[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.11455] 【工芸建築】2019年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 19:40:15

 年始から見られる、工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。この発言を2019年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
札幌芸術の森,☆「職人力展」/ アートオブクラフトfrom「職人力展」2019年1/5(土)〜1/20(日)
江別市セラミックアートセンター
 ☆「えべつFUROSIKIフェスティバル2018〜風呂敷デザインコンテスト〜」〜2019年2/10(日)

【青森】
中泊町博物館
 ☆平成30年度冬の企画展「キルトの仲間たち作品展−スーとビリーのくらし−」2019年1/12(土)〜3/24(日)

【宮城】
カメイ美術館,☆こけし企画展「伝統こけし最新工人録 出版記念展」〜2019年1/20(日)

【秋田】
秋田県立博物館,☆平成30年度アイヌ工芸品展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬」〜2019年1/23(木)

【埼玉】
さいたま市大宮盆栽美術館
 ☆「コレクション名品展」(所蔵品展)〜1/30 (水) 
 ☆企画展「子どもたちに伝えたい さいたまの盆栽」〜1/20(日)
埼玉県立歴史と民俗の博物館,☆特集展示「国宝公開 太刀 銘景光・景政」〜2/3(日) <常設展示室 第3室>

【東京】
東京国立近代美術館工芸館
 ☆所蔵作品展「近代工芸の名品」 特集展示「棗にまつわるエトセトラ」〜2019年2/11(月・祝)
LIXILギャラリー1,☆「吉田謙吉と12坪の家−劇的空間の秘密−」2019年3/7(木)〜5/25(土)
サントリー美術館,☆「扇の国、日本」〜2019年1/20(日)
泉屋博古館 分館 
 ☆「明治150年記念 華ひらく皇室文化―明治宮廷の技と美―」2019年3/16(土)〜5/10(金)<仮トル>
 ☆特別展「ゆかた 浴衣 YUKATA ―すずしさのデザイン、いまむかし」2019年5/28(火)〜7/7(日)
伝統工芸青山スクエア
 ☆「全国伝統的工芸品公募展入選作品展」〜2019年1/09(水)
 ☆「関東伝統工芸士会作品コンクール」2019年1/11(金) 〜 1/16(水)
 ☆「木目込ひな人形 有松人形工房展」2019年1/18(金) 〜 1/23(水)
 ☆「技を尽くし 技を愛でる
   〜全国伝統的工芸品公募展入選作品を囲んで〜part1」2019年1/25(金) 〜 1/30(水)
 ☆「紀州伝統漆器展」2019年2/1(金) 〜 2/6(水)
 ☆「飛騨一位一刀彫展 猫・集めました。」2019年2/1(金) 〜 2/6(水)
 ☆2019「加茂桐箪笥展」2019年2/8(金) 〜 2/20(水)
 ☆「秋田川連 漆人四人展」2019年2/22(金) 〜 3/6(水)
 ☆「南木曽ろくろ細工展」2019年3/8(金) 〜 3/20(水)
21_21 DESIGN SIGHT 
 ☆企画展「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」 〜2019年2/24 (日)
日本建築学会建築博物館
 ☆第16回「主張する「みせ」学生デザインコンペ」2019年 1/25(金)〜1/28(月)
 ☆第82回「新制作協会スペースデザイン部受賞作家展」2019年2/3(日)〜2/8(金)
 ☆第45回「日新工業建築設計競技」2019年2/12(火)〜2/15(金)
 ☆親と子の都市と建築講座「けんちく広場
     −子どもの建築ワークショップ展」2019年2/18(月)〜2/23(土)
パナソニック汐留ミュージアム,☆「モダンデザインが結ぶ暮らしの夢」2020年1/11(土)〜 3/22(日)
新宿歴史博物館
 ☆宮内庁宮内公文書館,新宿区・公益財団法人新宿未来創造財団 新宿歴史博物館共催
  新宿歴史博物館開館30周年記念特別展「新宿御苑 ―皇室庭園の時代―」〜2019年2/3(日)
日中友好会館美術館
 ☆「漆×絵画のハーモニー 蓮福美術館蔵中国漆画(しつが)展:vol.2」2019年1/24(木)〜2/19(火)
文化庁 国立近現代建築資料館,☆「 明治期における官立高等教育施設の群像」〜2019年2/11(月・祝)
東京藝術大学 大学美術館
 ☆「北川原温退任展 太陽と月と地球と人がつくる円錐形の闇」 2019年1/8(火)〜1/20(日)建築
 ☆「トム・ヘネガン退任記念展
   SPECUTLATIONS -Ideas in Modern Architecture-」 2019年1/8(火)〜1/20(日)建築
江東区中川船番所資料館,☆冬の釣具展示 「タナゴ竿」〜2019年3/17(日)
江東区深川江戸資料館
 ☆新春特別展「広井政昭 江戸独楽・木地玩具〜伝統と創造〜」2019年1/2(水) 〜1/14(月・祝)
アクセサリーミュージアム
 ☆企画展 Vol.36「アメリカンドリーマー ミリアム・ハスケル
     〜渡辺マリコレクション〜」後期:2018年1/17(木)〜4/14(日)
練馬区立美術館,☆「人間国宝・桂盛仁 金工の世界 江戸彫金の技」〜2/11(月・祝)
岩立フォークテキスタイルミュージアム
 ☆「キリム - アフガニスタンの普段使いの敷物」〜2019年3/16(土)
日本民藝館,☆特別展「柳宗悦の「直観」 美を見いだす力」2019年1/11(金)〜3/24(日)
練馬区立石神井公園ふるさと文化館
 ☆常設展示室ミニ展示「刀装具に見る金工の意匠」〜2019年2/11(月・祝) 
石洞美術館,☆「十二支展」2019年1/12(土)〜4/7(日)
三鷹市美術ギャラリー,☆企画展「タータン 伝統と革新のデザイン 展」〜2019年2/17(日)
澤乃井 櫛かんざし美術館,☆「女性の装飾品・装身具展」〜2019年3/10(日)

【愛知】
国際デザインセンター デザインミュージアム
 ☆中部デザイン団体協議会|CCDO|創立30周年記念団体活動紹介展覧会 CCDO_MEETS展」
     2019年1/16(水)〜1/21(月)
 ☆中部クリエーターズクラブポスター展2019「SHAKE HANDS」 2019年2/6(水)〜2/11(月・祝)
 ☆「インテリアデザインアワード2018」2019年2/13(水)〜 2/18(月)
 ☆vol.7「大同大学×4デザイン専攻リレー展示(仮称)」2019年2/20(水)〜2/24(日)
 ☆「名古屋学芸大学デザイン学科なごやVISION展2019 」2019年2/28(木)〜3/2(土)
財団法人名古屋都市センター
 ☆「建築系愛知13大学合同企画展〜次世代に引き継ぐ魅力ある都市〜」〜2019年1/13(日)
 ☆第28回「わたしらしい住まいづくり」2019年1/16(水)〜1/27(日)
 ☆まちづくりライブラリー資料展「商店街」〜2019年3/27(水)
名古屋市科学館,☆「スイーツ展」〜2019年2/11(月・祝)
昭和美術館,☆平成31年新春展「茶の湯の釜」2019年1/9(水)〜2/11(月・祝)
瀬戸市文化センター,☆東京国立近代美術館工芸館名品展「多彩なる近現代工芸の煌めき」〜 2019年2/17(日)

【京都】
北村美術館,☆平成31年「春季取り合せ展示」2019年3/9(土)〜6/9(日)
茶道資料館,☆新春展「旅する茶道具」(併設展「歳寒三友−新春を寿ぐ松竹梅−」)2019年1/7(月)〜3/31(日)
泉屋博古館,☆「中国文房具と煎茶 −清風にふかれて」2019年3/2(土)〜5/6(月・振)
宇治市源氏物語ミュージアム,☆開館20周年記念特別企画展「源氏香―そのデザインと広がり―」〜2019年3/24(日)

【大阪】
大阪市立美術館,☆コレクション展「節句を彩る−人形と漆工−」2019年2/16(土)〜3/24(日)
ATCホール,☆「プラレール博 in OSAKA」2019年1/1(火・祝)〜1/6(日)、1/12(土)〜1/14(月・祝)
LIXILギャラリー大阪,☆「吉田謙吉と12坪の家−劇的空間の秘密−」〜2019年2/19(火)

【岡山】
倉敷民芸館,☆企画展「工芸品の春夏秋冬−梅春から初夏へ−」〜2019年6/2(日)
備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館,☆「甦った赤羽刀PARTII」2019年1/5(土)〜2/11(月・祝)

