[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.11452] 【日本洋画】2019年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 19:38:09

 年始から見られる、日本人作家の洋画の展覧会を紹介します。この発言を2018年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
北海道大学総合博物館
 ☆没後80年記念展「比田井天来 北海道大学総合博物館
    −書・拓本−所蔵コレクション」2019年1/16(水)〜2/17(日)
市立小樽美術館
 ☆中村善策記念ホール開設30周年・没後35年特別展「中村善策と小樽・風景画の系譜」〜2019年2/24(日)

【青森】
小川原脩記念美術館,☆常設展「小川原 脩展 遥かなるイマージュ3」〜2019年4/14(月)

【岩手】
萬鉄五郎記念美術館,☆「ー詩情をつむぐ写実ー池田次男展」〜2019年2/17(日)

【埼玉】
原爆の図丸木美術館,☆「アートスペース特別展示 丸木俊の絵画と戦後」〜1/20(日)

【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー
 ☆「山本 大貴 展−新たな写実の世界を生み出す独自の美意識−」 〜2019年1/20(日)洋画
 ☆「きりん 夢で逢いましょう展」 2019年1/22(火)〜2/3(日) パステル画
 ☆「柳 賢淑展」2019年2/5(火)〜2/17(日) 油彩画・アクリル画
中村屋サロン美術館,☆「コレクション展示」〜2019年2/24(日)
竹久夢二美術館,☆「竹久夢二 美人画展 ―わたし美人?―」2019年1/3(木)〜3/31(日)
久米美術館,☆「館蔵品展」 2019年1/11(金)〜3/10(日)
東京工業大学百年記念館
 ☆特別企画「平井聖 町並みスケッチ展 in 東工大百年記念館」2019年1/7(金)〜1/16(水)
渋谷区立松濤美術館,☆サロン展「南薫造展」「山口草四朗展」前期:2019年2/10(日)〜2/24(日)
                         後期:2019年3/2(土)〜3/17(日)
武蔵野市立吉祥寺美術館,☆「岩本拓郎 すべての いろと かたち」2019年1/12(土)〜2/24(日)洋画
多摩美術大学美術館
 ☆コレクション展「生誕120年記念 福沢一郎−語りて屈さぬ絵画の地平−」〜2019年2/24(日)

【愛知】
名古屋大学博物館,☆「ボタニカルアート作品展」 2019年1/15(火) 〜 3/22(金)
ヤマザキマザック美術館,☆「アール・ヌーヴォーの伝道師 浅井忠と近代デザイン」〜2019年2/17(日)
豊川市桜ヶ丘ミュージアム,☆「卒寿記念 高畑郁子展」〜2019年3/24(日)
杉本美術館,☆「 没後十五年 杉本健吉」〜2019年4/16(火)

【大阪】
大阪市立美術館,☆コレクション展「辻 愛造を歩く−昭和風景アンティーク−」 〜2019年1/14(月・祝)
山王美術館,☆秋・冬季コレクション展2018「没後90年佐伯祐三 没後30年小磯良平展」〜2019年1/31(木)

【佐賀】
佐賀県立美術館,☆OKADA-ROOM vol.12「 岡田三郎助と日本近代洋画の名品」〜2019年2/11(月・祝)

【長崎】
佐世保市博物館島瀬美術センター,☆「荒木幸史展」2019年1/23(水)〜1/29(火)洋画

【熊本】
熊本県立美術館,☆「福武コレクション 西へ東へ。藤田嗣治と国吉康雄」2019年1/8(火)〜3/24(日)

【沖縄】
佐喜真美術館,☆「命どぅ宝「沖縄戦の図」展/佐喜眞美術館コレクション展」〜2019年2/3(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11503] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/01(Fri) 00:17:58

 日本人作家の洋画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【北海道】
釧路湿原美術館,☆企画展「絵と文 挿絵の原画展」〜3/31(日)
紋別市立博物館,☆特別展「流氷画家 村瀬真治 大回顧展」〜2/24(日)

【東京】
東京ステーションギャラリー
 ☆没後90年記念「岸田劉生展」8/31(土)〜10/20(日)
 ☆「坂田一男展(仮称)」12/7(土)〜2020年1/26(日)抽象画

【神奈川】
横須賀美術館,☆平成30年度第4期所蔵品展 特集「知られざる詩情の画家 三木弘」〜4/14(日)
相模原市民ギャラリー,☆第6回「サム・ヤマモト水彩画個展 木々の光と影と命」2/8(金)〜2/11(月・祝)
町立湯河原美術館,☆収蔵品小企画展「矢部友衛人物画展」〜3/25(月)

【新潟】
今泉記念館,☆「藤田嗣治とフランスに魅了された画家たち」 〜2/24(日)
トミオカホワイト美術館,☆富岡惣一郎「雪国」〜3/17(日)

【山梨】
河口湖ミューズ館・与勇輝館,☆「堀木勝富展」 〜3/13(水)洋画

【長野】
田淵行男記念館,☆「丸山晩霞 水彩画展」〜2/24(日)

【静岡】
ベルナールビュフェ美術館,☆「ベルナール・ビュフェ再考 代表作から見るビュフェの半世紀」〜2019年4月

【滋賀】
佐川美術館,☆「木梨憲武展 Timing−瞬間の光り−」4/6(土)〜5/19(日)

