茅野市美術館,☆第4期収蔵作品展 同時開催「信濃美術をみつめる#6 牛山政幸」〜4/7(日)彫刻
碌山美術館,☆荻原守衛生誕140年記念企画展「傑作《女》を見る」4/22(月)〜9/27(金)
日本のあかり博物館,☆企画展 「浮世絵にみるあかり 新時代・到来! 」〜6/4(火)

【静岡】
静岡市美術館
 ☆オーバリン大学 アレン・メモリアル美術館所蔵「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション
   ―初期浮世絵から北斎・広重まで」6/8(土)〜7/28(日)
静岡市東海道広重美術館
 ☆「命の火・命の水 〜旅と日常を支えた火と水〜」Part 1:4/2(火)〜5/6(月・振)
                             Part 2:5/8(水)〜6/9(日)
島田市博物館,☆収蔵品展(島田信用金庫共同展)「浮世絵に描かれた大井川の川越し」4/6(土)〜5/26(日)
島田市博物館分館(海野光弘版画記念館・島田市民俗資料館),☆「海野光弘 薫〜風光る〜」4/6(土)〜6/9(日)

【愛知】
三菱UFJ銀行貨幣資料館,☆浮世絵展「広重 保永堂版東海道五拾三次」〜5/12(日)
メナード美術館,☆所蔵企画展「シャガール マティス ルオー 三人の画家の版画集」4/11(木)〜6/30(日)
清須市はるひ美術館,☆「復刻浮世絵の世界」 4/9(火)〜4/14(日)

【三重】
paramita museum
 ☆岡田文化財団設立40周年記念「M.C.エッシャー展−再発見! 版画家としての魅力−」4/5(金)〜5/28(火)

【京都】
京都dddギャラリー,☆第220回企画展「本の縁側 矢萩多聞と本づくり」〜6/19(水)

【大阪】
コヤノ美術館,☆「浮世絵展」〜12/21(土)
大阪市立美術館
 ☆特別展「メアリー・エインズワース浮世絵コレクション−初期浮世絵から北斎・広重まで」8/10(土)〜9/29(日)
大阪歴史博物館
 ☆特別展「国芳、広重、国貞、豊国、英泉…江戸・明治の浮世絵師たちが描く
    ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」7/27(土)〜9/8(日)
上方浮世絵館,☆第71回企画展「芝居を渡る船」〜6/2(日)
逸翁美術館
 ☆2019展示II「阪急沿線むかし図絵 大正・昭和のゆめとまち
      〜池田文庫ポスターコレクションより〜」4/20(土)〜6/16(日)
和泉市久保惣記念美術館
 ☆常設展「ジャパニーズ プリント−久保惣コレクションでたどる版の歴史−」6/23(日)〜8/18(日)

【兵庫】
兵庫県立歴史博物館,☆特別展「五大浮世絵師展−歌麿・写楽・北斎・広重・国芳−」4/20(土)〜6/16(日)
伊丹市立美術館,☆Collection1「ジョージ・クルックシャンクのオムニバス展」4/6(土)〜5/26(日)
赤穂市立歴史博物館,☆特集展示「関達也氏寄贈資料展〜浮世絵を中心に〜」4/27(土)〜7/30(火)
あさご芸術の森美術館,☆「野外彫刻の軌跡展」〜5/6(月・振)

【奈良】
奈良県立美術館,☆「ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅」4/13(土)〜6/2(日)

【福岡】
北九州市立小倉城庭園,☆「小粋でおしゃれな女たち〜歌麿・春信などが描く江戸美人〜」〜4/7(日)

【長崎】
ハウステンボス美術館・博物館
 ☆「アール・ヌーヴォーの華 ミュシャ展 in パレスハウステンボス」〜6/24(月)
山本美術館,☆2019年特別企画展第2弾「浮世絵美人画展〜美の共演〜」4/2(火)〜6/30(日)

【宮崎】
宮崎県立美術館,☆「藤城清治 愛 生きる メルヘン展」4/13(土)〜5/26(日)

【沖縄】
佐喜真美術館
 ☆佐喜眞美術館コレクション「浜田知明追悼 展 ケーテ・コルヴィッツ/上野誠/ジョルジュ・ルオー」〜4/15(月)
浦添市美術館
 ☆特別公開「葛飾北斎琉球八景展」4/27(土)〜5/12(日)
 ☆「儀間比呂志・中山良彦 沖縄戦版画集『戦がやってきた』原画展」6/19(水)〜6/30(日)
 ☆當間詠舟×トーマ・ヒロコ親子展「書と詩(ことば)展」Vol.2 11/8(金)〜11/10(日)
沖縄県平和祈念資料館,☆平成30年度 第4回ギャラリー展「特別企画展ポスター展」〜6/12(水)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.11709] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/02(Thu) 22:49:00

 版画や彫刻の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【福島】
いわき市立美術館
 ☆「パリ世紀末ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展」7/20(土)〜9/1(日)

【群馬】
群馬の森 群馬県立歴史博物館,☆第11回テーマ展示「月岡芳年「新形三十六怪撰」」7/6(土)〜9/1(日)

【埼玉】
埼玉県立近代美術館,☆MOMASコレクション第2期「うつしと重なり―版画の諸相」7/27(土)〜10/20 (日)

【兵庫】
兵庫県立円山川公苑美術館
 ☆「彫刻家 秦榮一郎と荻野和彦の世界 ―つなぐ―」 10/5(土)〜2020年1/13(月・祝)
三木市立堀光美術館,☆企画展「生まれたての光 勝部 梓 木彫展」6/8(土)〜7/7(日) 

【鳥取】
祐生出会いの館
 ☆「旅を楽しむ・旅で楽しむ〜旅を誘うポスター&名物・駅弁掛け紙展〜」〜6/3(日)

【島根】
しまね海洋館「アクアス」,☆特別展「水辺の世界×彫刻展」〜5/6(月・振)
福岡市美術館,☆「和田木彫教室生徒作品展」6/11(火)〜6/16(日)ギャラリーF
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明