【広島】
鞆の津ミュージアム,☆自主企画展「かたどりの法則」〜 2019年3/3(日)

【香川】
香川県立ミュージアム,☆第65回「日本伝統工芸展」2019年1/2(水)〜1/20(日)

【佐賀】
佐賀県立美術館,☆「吉岡徳仁 ガラスの茶室 _ 光庵」〜2019年2/11(月・祝)

【長崎】
壱岐市立一支国博物館,☆第44回特別企画展「平戸藩の名刀展」〜2019年2/11(月・祝)

【熊本】
熊本県伝統工芸館,☆企画展 熊本県伝統工芸館収蔵品展「木の工芸展」2019年2/26(火)〜4/7(日)

【沖縄】
浦添市美術館
 ☆2018年度企画展覧会「MINIATURE LIFE展ー 田中達也 見立ての世界ー」2019年1/22(火)〜3/3(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11481] 【京都】アサヒビール大山崎山荘美術館/櫛・かんざしとおしゃれ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/04(Fri) 22:37:14

 アサヒビール大山崎山荘美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=147
で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆澤乃井櫛かんざし美術館所蔵「櫛・かんざしとおしゃれ展−粋に華やかに、麗しく−」〜2/24(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般900円 高大生500円 中学生以下無料 障害者手帳をお持ちの方300円

 身分や職業によって服装や装飾品を規制されながら江戸時代の女性たちは髪飾りに個性を求め、工夫をこらした櫛やかんざしでおしゃれを楽しんだ。東京都青梅市の澤乃井櫛かんざし美術館には、祇園の舞妓から後に東京で料亭の女将となった岡崎智予(1924−1999)が収集した作品が所蔵されている。工芸的技術が最も高い水準に達した江戸後期のものをはじめ、尾形光琳(1658−1716)、酒井抱一(1761−1829)、原羊遊斎(1769−1845)ら美術家による逸品も含まれ、日本の工芸の粋を凝縮した櫛、かんざしとともに、当時の風俗を伝える浮世絵をあわせた約300点を紹介。
  法橋光琳(印) 《鷺文様蒔絵櫛》 江戸時代 
  羊遊斎 《渦巻文様蒔絵櫛》 江戸時代
  《桜花文様象牙櫛・簪・笄》 江戸時代
  《扇梅鳥籠飾り金銀珊瑚びらびら簪》 江戸時代
  一鶯斎国周 《当勢三十二想 酔が覚相》1869年 など

講演会:1/19(土)展示室にて、午後2〜3時30分、50名、要申込(先着順)入館料のみ
「黒髪の美しさと櫛・かんざしの世界」村田孝子氏(ポーラ文化研究所シニア研究員)

参加方法:返信可能なFAXまたは往復はがきで(1回につき2名まで、中学生以上)
(1)参加者全員分の氏名 以下、代表者のみ(2)住所(3)電話番号(4)FAX番号
記入し「イベント係」まで FAX:075-957-3126
往復はがきの場合は、1/12(土)必着(定員に達した場合、館サイトで告知)

ギャラリートーク:事前申込不要:第2、第4土曜日午後2時〜30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11485] 【京都】府立堂本印象美術館/ 漆軒と印象 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:06:40

 金閣寺近くの京都府立堂本印象美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=1では、日本画と漆工芸の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「漆軒と印象 明治生まれの堂本兄弟・うるしと日本画の競演」〜3/17(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:一般500円 高大生400円 小中生200円
           65歳以上の方(要証明)および障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料

 日本画家の堂本印象(1891−1975)の兄で大正末期〜昭和時代にかけて活躍した漆芸家で洗練された美を追求した堂本漆軒(どうもとしっけん 1889−1964)と、新しい日本画を創造し画壇を牽引してきた印象のそれぞれの芸術活動を展観し、印象が図案を手がけた共作の漆器も紹介し、兄弟による美の世界を見つめ直す。漆軒の代表作・豪華客船あるぜんちな丸(1939年竣工)の一等食堂のために制作した蒔絵の飾扉も展示。
   堂本漆軒 《蒔絵飾扉(あるぜんちな丸一等食堂)》 1939年
         《鉄線蒔絵飾棚》1961年
         《花器鳥瓜図》1935年
   堂本印象《漆軒句色紙》1964年頃
         《葡萄果》1922年     など

作品を語る: 1/13(日)旧堂本印象邸(美術館東隣)にて、午後2時〜、
   鵜飼雅樹氏 、要入館券または65歳以上の公的証明要 定員40名(当日午後1時からロビーにて整理券配布)

ギャラリートーク:1/26(土)2/9(土)午後2時〜、 2階展示室にて
講演会:旧堂本印象邸(美術館東隣)にて、午後2時〜約1時間
1/27(日)「京都の近代漆芸―堂本漆軒とその時代」比嘉明子氏(地方独立行政法人京都市産業技術研究所 研究副主幹)
    要入館券または65歳以上の公的証明要 定員40名(当日午後1時からロビーにて整理券配布)
2/21(木) 「継ぐ、ものがたり」河井菜摘氏(漆作家、修復家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11499] 【大阪】逸翁美術館/西洋ちょこっとアンティーク 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/29(Tue) 00:54:24

 池田市の逸翁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=86で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2019展示I「西洋ちょこっとアンティーク―1935年、小林一三の欧米旅行記から」〜3/31(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)2/25(月)〜3/1(金)は展示替えのため休館
   入館料金:一般 700円 高大生・65歳以上 500円 中学生以下無料

 1910年代、箕面有馬電気軌道(阪急宝塚線)を開業し、宝塚少女歌劇(宝塚歌劇)の公演を始め、宝塚ホテル・阪急百貨店を開き、洋風の生活スタイルを関西にも広めた小林一三。そんな「昭和モダン」の真っ只中、1935年一三は初めて欧米へと外遊し、各国の美術館・博物館を訪れ、また各地で陶磁やガラスの器、扇や手箱などの装飾品に至るまで、多岐にわたる美術工芸品を買い入れた。アール・デコなど同時代のモダンな製品よりも、むしろ歴史や伝統を感じさせるアンティークといえる品物に関心を抱く。本展では、日々の旅行記とともに、外遊記念として持ち帰った品々を展示し、当時、小林一三が抱いていた西洋文化に対する想いをたどる。
  田園風景図 キャンバス、油彩 フランドル、18世紀
  藍絵文字文(IHS)花入 デルフト(オランダ)、19世紀
  色絵人物花果貼付飾壺 ポットシャペル(ドイツ)、19世紀
  色絵金彩人物文内金泥ティーカップ 6客 ロシア
  銀製花車形砂糖入 イギリス、19世紀
  ガラスモール飾煙草箱 フランス など

研究発表と座談会:3/3(日)(10時30分開場)午前11時〜午後5時、マグノリアホールにて、定員120名
「1930年代における日本と西洋との美術交流」
 展観説明「小林一三、1935年〜1936年の欧米旅行について」仙海義之氏(館長)
 基調講演「世界大戦のはざまで、1920〜30年代の美術動向と日本」
     岡 泰正氏(神戸市立小磯記念美術館・神戸ゆかりの美術館 館長)
 研究発表「1920〜30年代に渡仏した日本人画家たちの動向 ―荻須高徳を中心に―」
     河合志穂氏(稲沢市荻須記念美術館 学芸員)
 研究発表「美術と産業の境界線 ―近代日本陶磁器における欧州の役割―」前崎伸也氏(京都女子大学 准教授)
     座談会(講演者等による意見の交換)

ギャラリートーク:2/9(土)・3/23(土)午後2時より 担当学芸員による展示解説
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11506] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/02(Sat) 00:04:20

 工芸やファッション、インテリア、の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【埼玉】
さいたま市大宮盆栽美術館
 ☆春季特別展「「国風盆栽展」の誕生〜「美術館」をめざした昭和初期の盆栽」2/1(金)〜3/13(水) 

【千葉】
茂原市立美術館・郷土資料館,☆美術収蔵品展「志野流香道具と工芸・日本画展」〜3/17(日)