【大阪】
阪急うめだギャラリー,☆画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔 -faces-」2/16(土)〜3/4(月)
サクラアートミュージアム
 ☆企画展1「クレパス画コレクション展」〜2/16(金)
 ☆企画展2「創業者佐武林蔵とクレパス誕生」3/19(月)〜4/20(金)
 ☆特別企画「田伏勉 クレパス画展」5/21(月)〜6/9(土)
 ☆企画展3「山本鼎と美術教育」9/10(月)〜10/12(金)
 ☆企画展4「中村善策とクレパス画の描き方」11/12(月)〜12/14(金)

【兵庫】
神戸ゆかりの美術館
 ☆「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション展2
 特集:小松益喜の中国・ロシア風景」〜4/7(日)

【鳥取】
米子市美術館,☆特別企画展「金畑実とゆかりの作家たち」2/16(土)〜3/17(日)

【熊本】
芦北町立星野富弘美術館
 ☆「この道を行こう」
  同時開催「冬の展示」〜3/10(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11523] 【兵庫】神戸ゆかりの美術館/小松益喜の中国・ロシア風景 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/03(Sun) 23:41:28

 ファッション美術館に併設の、神戸ゆかりの美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=5では神戸と、外国風景の素描を中心にした展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション展2」
 特集「小松益喜の中国・ロシア風景」 前期:〜2/11(月・祝)
                     後期:2/14(木)〜4/7(日)
     月曜(祝日は開館)と祝日の翌日、2/13(水)休館
     入館料金:一般200円 大学生・65歳以上100円 高校生以下無料
 阪神・淡路大震災(1995)で被災した小松益喜(1904〜2002)のアトリエから救出された作品群が神戸市へ寄贈され、2016年、その中から神戸市の姉妹都市であるラトヴィア・リガ市のスケッチを特集展示した。今回は1936年に訪れた大連、1938年3月に小磯良平・中村鉄と訪ねた台湾、そして。1969年11〜12月に、まだ旅行に制限のあった旧ソ連・モスクワ、レニングラードを訪れて描いた風景。
 神戸に住んだことのある神原浩の中米風景、関口俊吾・菅原洸人のフランス風景など、神戸の街並みや海の記憶を反映する作品など。1年ぶりに、復元されたアカデミー・バー壁画も公開。
 小松益喜《大連の教会》1936
       《大連風景》1936 《美濃町裏通り》1936(前期展示)
       《大連の小さな家々》1936 《冬枯れの風景》1936(後期展示)
       《台湾行船中にて》1938 《椰子の葉のある風景》1938(前期展示)
       《台北にて》1938 《噴水のある学校》1938(後期展示)
       《レニングラード風景》1969 《キエフ新プーシキン通り》1969(前期展示)
       《カテリーナ宮殿》1969 《モスクの見える風景 土管の橋》1969(後期展示)
       《リガの古き街並》1975 《三兄弟の門》1975(前期展示)
       《リガの倉庫街》1975 《イマンタの教会》1975(後期展示)       
 神原浩 《暗雲 クリストバル沖合》1954
 関口俊吾《パリ、エスカルゴ》1983
 菅原洸人《朝のディエップ港》1980年代
 西村功 《ポートアイランドと神戸》1990年
 金山平三《港》1956〜64年頃
 伊藤慶之助《僧院ケサリアニ》1968年頃  など

ギャラリーツアー:2/16(土)3/2(土)3/16(土)午後1時30分〜約30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

 2/2(土)に訪れた隣の館、というか併設館。実はこちらが主目的でした。ゆったりと外国を描いた風景画を眺める。時間的に、学芸員さんのギャラリーツアーにも参加することが出来ました。
 神戸に長く住んだ小松益喜が、戦前の大連や、戦後のラトヴィア・リガを描いたのは、神戸に似た洋館に惹かれたから、と言うことには納得。私も大好きな風情です。さらにその雰囲気を按司合わせてくれたのは、菅原洸人《朝のディエップ港》(フランス、ノルマンディー)。倉庫街で曲がりくねった港の湾口にもやった海が見える風景…もう、ここは風景の現場のようにたたずみました。

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.11548] 【兵庫】丹波市立植野記念美術館/川端謹次展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/10(Sun) 11:14:28

 氷上の丹波市立植野記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=135では、地元の洋画作家の展示が開催されています。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆作品受贈記念 生誕110年「川端謹次展(後期展)」〜3/17(日) 
   月曜休館(祝日は開館)
   入館料金:一般600円 高大生300円 小中生150円 (ココロンカード利用可)

 現在の丹波市柏原町柏原に生まれた川端謹次は1909年(明治42年)東京美術学校で藤島武二に西洋画を学び、仙台陸軍幼年学校、兵庫県立長田高校、関西大学や神戸女子短期大学などで美術を教えながら制作を続け、光風会展や日展に出品し、1998年(平成10年)に89歳で亡くなった。「光と空気と水」をモチーフに、外光のもとで、特に空気感と水のきらめきを一貫して追求。
 ほとんどの作品が保管されていた自宅アトリエが、阪神淡路大震災で倒壊して、それを機に平成12年に神戸市へ172点、当館へは50点の作品が寄贈され、2017年(平成29年)には小品を中心に遺族の手許に残っていた油彩画153点、スケッチ類、画巻、版木類などが当館へ寄贈された。この度は比較的大型の作品を中心に後期展として紹介。
   映画館ABC 1952(昭和27)年
   六甲連山 1960(昭和35)年
   白樺残雪 1966(昭和41)年
   天橋立の雪 1966(昭和41)年
   須磨の浜小屋 1967(昭和42)年 
   アザミ 1977(昭和52)年
   五月の入船山 1981(昭和56)年 
   黄昏時 1987(昭和62)年 
   ひまわり 1990(平成2)年 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11560] 【岡山】県立美術館/小圃千浦 カリフォルニアに生きる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/12(Tue) 23:44:35