【東京】
東京ステーションギャラリー
 ☆没後100年記念特別企画「辰野金吾展(仮称)」11/2(土)〜11/24(日)
 ☆「奇蹟の芸術都市バルセロナ カタルーニャ近代美術の精華
   ― ムダルニズマからアヴァンギャルドまで(仮称)」2020年2/8(土)〜4/5(日)
伝統工芸青山スクエア
 ☆「鎌倉彫青山工房 アクセサリー展」3/22(金) 〜3/27(水)
 ☆「技を尽くし 技を愛でる part2全国伝統的工芸品公募展入選作品展を囲んで」 3/22(金) 〜3/27(水)
 ☆「FROM VILLAGES TO EDO−old day’s skills in today’s world
    −新しい工芸のカタチ−」3/29(金) 〜 4/3(水)
五島美術館,☆館蔵「茶道具取合せ展」12/14(土)〜2020年2/16(日)
青梅市郷土博物館,☆企画展「青梅市の文化財住宅〜民家と町屋のしくみ〜」1/19(土)〜4/7(日)

【富山】
樂翠亭美術館,☆「冬の樂翠亭美術館 ーうつろいゆく景ー」〜3/5(火)
砺波市美術館,☆常設展示室1「工芸の秀作(館蔵品展)」〜2/11(月・祝)

【石川】
石川県銭屋五兵衛記念館,☆「中村高雲染色教室作品展」2/15(金)〜3/29(金)
加賀本多博物館,☆コレクション展示「願う文様」〜3/4(月)
金沢市立中村記念美術館
 ☆企画展「キラキラ☆うるしワールド」2/9(土)〜4/14(日)<3/12(火)〜3/14(木)休館>
金沢市立安江金箔工芸館,☆冬季展「生活と美術工芸」〜3/10(日)
金沢能楽美術館,☆企画展「能楽吉祥図案−鶴・亀・松・竹−」前期:〜 2/11(月・祝)
                        後期:2/16(土)〜4/14(日)
石川県輪島漆芸美術館,☆第36回「日本伝統漆芸展」2/2(土)〜2/25(月)

【福井】
福井市愛宕坂茶道美術館,☆企画展 「漆芸を楽しむ」 〜2/26(火)
はたや記念館 ゆめおーれ勝山
 ☆企画展<ゆめおーれ勝山&福井県立こども歴史文化館共催展>
   「ふくい羽二重ものがたりー羽二重に未来をかけた先人たちー」〜2/24(日)

【山梨】
印傳博物館,☆「印傳の装飾−名入れ・紋章・屋号−」〜4/7(日)
山梨県立宝石美術専門学校附属ジュエリーミュージアム
 ☆「宝石の街 甲府」〜2/11(月・祝)
 ☆「イメージが形になるまで Vol.2」〜2/11(月・祝)
身延町なかとみ現代工芸美術館,☆第57回「日本現代工芸美術展 in YAMANASHI」〜2/10(日)
河口湖ミューズ館・与勇輝館,☆「昭和の風景」 〜3/13(水)

【長野】
信州松代 真田宝物館,☆2019年特別企画展「真田×刀」6/29(土)〜9/23(月・祝)
ホクト文化ホール(長野県県民文化会館),☆第39回「建築家展」2/16(土)〜2/17(日)
ミュゼ蔵(JIDAデザインミュージアム第1号館)
 ☆企画展「食 -作り・保存し・調理と食事を楽む!-」〜3/1(金)
岡谷蚕糸博物館 シルクファクトおかや
 ☆収蔵品展「中国古代復元絹織物〜絹がつづる王朝染織の美と技〜」〜4/14(日)
小諸高原美術館,☆「日本のアートディレクション展2018 / 2018長野ADC展」〜2/17(日)
信州高遠美術館,☆収蔵作品展「竹内徹とゆかりの作家展」〜2/17(日)
駒ヶ根シルクミュージアム,☆第50回特別展「2019まゆクラフト作品展」4/11(木)〜5/14(火)
安曇野高橋節郎記念美術館,☆冬季展示「冬の空」〜3/24(日)
日本のあかり博物館,☆企画展 「江戸・明治のあかり 只今 あかり商い中」〜3/12(火)

【岐阜】
岐阜県現代陶芸美術館
 ☆日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念
     「マリメッコ・スピリッツ フィンランド・ミーツ・ジャパン」〜2/24(日)
【静岡】
静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」
 ☆「静岡デザイン専門学校卒業制作展 デザインア・ラ・モード2019」2/1(金)〜2/3(日)
MOA美術館
 ☆特集陳列「人間国宝 室瀬和美の世界」〜3/12(火) 漆器
 ☆特別展「URUSHI 伝統と革新」3/15(金)〜4/16(火)
島田市博物館,☆第77回企画展「音にきこゆるvol.3〜島田の刀鍛冶と五ヶ伝」2/2(土)〜3/24(日)
ふじ・紙のアートミュージアム,☆Vol.08「渡辺英司 胡蝶の夢 展」〜2/17(日)
磐田市香りの博物館,☆「おひな様と春の香り」〜3/24(日)
焼津市歴史民俗資料館,☆企画展「なつかしの焼津昭和×暮らし×道具」2/1(金)〜5/19(日)
資生堂アートハウス,☆「椿つれづれ」 〜3/31(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「つまみかんざし展」2/19(火) 〜 2/24(日)
 ☆「ASJ建築家展」2/26(火) 〜 3/3(日)
 ☆「ひた押し花美術館 押し花展」3/12(火) 〜 3/17(日)
 ☆「荒川芳秋・荒川芳広 ジュエリー展」3/19(火) 〜 3/24(日)
 ☆「杉浦里美 創作バック作品展」3/19(火) 〜 3/24(日)
瀬戸市新世紀工芸館
 ☆「瀬戸市新世紀工芸館 第15期研修生修了作品展・第16期研修生作品展」〜3/17(日)

【三重】
神宮徴古館農業館,☆特集展示「我が国の天然繊維─絹─」〜9/24(火)

【滋賀】
彦根城博物館,☆テーマ展「武家の備−井伊家伝来の弓具−」3/9(土)〜4/3(水)

【京都】
古田織部美術館,☆平成31年 春季展「織部の子・孫と門人たち」〜 5/21(火)
京都国立近代美術館,☆「京都の染織 1960年代から今日まで」3/8(金)〜4/14(日)
京都清宗根付館
 ☆根付作家企画展「桜井英之展」2/1(金)〜2/28(木)
 ☆根付作家企画展「桑原 仁展」3/1(金)〜3/31(日)
清水三年坂美術館
 ☆ 企画展「装剣金工の明治時代」 〜2/17(日)
 ☆「調度を彩る蒔絵の美」 2/23(土)〜5/19(日)
 ☆「帝室技芸員の仕事 七宝編」 5/25(土)〜8/18(日)

【大阪】
阪急うめだギャラリー,☆「バレンタインチョコレート博覧会2019」〜2/14(木)
湯木美術館,☆平成31年 早春展「利休と茶の湯のエピソード−茶書に描かれた利休の姿−」〜2/8(金)
大阪府立大型児童館ビッグバン,☆パネル展「アートな和しごと展」〜3/31(日)
さかい利晶の杜,☆企画展「黄金の茶室がやってきた」〜5/6(月・振)
関西大学博物館,☆「関西大学と村野藤吾 設計図・建築写真・絵画展」〜2/28(木)
小林美術館,☆冬季企画展「日本女性と着物」〜3/10(日)

【兵庫】
六甲オルゴールミュージアム,☆企画展「からくり人形 の世界〜オートマタの100年〜 」〜2/27(水)
竹中大工道具館,☆「SOMA 日本の森と素木の家具」2/9(土)〜3/17(日)
姫路文学館,☆企画展「生誕120年俳人五十嵐播水展」2/9(土)〜4/7(日)
伊丹市立工芸センター
 ☆ITAMI Glass Collection 「光景」〜2/11(月・祝)
 ☆「キセイのカタチ」2/23(土)〜3/24(日)
 ☆「伊丹ジュエリーカレッジ 第19期生修了作品展」3/2(土)〜3/24(日)
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館
 ☆第45回企画展「錦秋をまとう−歌舞伎衣裳にみる秋ー」〜2/19(火)

【島根】
島根県立古代出雲歴史博物館
 ☆地域密着展「勝部和子 個展 生命を育む樹根に魅せられて」〜2/24(日)
手錢記念館,☆「茶の湯の金物−かなもの−」〜3/10(日)

【岡山】
備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館
 ☆テーマ展「秀麗なる備前刀の世界」2/16(土)〜2019年4/21(日)

【広島】
辻村寿三郎人形館,☆平成30年度後期企画展「スサノオ」〜4/21(日)

【山口】
山口県立美術館,☆「扇の国、日本の国」3/20(水)〜5/6(月・祝)

【愛媛】
新居浜市美術館
 ☆新居浜市美術館コレクションI「パッケージデザイン 秋月繁×角谷昭三」〜2/11(月・祝)