 岡山城下の岡山県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=0では、米国へ渡った画家の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆岡山の美術 特別展示 岡山の作家☆再発見VIII
  「小圃千浦 カリフォルニアに生きる」〜3/10(日)
     月曜休館
     午前9時〜午後5時(2/22(金)は7時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般350円、65歳以上170円 大学生250円 高校生以下無料
 井原市に生まれ、1903年に渡米し、サンフランシスコでは『ジャパン』誌の挿絵画家を勤めた小圃千浦(1885−1975)は、28年には日本で木版画集《世界風景連作》を出版し、32年にカリフォルニア大学バークレー校美術科の講師になる。太平洋戦争中に収容所で小圃は美術学校を開設し収容者に活力を与えた。戦後の54年にはアメリカの市民権を得て、75年に同国で死去。日本画、水墨画、水彩画、木版画そして素描など、幅広い内容の約140点から、東洋と西洋が混在する小圃作品の魅力を紹介。
   《夕暮れの給水塔》1943年
   《悲しい窮状》1942年
   《北国の娘》1931年  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11569] 【大阪】阪急うめだギャラリー/片岡鶴太郎展 顔[2/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 00:06:49

 阪急うめだギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=41で明日2/16(土)からはじまる展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆画業25周年・芸能生活45周年記念「片岡鶴太郎展 顔 -faces-」2/16(土)〜3/4(月)
     午前10時〜午後8時(金土は9時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金 :一般800円 学生 600円
 芸人、俳優、ボクサー、画家、書家、そしてヨーギー、さまざまな「顔」をもちながら画業25周年、芸能生活45周年を迎える片岡鶴太郎の新作を中心に展示。日本の顔である「富士山」をメインビジュアルに、エンターテインメント性のある展示をし、画家としての原点である椿作品だけで「椿の回廊」を構成。
   《赤富士》2018年
   《鯉不二》2018年
   《こぼれ椿》2014年
   《雪椿》2008年
   《黒福招き猫》2017年
   《白福招き猫》2017年
   《千年の恋 源氏物語》2002年
   《感謝の薔薇》2016年  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11584] 【岡山】シティミュージアム/木梨憲武展 Timing−瞬間の光り−[2/19(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 22:25:03

 岡山駅前の岡山シティミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=11
で2/19(火)から開催される展示の紹介をします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「木梨憲武展 Timing−瞬間の光り−」2/19(火)〜3/31(日)
    2/25(月)3/4(月)3/11(月)休館
    開館時間:午前10時〜午後6時(入場は午後5時30分まで)
    入館料金:一般・大・専門生1200円 中高生600円 小学生以下無料
          身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添者1名無料
 「木梨憲武展×20years」から2年。木梨憲武さんが、2018年6月、ストリートカルチャーの発信地、イギリス・ロンドンでの個展開催し、そこで披露した新作を中心に、絵画、ドローイング、映像、オブジェなど、表現方法に縛られない150点以上の作品を展示。
   《REACH OUT》2018年
   《感謝》2013年
   《フェアリーズ》2015年
   《kiss》1999年
   《Mt.FUJI》2015年
   《窓》2015年
   《OUCHI−光り》2017年
   《お手月 REACH OUT》2008年 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11603] 【広島】奥田元宋・小由女美術館/吉村芳生 超絶技巧を超えて[2/22(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/21(Thu) 21:32:00

 三次市の奥田元宋・小由女美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=57で明日2/22(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「吉村芳生 超絶技巧を超えて」2/22(金)〜4/7(日)
     3/13(水)のみ休館
      開館時間:午前9時30分〜午後5時(3/21(木・祝)は9時まで、入場は閉館時間の30分前まで)
      入館料金:一般1000円 高大生500円 中学生以下無料
             ペアチケット〔一般男女のペアのみ〕 1800円(2名分)
             身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者健康福祉手帳をお持ちの方は無料

 鉛筆を使ってひと文字ずつ描き写された新聞の一面や、一年間の自らの顔を描いた365枚の自画像など、「超絶技巧」を超えた独自の作品を描き出した吉村芳生の画業を紹介。1950年、山口県防府市生まれ、1976年に上京、版画を学び公募展、国際展などに出品。1985年からは現在の山口市徳地に居を移し2007年に開催された「六本木クロッシング2007:未来への脈動」(森美術館)への出品で全国的に脚光を集めたが、2013年に病により早逝。本展では、初期のモノクロームによる「ドローイング写真」のシリーズや、代表的なシリーズとなる「新聞と自画像」の一連の作品、色鉛筆によって克明に描きこまれたコスモス畑やフジの花など、代表作を含むおよそ60件の作品を一に紹介。
    《無数の輝く生命に捧ぐ》2011−2013年 色鉛筆、紙
    《SCENE 85-8》1985年 鉛筆、紙
    《新聞と自画像 2008.6.15 中国新聞》2008年 鉛筆、色鉛筆、水性ペン、炭、水彩
    《コスモス》2004年 色鉛筆、紙
  