【福岡】
三菱地所アルティアム,☆「田根 剛|未来の記憶」〜3/10(日)建築
福岡市博物館,☆「福岡藩士伝来・刀と槍の装具展」〜2/24(日)
立花家史料館
 ☆新春テーマ展「めでたづくし 柳川藩主立花家伝来の美術工芸品から」〜4/8(月)
 ☆特集展示「刀を見る、伝来を知る 柳川藩主立花家伝来の刀剣」4/12(金)〜7/15(月)
 ☆こども企画展「いろトリどりの宝モノ」7/19(金)〜9/30(月)
 ☆秋のテーマ展「柳川藩主立花家の能面と能装束」10/4(金)〜12/23(月)

【熊本】
島田美術館,☆国選定保存技術保持者認定記念「高山一之の世界展 拵・刀装具」2/13(水)〜4/14(日)

【大分】
大分県立歴史博物館,☆平成30年度れきはく交流展「豊後の名刀&大横綱双葉山」〜2/17(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11537] 【兵庫】竹中大工道具館/日本の森と素木の家具[2/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/09(Sat) 00:07:51

 新神戸駅前の竹中大工道具館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=26では、自然のブランド家具の展示が2/9(土)から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「SOMA 日本の森と素木の家具」2/9(土)〜 3/17(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館無料(常設展見学は要入館料)
 岐阜県美濃加茂市にアトリエを構える木工家 川合優が率いるライフスタイルブランド「SOMA」の活動を紹介する展覧会。川合は、木工家として日本古来の木の文化を体感すると共に、国内の木材利用の状況すなわち、戦後間もなく植林された木々が有効に使われず生態系が破壊されているのに、海外の安価な木材を大量に輸入している状況に目を向ける。川合はこの状況の解消や、日本古来の生活文化を現代に取り入れる方法を考え、2016年にSOMAを立ち上げた。木工家が始めた活動が家具の製造販売から、ワークショップやフィールドワーク、森を活かすための活動など、様々なコラボレーションなど、多面的な活動を展開するSOMAの全体像を俯瞰する展覧会。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11559] 【茨城】県陶芸美術館/愛のヴィクトリアン・ジュエリー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 23:43:31

 笠間芸術の森の茨城県陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=22では、イギリスのジュエリーの展示会を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「愛のヴィクトリアン・ジュエリー」〜3/10(日)
     月曜休館
     入館料金:一般720円 満70歳以上360円 高大生510円 小中生260円
           満70歳以上の方、障害者手帳、療育手帳をお持ちの方及び付添者1名無料
           土曜日は高校生以下無料(長期休業日にあたる時を除く)
 19世紀にヴィクトリア女王が在位した時代の英国王室にまつわる宝飾品や著名なコレクションなど、技巧を凝らした金や銀、ダイヤモンドや象牙等の多様な素材によるジュエリーの数々を紹介。併せて、当時のウェディングや、亡き人を偲ぶためのモーニングなどの様々な装いや、アフタヌーンティーの豪奢な銀器によるテーブルセッティング、繊細なアンティーク・レースなど、華麗なる英国文化の粋を紹介。
   ピンクトパーズ&カラーゴールドスウィート 1830年頃 イギリス
   エメラルド&ダイヤモンド ゴールドセット 1830年頃 イギリス
   ターコイズ&ゴールドブローチ 1830年頃 イギリス
   若き日のヴィクトリア女王 1842年頃 F.Xヴィンターハルター工房 イギリス
   リガードパロックペンダント 1820-30年頃 イギリス
   エナメル&サファイア、ダイヤモンドネックレス 1880年頃 イギリス
   シードパールティアラ 19世紀初期 イギリス
   ダイアナ妃のダイヤモンドリング 1985年 フランス

呈茶会「茶の湯とくらす」2/24(日)
 午前10時〜、10時50分〜、11時40分〜、午後1時〜、1時50分〜、2時40分〜、3時30分〜
 地下1階にて、海老澤宗香氏 定員各回10名(電話にて事前申込・先着順)参加費500円

ギャラリートーク:3/9(土)午後1時30分から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11583] 【東京】国立西洋美術館/ル・コルビュジエ 絵画から建築へ[2/19(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 22:23:54

 上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=127では、本館が世界遺産となった建築家のル・コルビュジエの展示が2/19(火)から始まります。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆世界遺産 国立西洋美術館開館60周年記念
 「ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代 」2/19(火)〜5/19(日)
      月曜休館(3/25、4/29、5/6は開館)
      開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
      入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円 中学生以下は無料。
            心身に障害のある方および付添者1名は無料(要手帳提示)
 20世紀建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887−1965)が設計した国立西洋美術館本館が、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録され、開館60周年を記念して開催。シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)が故郷のスイスを離れ、パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返る。
 第一次大戦の終結直後の1918年末、ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)と画家アメデ・オザンファンが、機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の芸術を唱えるピュリスムの運動を開始。絵画制作に取り組みながら新しい建築の創造をめざしたジャンヌレは、1920年代パリの芸術家たちとの交流を得て、近代建築の旗手「ル・コルビュジエ」となる。本展はル・コルビュジエと彼の友人たちの美術作品約100点に、建築模型、出版物、映像など多数の資料を加えて構成。

 シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(ル・コルビュジエ)
   《多数のオブジェのある静物》1923年 油彩、カンヴァス
   《エスプリ・ヌーヴォー館の静物》1924年 油彩、カンヴァス 
   《開いた本、パイプ、グラス、マッチ箱のある静物》1918年頃 鉛筆・グアッシュ、紙
 アメデ・オザンファン《和音》 1922年 油彩、カンヴァス
 ジョルジュ・ブラック《食卓》 1920年 油彩、カンヴァス
 フェルナン・レジェ《サイフォン》1924年 油彩、カンヴァス
 ジャック・リプシッツ《ギターを持つ水夫》 1917-18年 ブロンズ 

 ル・コルビュジエ、シャルロット・ペリアン、ピエール・ジャンヌレ《寝椅子(シェーズ・ロング)》1928-29年デザイン

スイス カルチャー トーク:3/17(日)午後2〜3時30分、講堂にて、当日先着130名、要入館券、
 当日正午より館内インフォメーションにて本展観覧券を持つ人1人1枚の聴講券を配布
「ル・コルビュジエの遺産:スイスの建築設計事務所 クリスト&ガンテンバインの解釈」同時通訳付き
 第一部 エマニュエル・クリスト(クリスト&ガンテンバイン 代表)レクチャー
 第二部 エマニュエル・クリスト×長田 年伸 (デザイナー/編集者) 対談

記念講演会:講堂(地下2階) にて、午後2〜3時30分、講堂にて、当日先着130名、要入館券、
 当日正午より館内インフォメーションにて本展観覧券を持つ人1人1枚の聴講券を配布
3/9(土) 「ル・コルビュジエとラウル・ラ・ロシュ ―ピュリスムの戦友」村上博哉氏(副館長・学芸課長)
4/6(土) 「建築=芸術へ ―アクロポリス、初めてのタブロー
    《暖炉》、《ドミノ住宅》に遡行する『建築へ』の体系的読解」加藤道夫氏(東京大学大学院教授)
4/20(土) 「『ピュリスムの時代』の先 ―ル・コルビュジエの絵画の変遷」林美佐氏(大成建設ギャルリー・タイセイ 学芸員)
5/18(土)「建築へ ―絵画の平面性からの透明性の探求」山名善之氏(東京理科大学教授)

特別建築ツアー:ボランティアスタッフによる建築ツアーを普段は入ることのできない旧館長室を見学コースに
 3/3(日)〜5/19(日)の第2・4水曜日および毎週日曜日 午後3時〜(約50分)
 定員20名(本展の当日観覧券要、10歳以上)  館サイトから要事前申込

スライドトーク:3/22(金)4/5(金)4/19(金)午後6時から約30分
  久保田有寿氏(特定研究員)  講堂にて、 先着130名(要本展の観覧券(半券可))
  直接講堂へ(開場は開演30分前)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11604] 【東京】ステーションギャラリー/アルヴァ・アアルト もうひとつの自然 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/21(Thu) 22:22:57

 東京ステーションギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=11
で開催中の建築展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「アルヴァ・アアルト もうひとつの自然」〜4/14(日)
    月曜休館(4/8は開館)
    開館時間:午前10時〜午後6時(金曜日は8時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1200円 高大生1000円 中学生以下無料
           障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)