特別ギャラリートーク :3/17(日)午後2時から30〜1時間程度
 吉村大星 氏(画家/吉村芳生 長男)事前申し込み不要

当館学芸員によるギャラリートーク:2/24(日)3/1(金)3/31(日)午後1時〜 事前申し込み不要

関連講演会:3/24(日)午後1時〜1時間程度
「1970〜80年代、広島の現代美術を通して」金田晋 氏(美学者/広島大学名誉教授)
  ロビーにて、定員50名(参加希望申し込み制)
   
茶室「待月庵」呈茶:会期中の土日祝を中心に(有料)

満月ロビーコンサート:3/21(木祝)ロビーにて午後2時〜/7時〜 無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11626] 【大阪】絹谷幸二 天空美術館/夢見る力〜空想大劇場〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 00:30:19

 梅田スカイビルの絹谷幸二 天空美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=43で開催中の展示を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館2周年記念特別展示「夢見る力〜空想大劇場〜」〜6/10(月)
    火曜休館(祝日の場合は翌日)
    一般1000円 中高大生600円 小学生以下無料
 3D映像『夢無辺』に加え、新たな『平治の乱』をと2本立てで「静」と「動」の世界を公開。
 東京・青山の「こどもの城」のエントランスを飾っていたアフレスコ(壁画古典技法)の傑作『アラベスク』全20面をテーマごとに展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11628] 【東京】中村屋サロン美術館/及川聡子 展「光ノ萌」[3/2(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:50:28

 新宿の中村屋サロン美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=103では新進芸術家紹介の展示を3/2(土)から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展示 中村屋サロン アーティストリレー第2回
 及川聡子 展「光ノ萌(ヒカリノキザシ)」3/2(土)〜4/7(日)
    火曜休館
    開館時間:午前10時30分〜午後7時(入館は6時40分まで)
    入館料金:300円、高校生以下および障がい者とその同伴者1名は証明書呈示で無料
          リピート割引有り(会期中に当企画展の半券を呈示で100円割引)
 明治末から昭和初期にかけて新宿中村屋で形成された芸術家・文化人達のつながり「中村屋サロン」を、アーティストの紹介によるリレーという形で今に表し、新進芸術家に発表の場を提供。
 日本画家 及川聡子によって、湯気や煙を題材にした「水焔(すいえん)、香焔(こうえん)」シリーズから、近年より始めた人物画である「聴くひと」シリーズを展開。
  《Incarnation》 2018年
  《香焔−時間》2015年
  《水焔−透目》2017年
  《聴くひと−夢》2018年
  《寄り添う》2018年

ワークショップ「消しゴムで描く」3/19(火)午後1時30分〜4時、要入館料+材料費300円
  講師 及川聡子氏  館サイトにて申込み
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11640] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/28(Thu) 23:09:13

 日本人作家の洋画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【山形】
酒田市美術館
 ☆酒田市美術館収蔵品展II「庄内ゆかりの作家たち
  特集 生誕100年 斎藤正治」〜3/10(日)洋画
真下慶治記念美術館,☆「真下慶治 最上川 V」3/8(金)予定〜4/2(火)

【茨城】
茨城県つくば美術館,☆「筑波大学教授退職記念展 玉川 信一展」3/19(火)〜3/24(日) 絵画

【群馬】
冨弘美術館,☆企画展「そこに一輪の花」〜6/30(日)

【千葉】
市川市芳澤ガーデンギャラリー
 ☆第54回「市川デッサン会作品展」3/29(金)〜4/7(日)
 ☆市川ゆかりの作家たち展「遠山悦子 −さくらを追って− 
 ・ 長島充 −現実と幻想の狭間で−」 4/12(金)〜5/6(月・振
【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー,☆「鵜飼 周一展 油彩画・水彩画・パステル画」3/26(火)〜4/7(日)
 ☆「岩瀬 侑夫展 油彩画」4/9(火)〜4/21(日)
中村屋サロン美術館,☆アーティストリレー第2回 鈴木まもる展「鳥の巣World」4/13(土)〜5/12(日)

【岡山】
岡山県立美術館
 ☆岡山の美術特別展示岡山の作家☆再発見VIII「小圃千浦 カリフォルニアに生きる」〜3/10(日)

【沖縄】
沖縄県立博物館・美術館,☆企画展「驚異の写実 ― ホキ美術館名品展」4/6(土) 〜 5/20(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11674] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/06(Sat) 23:56:35

 これから見られる日本人作家の洋画を中心とした新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【宮城】
カメイ美術館,☆「カメイコレクション展IV期」〜5/26(日)日本洋画

【茨城】
茨城県近代美術館,☆「憧れの欧米への旅―竹久夢二展」9/7(土)〜10/27(日)
茨城県つくば美術館,☆第9回「日本水彩画会茨城県支部展」4/2(火)〜4/7(日)