 個人邸宅から公共建築までを設計したフィンランドを代表する建築家アルヴァ・アアルト[1898-1976]は、建築にあわせて、家具をはじめ壁面タイルやドアノブまでをデザインするなどディテールへのこだわりも徹底していた。アームチェアやスツール、照明器具、流線形のガラス器などプロダクトデザインも、フィンランドデザインのシンボルである。フィンランドの自然に見出した有機的なフォルムを設計やデザインに、「もうひとつの自然」をみる。 
 オリジナルドローイング、模型、家具・照明・ガラス製品などのプロダクト
    アームチェア 41 パイミオ
 壁面タイル・ドアノブ・家具などの部材サンプル/アアルトのマテリアル・スタディ(レリーフ)
 冊子・写真・映像等の資料
 ドイツの写真家アルミン・リンケによる撮り下ろし写真
    ヴィープリ(ヴィーボルク)の図書館/ルイ・カレ邸/パイミオのサナトリウム/フィンランディア・ホール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11607] 【大阪】あべのハルカス美術館/驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/22(Fri) 00:11:03

 あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=20
では、明治の超絶技巧アートを展示中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」〜4/14(日)
     3/4(月)18(月)休館
     開館時間:午前10時〜午後8時(月土日祝は6時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1300円 高校生900円 小中生500円
 19世紀後半、日本での明治には、欧米の万国博覧会で日本の工芸品が注目された。野菜や果物、自在に動く動物や昆虫、など、自然を証言した精緻な装飾や細かな細工の器やオブジェが輸出された。近年注目の高まる明治工芸と、そのDNAを受け継ぐ現代の作家たちによる超絶技巧の競演を見る。
 【自在】(可動式の金工)《飛鶴吊香炉》高瀬好山(1869〜1935)
 【七宝】《紫陽花図花瓶》並河靖之(1845〜1927)
 【陶磁】《Arcadia》稲崎栄利子2016年
 【木彫】《一刻:皿に秋刀魚》前原冬樹2014年
 【牙彫】安藤緑山《パイナップル、バナナ》(1885〜1959) など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11611] 【奈良】県立万葉文化館/明日香の匠[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 00:05:06

 明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75
で明日2/23(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第5回「明日香の匠 展」2/23(土)〜3/3(日)
     2/25(月)休館
     本展の入館無料
 【絵画】日本画:烏頭尾精、烏頭尾忠子、東紀子
     洋画:生駒三恵、勝川喜昭、勝川京子、川本恵、橘 忍
     木版画:上田孝文
     詩書画:渡会美枝子
 【工芸】陶芸:木野村由比子、鈴木乃り子、タナカシゲオ、谷口美佐子、脇田宗孝
     ガラス造形:小田珠生、高橋直樹、安田麻里
     面彫:島田清
     ギター製作:折坂諭
 【彫刻】熊田悠夢
 【写真】上田由美子、上山好庸、梅田耕吉、岡本路子、島田真希
     白水泉、森本富雄、柳敏明
 【書芸】稲垣小燕、堀内飛翠、境山正甫、鈴木葩光、中井功子
 【その他】紙画:中川愛子
      切り絵:森脇新一郎
      パッチワークキルト:島田壽子
 特別出品作家:飛鳥アートヴィレッジプログラムの経験者
   藤野裕美子
   町田藻映子
   山本紗佑里
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11615] 【京都】清水三年坂美術館/調度を彩る蒔絵の美[2/23(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 10:03:59

 清水三年坂美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=63で、本日2/23(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「調度を彩る蒔絵の美」2/23(土)〜5/19(日)
     月・火曜休館
     入館料金:大人800円 中高大生500円
 漆器に金銀等の粉を蒔きつけて定着させる技法・漆器は社寺に奉納する道具等に施されたが、後に調度品にも用いられた。江戸時代に、将軍・諸大名お抱えの蒔絵師が、町人に応える町の蒔絵師が新たな意匠を生み出し、蒔絵の技法・装飾が発展した。明治以後、皇室・財閥向けの調度品、そして輸出向けの小箱や香合等の制作で腕を揮う。本展では、幕末・明治に制作された作品を中心に、文台・料紙箱・書棚や文台や料紙箱とセットで制作されることの多かった硯箱、小箱や香合などの蒔絵の調度品を展示。
   《秋景山水蒔絵書棚》川之辺一朝
   《牡丹に蝶図煙草盆》無銘
   《忍草蒔絵香合》白山松哉
   《花寄蒔絵箱》守屋松亭
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11634] 【京都】細見美術館/石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ[3/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:59:00

 京都・岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22では、3/9(土)より、館蔵の琳派美術と現代の作品を協調させる展示が開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「石本藤雄展 マリメッコの花から陶の実へ−琳派との対話−」3/9(土)〜4/21(日)
     月曜休館
     入館料金:一般1300円 学生900円(800円)
          ( )内は20名以上の団体料金
          障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示で団体料金にご優待
 フィンランドの「マリメッコ」のテキスタイルデザイナーとして活躍したのち、フィンランドの老舗陶器メーカー「アラビア」のアート部門で現在も陶芸家として活動する石本藤雄。
 本展では、石本が生み出したマリメッコデザインの中から厳選したファブリックのインスタレーションや、デザインの基となった原画を展観し、近年手掛けた陶の作品を紹介。細見コレクションの「琳派」の作品との競演し、石本と、京都で育まれ、身のまわりを美しく飾る意匠を生み出した琳派との時空を超えた出会いを楽しむ。
  石本藤雄 Onni(オンニ/幸せ)(1975)
       Puutarhakutsut(プウタルハクツト/ガーデンパーティ)(1989)最新の陶の作品
       オオイヌノフグリ(2018)
       ヤマモモ(2017)
       ストライプ(2017)
       紅白花(2017)
       ヘチマ(2017)
       鈴木其一 水辺家鴨図屏風 江戸後期
       中村芳中 立葵図扇面 江戸後期 
       鈴木其一 糸瓜に朝顔図 江戸後期 
       池田遥邨 四季草花流水図屏風  など
「石本藤雄展」特別展示(茶室 古香庵にて 細見美術館3階)3/9(土)〜3/24(日)午前11時〜午後5時
ギャラリートーク:3/9(土) 午前10時15分〜

Onni(オン二)茶会3/16(土)会場:茶室 古香庵にて 事前申込み制、有料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11635] 【石川】金沢卯辰山工芸工房/研修者作品展[3/12(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 19:00:18

 金沢卯辰山工芸工房http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=32で3/12(火)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「金沢卯辰山工芸工房研修者作品展」3/12(火)〜3/17(日)
    午前10時〜午後6時(最終日は5時まで)
    入館無料
 平成元年に金沢市制100周年記念事業で、創造的なもの作りを通して時代の変化に対応できる工芸家の育成をめざし設立された当工房で、伝統的な工芸から素材の可能性を探るものまで幅広く活動する5つの工房・25名の研修者の作品を展示。
  【陶芸】堀貴春、楊玉女亭(「おんなへん」に「てい」)田中陽子、林沙也加、張多然、釣光穂
  【漆芸】池田晃将、藤原愛、中田真裕、鵜飼康平、吉田まゆ
  【染】新城すみれ、長友由紀、三尾瑠璃、府王皮(「おうへん」に「かわ」)杏、井上藍
  【金工】仲村葵、奥澤華、谷口史、織田隼生、柳井千恵子
  【ガラス】米津真理奈、菅野有紀子、富永一真、藤原彩葉
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11638] 【奈良】県立図書情報館/木の手しごと[3/19(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 19:05:27

 奈良県立図書情報館
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=24で3/19(火)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
☆企画展示「木の手しごと 奈良県立高等技術専門校 家具工芸科 修了生展」3/19(火)〜3/31(日)
   3/25(月)3/29(金)は休館
   最終日は午後4時まで
   入館無料
 奈良県立高等技術専門校 家具工芸科修了生で現在奈良で活躍中の9人による作品展。
   木工 暮しの道具Puja 大竹奈々(奈良市古市町)
   furniture factory store WEATHER REPORT 城岡直樹(宇陀市榛原)
   木の家具工房 CORE WORKS 鈴木健司(天理市)
   naice 中田真太郎(奈良市)
   木工ジョニー 細川尋勧(奈良市)
   MURAO 村尾守(十津川村)
   木工 森 mori 森幸太郎 (吉野郡下市町)
   白い犬 山本直美(川上村)
   十八製作所 和田トモコ(橿原市)

木の手しごと市:3/30(土)31(日)午前10時〜午後4時 2Fエントランス
さくらマルシェ:3/30(土)31(日)午前10時〜午後4時 館東側正面玄関前スペース、
       桜並木の開花時期に季節の美味しいものが並ぶ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11643] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/28(Thu) 23:11:21

 工芸やファッション、インテリアや建築などの新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【福島】
福島県立博物館
 ☆テーマ展「託されたおもい2018 寄贈・寄託の名品たち―会津漆器コレクション」〜3/31(日)

【茨城】
土浦市立博物館,☆「はたおり作品展&文化財特別公開」3/2(土)〜4/7(日)

【栃木】
壬生町おもちゃ博物館,☆「鉄道模型&レールトイ 2019」3/16(土)〜3/31(日)

【群馬】
群馬県立日本絹の里,☆第86回特別展「まゆクラフトと絹の作品展」〜4/7(日)
高崎市染料植物園,☆収蔵品展「草木染の美・春」〜4/21(日)
大隅俊平美術館,☆収蔵展示「春の刀剣展示」〜5/26(日) 

【埼玉】
埼玉県立歴史と民俗の博物館,☆美術展示「金工品」〜4/21(日)<常設展示室 第4室>

【千葉】
千葉県立現代産業科学館,☆特設コーナー展示「千葉の匠展−競技用車いす−」 〜3/10(日)

【東京】
三菱一号館美術館,☆「マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展」7/6(土)〜10/6(日)
静嘉堂文庫美術館,☆「日本刀の華 備前刀 国宝・曜変天目も併せて公開!」4/13(土)〜6/2(日)
町田市立博物館,☆「町田市立博物館工芸美術の45年展(仮称)」4/20(土)〜6/16(日)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念),☆第427回企画展「石川珂旦展」4/23(火)〜5/6(月・祝)ジュエリー
神奈川県民ホールギャラリー,☆「日本刺繍しおんの会 作品展」3/25(月)〜3/31(日)   
横浜人形の家
 ☆企画展「ひな人形展−かわいらしい春をさがしに−」〜3/10(日)
 ☆球体関節人形展「FREAKS CIRCUS プラネタリウム」3/1(金) 〜4/14(日)
鎌倉・吉兆庵美術館,☆「祝いの器 ボンボニエール展」3/23(土)〜6/16(日)

【富山】
富山県美術館,☆「わたしはどこにいる?道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」3/9(土)〜5/19(日)
高岡市美術館,☆コレクションにみる「高岡の金工・漆芸」4/10(水)〜6/9(日) 

【石川】
金沢卯辰山工芸工房,☆「金沢卯辰山工芸工房研修者作品展」3/12(火)〜3/17(日)

【京都】
西陣織会館 西陣織資料室,☆企画展「暮らしの和装美−石田和子コレクション−」〜3/24(日)
川島織物文化館
 ☆明治150年 平成30年記念「皇室とのゆかり 行啓と即位のしつらえ」〜10/18(金)
 ☆大阪・関西万博開催決定記念「万国博覧会と川島織物」〜2020年1/31(金)

【兵庫】
香雪美術館
 ☆四世梅若実襲名記念「幽玄の世界への誘(いざな)い 梅若六郎家所蔵の能面と能装束」〜5/6(月・振)
 ☆「武家と茶の湯」10/26(土)〜12/20(金)

【沖縄】
沖縄県立博物館・美術館
 ☆「琉球三線楽器保存・育成会創立30周年記念 沖縄が誇る 家宝の三線展」〜3/10(日)
那覇市民ギャラリー
 ☆第三展示室「押し花&佐田つまみ画(つまみ細工)展 二人のエチュード」3/5(火)〜3/10(日)
 ☆第三展示室「Felt cocoart クスッとかわいい羊毛フェルトのミニチュアわんちゃん展」3/19(火)〜3/24(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11657] 【富山】県美術館/道標をめぐるアートとデザイン[3/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/04(Mon) 23:02:24

 富山市の富山県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=16&c=3では、デザインの展示が3/9(土)から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」3/9(土)〜5/19(日)
    水曜と、3/22(金)5/7(火)休館(4/25(木)〜5/6(月・振)は無休)

    入館料金:一般900円 大学生450円 高校生以下無料
          各種手帳をお持ちの障害者の方と付添者1名無料

 人を目的地に導く目印「サイン」は、駅や空港、商業施設、美術館などのあらゆる場所に、標識や案内板、矢印やピクトグラムとして存在し、場所やそこに至る道程は人間の生き方とも結びつく。本展では「サイン=道標」に注目し、グラフィックデザイナーによるサインデザインと、場所との関係性を追究した現代美術作品をあわせて紹介。
  秋山さやか《浸食す》2015年
  色部義昭 富山県美術館 館内サイン 2017年(サイン計画:色部義昭/監修:永井一正)
  葛西薫 東京都立つばさ総合高等学校《Wisdom on Wall》2002年 
  康夏奈 《立山飛行体シリーズ》(仮称)作品イメージ
  佐藤修悦 JR日暮里駅構内案内図 2008年
  廣村正彰 横須賀美術館 2007年  など

オープンラボ 土・日・祝のプログラム「オリジナル ピクトをつくろう!」
3/2(土)〜5/19(日)土日祝の午前10時〜正午、午後2〜4時(定員:一度に20名程度/保護者除く)
3階 アトリエ(ラボ)にて、 小学校3年生以下は要保護者付添  事前の予約受付なし
参加無料

トーク・セミナー:3/9(土)午後2時〜(約90分)
葛西薫 × 廣村正彰 × 色部義昭 オープニング記念鼎談
3階 ホールにて (定員 約100名) 事前申込不要、当日先着順

ワークショップ「ガムテープ文字をつくろう」3/24(日)午後2時〜(約90分)
3階 アトリエにて (定員15名(中学生以上)、要申込、電話(076-431-2711)にて先着順
  名前、電話番号(当日連絡可能な番号)、住所(市町村まで)を伝えて
参加無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11658] 【広島】市現代美術館/美術館の七燈[3/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/04(Mon) 23:03:49

 比治山公園の広島市現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=9で3/9(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館30周年記念特別展「美術館の七燈」3/9(土)〜5/26(日)
     月曜休館(4/29、5/6は開館)、5/7(火)休館
     入館料金:一般1200円 大学生900円 高校生・65歳以上600円 中学生以下無料
         5/3(開館30周年記念日)は無料
         5/5(こどもの日)は高校生無料

美術館がまもるものと、美術館をまもるもの
 1989年、現代美術専門の公立初の美術館としてオープンした本館の建築と活動の軌跡を中心に紹介。観客、建築、場所、保存、歴史、逸脱、あいだ、といったキーワードを通して館蔵コレクションや新作によって歩みを振り返り、美術館の果たすべき役割、そして活動を支える諸要素を改めて捉えなおす。
 1章 「観客」参加によって成り立つ表現
   北山春夫《誰が「ヒロシマ」と名付けたのか》1996年
   オノ・ヨーコ《ウィッシュ・ツリー・フォー・ヒロシマ》2011年
 2章 「蔵とシンボル」美術館建築と野外彫刻
   館自体が、黒川紀章によるひとつの作品
   井上武吉による階段モニュメント 1988年
 3章 「ここ」広島、ヒロシマ
   小沢剛《地蔵建立−旧広島市民球場》2009年
   アルフレド・ジャー《われらの狂気を生き延びる道を教えよ(ヒロシマのために)》1995年    
 4章 「残すこと」作品の修復、コンサベーションの現在
   ナムジュン・パイク《ヒロシマ・マトリックス》1988年
 5章 「積み重ね」資料と関連作品による活動の記録
   開館告知チラシ、1988年
 6章 「(リ)サーチ」探索と逸脱 田村友一郎による新作インスタレーション
 7章 「あいだ、隙間、その他」隙間的スペースを活用した作品
   飯川雄大《デコレータークラブプロジェクト「衝動とその周辺にあるもの」》2017年
   松田るみ《ビュートレス−美術館のうちとそと−》2017年

3/9(土)アーティスト・トーク 午後2〜3時30分
 有川滋男氏、飯川雄大氏、北山善夫氏、谷田真氏、田村友一郎氏、チームやめよう、
 友枝望氏、又又(いずれも本展出品作家)
   展覧会場にて(エントランスホール集合)、申込不要

3/10(日)ワークショップ1「ビュートレス」午前10時30分〜午後0時30分、1時45分〜4時30分
 美術館の窓ガラスから見える風景をクレヨンでなぞり、作品として展示
 松田るみ氏(本展出品作家)エントランスホール、未就学児は要保護者同伴、参加無料、申込不要