【東京】
林芙美子記念館
  ☆アトリエ・石蔵ギャラリー展示「林芙美子と画家との交流」4/10(水)〜7/15(月・祝)洋画
竹久夢二美術館
 ☆「竹久夢二という生き方
 ―明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト―」4/4(木)〜6/30(日)
上野の森美術館,☆「西村美代子個展 幻想の世界へと誘う蝶の群れ」4/13(土)〜4/17(水)
東京都美術館,☆企画展「伊庭靖子展 まなざしのあわい」7/20(土)〜10/9(水)洋画
世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー
 <第一期>「清川泰次 具象から抽象へのあゆみ」4/2(火)〜10/6(日)
 <第二期>「清川泰次  色・線・形の探求とデザインへの展開」10/26(土)〜2020年3/15(日)
世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館
 <第一期>「宮本三郎 花々と、女たちと」4/2(火)〜10/6(日)
 <第二期>「宮本三郎 風景を描く」10/26(土)〜2020年1/13(月)
世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館,☆「草屋根と絵筆 向井潤吉のエッセイとともに」4/2(火)〜10/6(日)
武蔵野市立吉祥寺美術館,☆「移ろう季節を感じてー所蔵作品よりー」4/6(土)〜6/9(日)日本洋画
多摩美術大学美術館,☆「藪野 健 時空散歩 江戸東京、そして東北」 4/4(木)〜5/19(日)

【長野】
ミュゼ蔵(JIDAデザインミュージアム第1号館)
 ☆美術館第一展示室 所蔵作品展「ものを見る 〜静物画を中心に〜」〜4/21(日)
康花美術館,☆企画展「康花 絵の旅路2−青春−」4/3(水)〜7/21(日)
市立岡谷美術考古館,☆収蔵作品展I「本物を見よ 山田郁夫展」4/25(木)〜6/16(日)水彩
安曇野高橋節郎記念美術館,☆第31回「倉島玲子油彩画展」4/20(土)〜4/29(月・祝)

【静岡】
静岡県立美術館,☆企画展「屏風爛漫」4/2(火)〜5/6(月・振)
佐野美術館
 ☆「金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋〜行商編〜」 7/6(土)〜9/1(日)
 ☆「ヒグチユウコ展 CIRCUS」11/9(土)〜12/22(日)
上原美術館,☆「画家たちの旅―梅原龍三郎、牛島憲之、ルノワールが見た風景―」4/6(土)〜6/30(日)

【愛知】
ヤマザキマザック美術館
 ☆「フランスに生きた日本人画家 木村忠太の世界」11/15(金)〜2020年3/8(日)
トヨタ鞍ヶ池記念館,☆「色彩と情熱の美 〜フォーヴィスムと日本近代洋画〜 」〜5/26(日)

【京都】
美術館「えき」KYOTO,☆「吉村芳生 超絶技巧を超えて」5/11(土)〜6/2(日)色鉛筆画

【兵庫】
世良美術館
 ☆B1ギャラリー企画展「世良 臣絵・春の花と人形」〜5/11(土)
 ☆1Fサロン常設展「世良 臣絵・油彩とガラス絵」〜5/11(土)
 ☆2Fサロン常設展「小磯 良平ほか・デッサン」〜5/11(土)
姫路文学館,☆特別展「いきものだいすき!薮内正幸の動物画 展」4/20(土)〜 6/16(日)

【奈良】
喜多美術館
 ☆「小笠美華展」〜4/29(月・祝)洋画
 ☆「板波真樹展《思春葬送》」5/3(金・祝)〜6/23(日)洋画
 ☆「島上直子展」6/28(金)〜8/12(月)

【愛知】
ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館),☆「神下雄吉展」4/28(日)〜6/30(日)洋画
畦地梅太郎記念美術館,☆「兵頭一夫展−痕跡は虚実のはざまに−」?5/6(月・振)洋画

【高知】
高知県立牧野植物園,☆「牧野植物園植物図コンクール作品展」〜5/6(月・振)

【福岡】
福岡県立美術館,☆コレクション展II「江上茂雄特集」6/29(土)?8/29(木)クレヨン・クレパス

【佐賀】
佐賀県立美術館
 ☆「岡田三郎助の花物語―万花描く辻永とともに―」〜5/6(月・振)
 ☆OKADA-ROOM vol.13「画人・岡田三郎助―名品と愛用品―」〜6/16(日)

【長崎】
長崎県美術館,☆「木梨憲武展 Timing−瞬間の光り−」2020年3/7(土)〜4/12(日)

【熊本】
宇城市不知火美術館,☆「米寿記念 夏目信弘展」6/4(火)〜6/9(日)洋画
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.11704] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/02(Thu) 22:21:50

 日本人作家の洋画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【北海道】
北海道立近代美術館
 ☆生誕100年「歿後20年 相原求一朗の軌跡」〜5/26(日)
 ☆アートギャラリー北海道「拝啓、藤田嗣治 様
    ―フランク・シャーマンと藤田、戦後の交友をめぐって―」前期:〜5/26(日)
                           後期:6/8(土)〜7/28(日)
北海道立三岸好太郎美術館,☆所蔵品展「道化に魅せられて」〜7/4(日)

【群馬】
大川美術館,☆「松本竣介展― 4つのテーマ ―Vol.3 松本竣介 子どもの時間」〜6/16(日)
群馬県立館林美術館,☆企画展示「熊谷守一 いのちを見つめて」〜6/23(日)

【埼玉】
埼玉県立近代美術館
 ☆企画展「森田恒友展」2019年2/1(土)〜3/22(日)洋画
 ☆MOMASコレクション第4期「春陽会−旗揚げのころ」2020年2/8 (土)〜4/19(日)

【兵庫】
神戸市立小磯記念美術館
 ☆「小磯良平作品選I−小磯芸術の流れ−」5/18(土)〜6/30(日)
 ☆特別展「夏休み特別企画 神戸の暮らしを“デザイン”する−小磯良平とグラフィックアート−」
 「小磯良平作品選II 特集:座る〜小磯のプライベート空間〜」7/13(土)〜9/1(日)
 ☆コレクション企画展示「絵画の“まなざし”を感じて」
 「小磯良平作品選III 特集:挿絵原画「古都」【川端康成・著】」9/14(土)〜11/10(日)
 ☆特別展「黄昏(たそがれ)の絵画たち−近代絵画に描かれた夕日・夕景−」11/16(土)〜2020年1/26(日)
 「小磯良平作品選IV -油彩-」11/16(土)〜2020年1/26(日)
 ☆「人形(ひと)を描く−小磯良平と西洋人形−」
 「新聞連載小説 挿絵原画展−「適齢期」(四)【白川渥・著】−」 
 「小磯良平作品選V−油彩−」2020年2/6(木)〜4/5(日)

尼信博物館(尼信会館)
 ☆1階展示室 第75回記念「関西水彩画会選抜展」〜5/26(日) 
 ☆1階展示室「洋画五人展  スクランブル〜 都会 〜 
(太井潤一・橋雅子・疋田正樹・松井美保子・松木美子)6/1(土)〜7/7(日)
 ☆3階展示室「上江洲茂夫展」6/1(土)〜7/7(日) 
 ☆1階展示室「児島真澄 油彩画展」7/13(土)〜8/18(日) 
 ☆1階展示室「洋画4人展(山中芳子・二川道夫・森田幹弘・嶋村和代)」8/24(土)〜9/29(日) 
三木市立堀光美術館,☆「三木市美術協会 洋画部会展」5/19(日)〜6/2(日) 

【鳥取】
因幡万葉歴史館,☆開館25周年記念特別展 「安野光雅が描く 心のふるさと明日香 奈良」〜6/9(日)

【福岡】
久留米市美術館
 ☆没後50年「坂本繁二郎展」〜6/9(日)
 ☆「熊谷守一 いのちを見つめて」11/16(土)〜2020年1/13(月・祝)
田川市美術館,☆コレクションコラボ「是澤清一展 ≪微睡≫」〜5/12(日)洋画

【熊本】
坂本善三美術館,☆「パリの街角から 坂本善三が見たヨーロッパ」〜 5/12(日)
芦北町立星野富弘美術館,☆第12回「星野富弘美術館詩画公募展入賞作品展」〜5/12(日)
つなぎ美術館,☆「境野一之没後30年特別企画展 ある画家と珈琲店」〜7/15(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11734] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 00:07:39

 日本人作家の洋画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【岩手】
深沢紅子野の花美術館 盛岡,☆深沢紅子「立原道造と忘れな草のまち展」〜7/21(日)

【神奈川】
平塚市美術館,☆企画展「安野光雅展」7/6(土)〜8/25(日)
鎌倉芸術館,☆「瀬尾一嘉 油絵展」6/1(土)〜6/4(火)
町立湯河原美術館
 ☆平成31年度 第13回現代作家展「深見まさ子展」5/23(木)〜6/24(月) 洋画
 ☆平成31年度 第13回現代作家展「松井亨展」10/3(木)〜11/5(火) 水彩画

【岡山】
岡山県立美術館,☆「坂田一男」令和2年2/18(火)〜3/22(日) 洋画
新見美術館,☆生誕100年「堀文子 追悼展〜旅人の記憶〜」6/1(土)〜7/21(日)

【広島】
ふくやま美術館
 ☆夏季所蔵品展「高橋 秀」6/26(水)〜9/16(月・祝)洋画

 ☆秋季所蔵品展「南 薫造」9/19(木)〜12/8(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明




03日本画書


  [No.11756] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/07/15(Mon) 21:52:22

 7月も半ばを過ぎましたが、これ以降開催の日本人作家の洋画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに既に改訂済みですので、ミュージアム巡りの参考にしてください。