4/13(土)パフォーマンス「うたをください」午前11時〜
 観客も歌って踊りながら一緒に作品をつくる参加型パフォーマンス
 竹之下亮氏(本展出品作家) 彫刻の広場ほか(美術館周辺)
 未就学児は保護者同伴、参加無料、申込不要

学芸員によるギャラリートーク
3/16(土)4/27(土)午後2〜3時30分

アートナビ・ツアー:土日祝:午前11時〜、午後2時〜(トーク開催時は除く)

4/20(土)ワークショップ3「XXXではXXXを募集します」
(1)午前10時30分〜午後0時30分(2)午後2〜4時
架空の職業の映像作品をみながら自由に想像をひろげ、架空の社員募集要項をつくる
有川滋男(本展出品作家)、小学5年生以上対象(大人も可)定員各回15名
参加無料、要事前申込、応募者多数の場合は抽選(館サイト、もしくは往復葉書で申込、3/28(木)必着 )
 往復はがきは、ワークショップの名前、参加したい回、参加希望者の氏名(1通につき3名まで) 年齢、住所、電話番号を明記
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1 広島市現代美術館「特別展ワークショップ」係
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11677] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/06(Sat) 23:59:18

 これから見られる工芸やファッション、インテリア、建築などの新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【茨城】
茨城県近代美術館,☆企画展「志村ふくみ展―滋賀県立近代美術館コレクションを中心に―」4/6(土)〜6/2(日)

【東京】
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
 ☆第372回企画展「TDC 2019」4/3(水)〜4/27(土)
 ☆第373回企画展「井上嗣也展」5/14(火)〜6/26(水)
伝統工芸青山スクエア
 ☆「山中漆器 石川進ぬりもの展」4/5(金)〜4/11(木)
 ☆企画展「新指定おひろめ展」4/5(金)〜4/18(木)
 ☆「東京手描友禅 小倉貞右・隆 親子展」4/12(金)〜4/18(木)
 ☆企画展「初夏薫風 おしゃれ小物と近江の麻を楽しむ」4/19(金)〜5/16(木)
 ☆「堺打刃物 池田美和展」4/26(金) 〜5/2(木)
 ☆「越前漆器松田祥幹展」5/3(金)〜5/9(木)
 ☆「阿波正藍しじら織展」5/17(金)〜5/30(木)
 ☆「信州紬 手織り上田紬展」5/17(金)〜5/23(木)
 ☆「ふじのくに に伝わる匠の技 静岡県の伝統工芸品展」5/31(金)〜6/13(木)
東京都庭園美術館,☆「1933年の室内装飾―朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」7/20(土)〜9/23(月・祝)
日本建築学会建築博物館
 ☆「「地球の声」小委員会展示会(仮称)」4/14(日)〜4/21(日)
 ☆「2019年日本建築学会各賞受賞業績展示会」5/10(金)〜6/2(日)
 ☆「子どものまち・いえワークショップ提案コンペ応募作品展示」6/8(土)〜6/15(土)
 ☆「BOX展」7/2(火)〜7/8(月) 一般社団法人 日本建築美術工芸協会
 ☆秦砂丘子カラーセミナーグループ展「色と形でイメージを創る〜味・嗅・触・聴・覚からの発想〜」7/19(金)〜7/21(日)
 ☆建築文化週間 学生グランプリ2019「銀茶会の茶席」 8/3(土)〜8/12(月)
 ☆「JARA2019」(建築パース2019展) 8/24(土)〜8/31(土)
 ☆「建築家たちのスケッチ展」9/2(月)〜9/9(月)
永青文庫,☆春季展「生誕130年 漆芸作家 高野松山 今よみがえる究極の技」4/27(土)〜7/3(水)
上野の森美術館
 ☆第33回「ハクビ和紙ちぎり絵創作展」4/8(月)〜4/14(日)
 ☆「草間冴子 創作人形展」5/10(金)〜5/14(火)
たばこと塩の博物館
 ☆「マッチ 〜魔法の着火具・モダンなラベル〜」5/25(土)〜7/7(日)
 ☆「館蔵ミニチュア展(仮称)」9/7(土)〜12/1(日)
 ☆「TABASHIO Poster Collection(たば塩 ポスターコレクション)(仮称)」12/14(土)〜2020年2/16(日)
杉野学園衣裳博物館,☆平成31年度「前期館収蔵品展」4/2(火)〜8/8(木)
日本民藝館,☆特別展「藍染の絞り 片野元彦の仕事」4/2(火)〜6/16(日)   
目黒区美術館
 ☆「京都国立近代美術館蔵 世紀末ウィーンのグラフィック
    −デザインそして生活の刷新にむけて」4/13(土)〜6/9(日)
 ☆「太田喜二郎と藤井厚二
    −日本の光を追い求めた画家と建築家」7/13(土)〜9/8(日)
世田谷美術館
 ☆企画展「ある編集者のユートピア
   小野二郎:ウィリアム・モリス、晶文社、高山建築学校」4/27(土)〜6/23(日)
渋谷区立松濤美術館,☆「美(ちゅ)ら島からの染と織─色と文様のマジック」8/10(土)〜9/23(月・祝)
東京富士美術館
 ☆特別展「五箇伝の名刀から名家伝世の印籠まで
   サムライ・ダンディズム 刀と印籠−武士のこだわり」4/2(火)〜6/30(日)
澤乃井 櫛かんざし美術館
 ☆特別企画展「美しき手描き友禅 腰原きもの工房展」4/23(火)〜5/26(日)
 ☆「印籠・姫印籠展」〜6/2(日)
福生市郷土資料室,☆企画展示「バードカービング展」〜4/7(日)

【金沢】
金沢市立安江金箔工芸館,☆春季展「日本美術と金」〜6/23(日)
小松市立本陣記念美術館,☆企画展「花言葉に寄せて」〜6/16(日)
石川県輪島漆芸美術館,☆第24回「飛翔する輪島の漆芸作家たちー全国展入選作品ー」〜5/13(月)会期中無休

【福井】
福井市愛宕坂茶道美術館,☆企画展「春のもてなし」〜5/20(月)会期中無休

【山梨】
山梨県立美術館,☆「デザインあ展 in YAMANASHI」4/13(土)〜6/9(日)

【長野】
松本市時計博物館,☆時の記念日企画展「わが家のお宝時計展」5/18(土)〜6/16(日)
諏訪市原田泰治美術館,☆第14回「絵画キルト展」〜4/14(日)
信州高遠美術館,☆「柘植伊佐夫UNITY−人物デザインの世界展−」4/6(土)〜5/19(日)
安曇野山岳美術館,☆「あさのたかを木壁画の世界」〜4/10 (水)
安曇野高橋節郎記念美術館,☆春季展示「花日和」〜7/10(水)
日本電産サンキョー オルゴール記念館すわのね
 ☆リニューアル3周年記念「永守コレクションオートマタ展2019 からくりオルゴールと蓄音機」〜4/21(日)

【静岡】
浜松市楽器博物館
 ☆ミニ企画展「大正琴歴史館〜大正・昭和・平成から新しい時代へ〜」4/1(月)〜5/6(月・振)
 ☆企画展「楽器と植物・楽器と動物」8/1(水)〜9/23(月・祝)
 ☆ミニ企画展「沖縄の誇り・三線」7/25(木)〜9/23(月・祝)
佐野美術館
 ☆「名工・永徳齋の人形―旧安田楠雄家の節句飾りと紙鳶洞コレクション」 〜4/7(日)
 ☆「受贈記念 吉澤章 創作折り紙の世界」4/14(日)〜6/30(日)
 ☆「名刀への道」2020年1/7(火)〜2/16(日)
 ☆「人形の美 語りかけるひとがた
   ―彫刻家 前島秀章・久代夫妻寄贈の人形コレクション」2020年2/22(土)〜4/5(日)
野坂オートマタ美術館,☆2019年 桜祭り・ゴールデンウィーク企画展 「褐色の美」4/28(日)〜5/5(日・祝)
ふじのくに茶の都ミュージアム,☆第5回企画展「茶箱・パッケージから見るお茶の未来」4/20(土)〜7/7(日)