【北海道】
北海道立函館美術館,☆没後30年「橋本三郎展/生誕100年 鵜川五郎展」令和2年2/8(土)〜3/31(火)
市立小樽美術館,☆ミニ展示「はじめまして小樽美術館」〜10/14(月・祝)
北海道立旭川美術館,☆「没後20年 岩橋英遠展」9/14(土) 〜11/10(日)
釧路市立美術館
 ☆特別展 没後30年「木下勘二展」9/7(土)〜10/14(月・祝)洋画
 ☆ミニ企画展「Path-Artの仲間たち 細木るみ子」10/22(火)〜11/24(日) 
 ☆コレクション展「久本春雄の素描」令和2年1/4(土)〜2/9(日)
釧路湿原美術館,☆「南米を旅する 第2弾ーメキシコ・インカー」〜10/31(金)
北海道立帯広美術館
 ☆網走市立美術館コレクション選「居串佳一とオホーツクの画家たち」12/14(土)〜令和2年3/15(日)
小川原脩記念美術館
 ☆「小川原脩展 私の中の原風景」〜8/4(日)
 ☆しりべしミュージアムロード共同展 「晴れ、ときどき曇り、ところにより雪」〜9/23(月・祝)
 ☆開館20周年記念特別展「小川原脩の世界」8/10(土)〜11/10(日)
 ☆小川原脩セレクション「原始の美ー1960's」 9/28(土)〜令和2年1/13(月・祝)
 ☆開館20周年記念くっちゃん美術展
  「第61回麓彩会展+くっちゃんART2020」 11/16(土)〜令和2年2/11(火・祝)
 ☆開館20周年記念展「鼓動する日本画」令和2年2/16(日)〜4/12(日)
西村計雄記念美術館
 ☆夏から秋の展示会「展示作品人気アンケート展」〜9/23(月・祝)
 ☆しりべしミュージアムロード展「晴れときどき曇り、ところにより雪
  〜こちら、荒れ模様です〜」〜9/23(月・祝)
 ☆「ぐるっと美術館推進事業(移動美術館)」9/27(金)〜10/8(火)
 ☆開館20周年記念展「西村計雄記念美術館20年のあゆみ」9/27(金)〜令和2年2/16(日)
木田金次郎美術館
 ☆開館25周年記念 特別展示「東京の木田金次郎」〜11/4(月)
 ☆しりべしミュージアムロード共同展「晴れ ときどき曇り、ところにより雪」〜 9/23(月・祝)
 ☆秋から冬を迎える企画展「アトリエ解体新書」11/8(金)〜令和2年3/29(日)
美幌博物館・美幌農業館,☆企画展「絵を描く心〜岸本裕躬作品より」〜10/20(日)洋画
神田日勝記念美術館,☆神田日勝×浅井美紀しずく写真「しずくの中の神田日勝」〜9/1(日)

【栃木】
足利市立美術館,☆「安野光雅 展」11/2(火)〜12/22(日)
小杉放菴記念日光美術館,☆生誕150年「吉澤儀造とその時代」11/9(土)〜12/22(日)

【群馬】
萩原朔太郎記念水と緑と詩のまち 前橋文学館
 ☆企画展「榎本了壱「線セーション」展―私が出会った表現者たちII」〜 9/29(日)
渋川市美術館 桑原巨守彫刻美術館,☆「時を視る 山上久子個展」7/3(水)〜7/8(月)油彩画

 

冨弘美術館,☆特別展「星野富弘が描くどうぶつたち」〜9/1(日)

【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー,☆「栗山 由加展 油彩画」 〜7/21(日)
ポーラミュージアムアネックス,☆水野里奈「思わず、たち止まざるをえない。」〜7/28(日)洋画
早稲田大学會津八一記念博物館,☆企画展「ニューヨークに学んだ画家たち―木村利三郎を中心に」〜8/4(日)
永青文庫
 ☆秋季展「細川家と中国美術 修理完成披露 黄庭堅「伏波神祠詩巻」(仮題)」 10/19(土)〜12/8(日)予定
板橋区立美術館,☆館蔵品展「アヴァンギャルド画家たちの東京」9/7(土)〜10/6(日)
練馬区立美術館,☆「没後50年 坂本繁二郎展」〜9/16(月・祝)
八王子市夢美術館,☆特別展4「素描礼讃 岸田劉生と木村荘八」9/13(金) 〜11/4(月・祝)
府中市美術館 牛島憲之記念館
 ☆府中市制施行65周年記念 おかえり「美しき明治」9/14(土)〜12/1(日)
 来日画家や洋風の技法を身につけた日本人画家によって描き留められた作品の里帰り

【新潟】
雪梁舎美術館,☆「池山阿有展」9/21(土)〜11/10(日)

【長野】
朝日美術館(上條俊介記念館)・朝日村歴史民俗資料館,☆「那須弘司絵画展 緩やかな人の風景」〜7/28(日)
絹谷幸二 天空美術館,☆「時空大旅行〜理想郷を求めて〜」〜12/16(月)

【兵庫】
神戸海洋博物館・カワサキワールド
 ☆海の日・内航船の日記念「青山大介×谷川夏樹 海へ届ける絵画展」〜7/21(日)

【岡山】
奈義町現代美術館,☆「芳木麻里絵展ー析出する光ー」〜7/28(日)

【広島】
呉市立美術館
 ☆特別展「クレパス画名作選―近代の巨匠から現代の作家まで クレパスの魅力にせまる−」〜8/25(日)
三之瀬御本陣芸術文化館
 ☆「SUDA Red 須田国太郎の赤ー須田国太郎と赤を巧みに使用した画家たち」〜8/5(月)
三良坂平和美術館,☆企画展「南後みゆき 絵画展」9/1(日)〜10/6(日)