【愛知】
古川美術館・爲三郎記念館
 ☆分館爲三郎記念館特別企画「漆・浅井啓介展」〜4/7(日)
 ☆特別展Collector’s exhibition「日本の巨匠」〜5/6(月・振)
 ☆分館爲三郎記念館「季節の設え」4/9(火)?4/22(月)
 ☆分館爲三郎記念館 庭園特設檜舞台
   爲三郎記念館創建85周年記念「檜舞台?椎の木の下で?」4/23(火)〜5/18(土)
 ☆分館爲三郎記念館特別展「茶の湯?千宗屋の世界」(仮称) 10/19(土)?12/8(日)
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「藤村光環 市松人形展」4/2(火) 〜 4/7(日)
 ☆「輪島塗 銀の漆器 中津漆器店」4/9(火) 〜 4/14(日)
 ☆第10回「プリフラアート展『Flower Decoration』〜花装飾〜」4/11(木) 〜 4/14(日)
 ☆「2019春 オルネフラワー協会 作品展」4/16(火) 〜 4/21(日)
 ☆「もっこう展 加賀友博・加賀千珠子」4/23(火) 〜 4/29(月・祝)
 ☆「鈴木紀恵 シュガークラフト展」5/8(水) 〜5/12(日)
 ☆「Masato Ito 創作眼鏡展」5/8(水)〜5/12(日)
 ☆輪島屋善仁 工房展 「漆のかたち」5/14(火)〜5/19(日)
 ☆「静物と風景 二人展 波多野・伊勢」5/14(火)〜5/19(日)
松坂屋美術館
 ☆第41回「日本新工芸展」6/19(水)〜6/25(火)
 ☆「草乃しずか展 ー煌く絹糸の旋律ー」6/29(土)〜7/15(月・祝)

【滋賀】
草津市立水生植物公園みずの森,☆第44回「春のハンギングバスケット&コンテナ展」4/26(金)〜5/6(月・祝)
MIHO MUSEUM,☆2019年夏季特別展「謎の蒔絵師 永田友治」6/8(土)〜7/15(月・祝)

【京都】
高麗美術館,☆「朝鮮王朝末期の輝き・語り継ぐ朝鮮の美」4/1(月)〜8/2(火)
京都府京都文化博物館,☆「太田喜二郎と藤井厚二 日本の光を追い求めた画家と建築家」4/27(土)〜6/23(日)
京都鉄道博物館,☆プラレール 60 周年企画展「60年まるごとプラレール展」〜5/7(火)
大丸ミュージアムKYOTO,☆第70回「華道京展―始まりは今、華道―」4/4(木)〜4/9(火)

【大阪】
大阪市立長居植物園,☆第4回「和紙ちぎり絵作品展」4/2(火)〜4/7(日)
逸翁美術館,☆2019展示III「青と赤の煌めき 美術工芸品を彩る色の世界(仮題)」7/6(土)〜8/25(日)
大阪日本民芸館,☆春季特別展「自然布―草木で織りなす―」〜7/15(月・祝)
高槻市立しろあと歴史館,☆第40回企画展「侍アート 刀剣・甲冑〜武具にみる戦いの美〜」〜5/12(月)
大阪大谷大学博物館
 ☆2019年度春季特別展「貝塚廣海家の衣装受贈記念 近代の礼装きもの」4/2(火)〜6/5(金)
  (期間中の土曜日は午後も開館、日祝休館、但し4/29(月・祝)30(火・休)は開館)
大阪府立狭山池博物館,☆平成30年度春季企画展「土木遺産展ー関西の橋梁 めぐりー」〜5/12(日)

【兵庫】
神戸ファッション美術館,☆2019年度第1期特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」4/13(土)〜6/23(日)
神戸ゆかりの美術館,☆特別展「大正・昭和 神戸 まぼろしの公会堂コンペ再現!展」11/23(土)〜2020年3/8(日)
六甲オルゴールミュージアム,☆特集コンサート「花々とオルゴール〜KOBE香水物語に包まれて〜」5/10(金)〜7/11(木)
竹中大工道具館,☆「水車大工−水力エネルギーをデザインする−」〜5/12(日)
日本玩具博物館,☆玩具や人形を通して平成を振り返る企画展「平成おもちゃ文化史」〜11/12(火)
伊丹市立工芸センター,☆「A Contemporary Jewelly Odessey」4/6(土)〜5/6(月・振)

【奈良】
奈良県立図書情報館,☆「世界のブックデザイン2018ー19」4/9(火)〜5/30(木)

【和歌山】
岩出市民俗資料館,☆「根来塗講座受講生作品展」〜4/8(月)

【鳥取】
米子市美術館,☆同時開催「安部朱美創作人形展」4/27(土)〜6/2(日)会期中無休

【愛媛】
ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館),☆第13回「えひめ工芸作家展」〜4/14(日)

【高知】
海洋堂ホビー館四万十,☆7周年×北斗の拳35周年記念特別展「北斗の拳フィギュア列伝」〜6/3(月)

【福岡】
福岡県立美術館,☆コレクション展I「おりおりのおり―四季と着物の折」〜6/23(日)

【佐賀】
佐賀県立名護屋城博物館,☆春季企画展「海を渡った装身具」2020年2/28(金)〜5/10(日)

【熊本】
熊本県伝統工芸館,☆企画展「第36回日本伝統漆芸展」5/1(水)〜6/2(日)
熊本県立美術館
 ☆熊本県立美術館×熊本博物館 連携企画展「きらめく!大名道具ー細川家の「文」の世界」4/13(土)〜7/7(日)
熊本市立熊本博物館
 ☆熊本県立美術館×熊本博物館 連携企画展「きらめく!大名道具ー細川家の「華」と「武」の世界ー」4/20(土)〜7/7(日)
島田美術館
 ☆「金継教室 繕い古古 作品展」4/5(金)〜4/15(月)
 ☆「山葡萄の籠と暮らしの道具展」4/5(金)〜4/15(月)

【大分】
大分県立美術館
 ☆「竹工芸名品展:ニューヨークのアビー・コレクション メトロポリタン美術館所蔵」5/18(土)〜6/30(日) 
【宮崎】
宮崎県立美術館,☆「ウィリアム・モリス 英国風景とともにめぐるデザインの軌跡」8/3(土)〜9/8(日)

【鹿児島】
フラワーパークかごしま,☆「アートフラワー作品展」4/20(土)〜5/12(日)

【沖縄】
那覇市民ギャラリー,☆第一展示室「西表の三線職人 奥田武 三線展示販売会」4/9(火)〜4/14(日)
那覇市歴史博物館
 ☆特別展 「鳥が描かれた紅型衣裳/三線」〜4/22(月)
 ☆特別展 2019年度春季国宝「玉冠」特別公開 4/26 (金)〜5/8 (水)
 ☆特別展「琉球国王の衣裳」4/26 (金)〜5/22 (水)
 ☆特別展「菖蒲の描かれた色違いの紅型衣裳」5/24 (金)〜6/24 (月)
 ☆特別展「水色地の紅型衣裳/王家の宝刀(I)」6/28 (金)〜7/31 (水)
 ☆特別展「白地の紅型衣裳/王家の宝刀(II)」 8/2 (金)〜9/2 (月)
浦添市美術館
 ☆平成30年度第3期常設展「福づくし!縁起よしのおめでたい漆器展」〜5/19(日)
 ☆2019年度 第1期常設展「琉球漆器ってなんだろう? 見て・知って・楽しむ常設展」5/26(日)〜9/23(月・祝)
 ☆2019年度 第2期常設展「漆がつなぐ・漆でつなぐ ―寄贈者コレクション展―」10/1(火)〜2020年1/19(日)
 ☆「漆芸作家シリーズ2019―諸見 由則 展―」11/1(金)〜11/17(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.11562] 【京都】茶道資料館/旅する茶道具[後期:2/28(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/13(Wed) 23:46:53

 堀川寺之内の茶道資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=10で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2019年新春展「旅する茶道具」後期:2/28(木)〜 3/31(日)
(併設展「歳寒三友−新春を寿ぐ松竹梅−」)
    〜2/27と月曜休館
    入館料金:一般700円 大学生400円 中高生300円 小学生以下無料
 茶箱や旅箪笥、旅茶碗など持ち運びできる茶道具は、日常と異なる空間で茶を味わうために欠かせないもの。本展では、茶箱や茶弁当など携行する茶道具をはじめ、荷い茶屋や、江戸と京をつないだ御茶壺道中に関する諸資料、それらの場面を描いた絵画資料などを展示し、旅とともに人々が喫茶に親しんだ様子を展示。また、裏千家の歴代家元が旅先で造った茶碗など、旅に関連した茶道具も紹介。
  黒漆塗松竹梅蒔絵茶弁当
  キンマ鳥獣文茶箱
  黒漆塗紋蒔絵茶弁当
  赤茶碗 仙叟手造 元禄三年
  雑器盆 裏千家11代玄々斎直書
  鼈甲茶杓一双 銘抜天  など

呈茶:入館者に無料の呈茶があり、抹茶と和菓子を提供 (午前10時〜午後4時)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明