【山口】
山口県立美術館
 ☆山口県立美術館コレクション特別展示「香月泰男のシベリア・シリーズ」7/23(火)〜8/18(日)
 ☆「松田正平 SHOW TIME!」9/3(火)〜10/20(日)洋画
 ☆「吉村芳生展」9/3(火)〜10/20(日)
香月泰男美術館,☆「香月動物園」〜9/23(月・祝)
周南市郷土美術資料館・尾崎正章記念館
 ☆「有福敬子作品展ー自然の中で癒やされてー」〜8/25(日)
 ☆尾崎正章常設展「山を見つめて」〜9/1(日)
周南市美術博物館,☆「〜憧れの欧米への旅〜竹久夢二展」7/18(木)〜 8/25(日)

【香川】
丸亀市立資料館,☆「くらしの中の愛しき友 猪熊弦一郎の作品とコレクション」9/28(土)〜11/17(日)

【高知】
中土佐町立美術館
 ☆第1期 開館30周年記念「時を超えて・土佐の風展」〜9/1(日)
 ☆第2期「小磯良平と女性美展」9/5(木)〜11/24(日)
 ☆第3期「癒しの絵画展」令和2年1/30(木)〜4/5(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11775] 【日本洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/07/31(Wed) 23:38:33

 日本人作家の洋画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【北海道】
北海道立三岸好太郎美術館,☆所蔵品展「まぼろしミギシとともに」〜9/4(水)
市立小樽美術館,☆「北海道の緑 ー 佐藤進・佐藤道雄と一水会の画家たち」〜9/16(月・祝)

【青森】
十和田市称徳館,☆「遠藤光子 鉛筆画展」〜8/18(日)

【岩手】
岩手県立美術館
 ☆企画展「ホキ美術館展」〜9/1(日)
 ☆「紅子と省三 ―絵かき夫婦の70年―」9/14(土)?11/10(日)
もりおか啄木・賢治青春館,☆「山本淑子展 Flow」 〜10/20(日)
牛の博物館,☆郷土の企画展「郷土の近代画家油絵展」令和2年2/22(土)〜5/6(水・振)
岩手町立 石神の丘美術館
 ☆「大宮政郎展」8/10(土)〜9/16(月・祝)
 ☆「宇田義久展」9/28(土)〜11/4(月・振)

【東京】
新宿区立佐伯祐三アトリエ記念館,☆ミニギャラリー展示「落合風景」〜9/29(日)

【新潟】
長岡市栃尾美術館,☆「響きあう色彩2 桐生照子展 〜ふるさとに心をよせて〜」〜9/8(日)
トミオカホワイト美術館,☆富岡惣一郎没後25周年「雪国巡礼」 〜11/19(火)
湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」,☆「早津剛展 かやぶき民家 里帰りシリーズ in 湯沢」〜9/17(火)

【富山】
庄川水資料館 アクアなないろ館,☆「高慶敬子展」10/5(土)〜12/8(日)洋画
砺波市美術館,☆企画展「となみ野作家シリーズ5 柳田邦男展」?8/25(日)洋画
松村外次郎記念 庄川美術館,☆開館30周年記念「小堀四郎洋画展」10/12(土)〜11/10(日)

【長野】
信州新町美術館・有島生馬記念館・信州新町化石博物館
 ☆美術館第二・第三展示室
 「生誕130年 水彩画家・赤城泰舒展 1部・風景画」〜10/14(月・祝)
康花美術館,☆企画展「康花 絵の旅路2−青春−」〜8/25(日)
市立岡谷美術考古館
 ☆特別企画展「炎の力 ―恵みと脅威の表現―」〜8/16(金)
 ☆特別企画展「辰野登恵子展―色彩と進化のプロローグ―」8/20(火)〜10/22(火)

【愛知】
一宮市三岸節子記念美術館
 ☆企画展「小松美羽展 DIVINE SPIRIT〜神獣の世界〜」〜8/18(日)
 ☆コレクション展「日本人らしく」〜10/6(日)
高浜市やきものの里かわら美術館,☆企画展「山本良比古展」9/28(土)〜12/26(木)洋画

【三重】
三重県立美術館
 ☆生誕120年/没後100年「関根正二展」11/23(土・祝)〜令和2年1/19(日)
 ☆コレクションによる特別陳列 没後30年「諏訪直樹展」令和2年2/1(土)〜4/5(日)洋画

【和歌山】
和歌山市立博物館,☆企画展「没後20年 中畑艸人(そうじん)」〜8/12(月・祝)洋画
熊野古道なかへち美術館
 ☆特集展示「清高の画家 日高昌克」10/12(土)〜11/24(日)
 ☆特集展示 没後50年「鍋井克之」12/7(土)〜令和2年1/19(日)
田辺市立美術館
 ☆小企画展「原勝四郎と紀南の画家たち」12/7(土)〜令和2年1/19(日)
 ☆特別展「岸田劉生展−写実から、写意へ−」令和2年2/1(土)〜3/22(日)

【鳥取】
鳥取県立博物館
 ☆美術分野「―静寂なる砂の景― 生誕100年 國領經郎展(仮題)」令和2年1/25(土)〜2/25(火)
日南町美術館
 ☆「佐武コレクション・足羽俊夫作品展」11/8(金)〜12/8(日)
 ☆「佐武コレクション・足羽俊夫作品展」令和2年2/14(金)〜3/31(火)

【島根】
出雲市立平田本陣記念館,☆「城戸真亜子展―ゆれるひかり―」9/14(土)?11/10(日)
島根県立石見美術館,☆猪熊弦一郎展「いのくまさん」〜9/1(日)

【岡山】
勝央美術文学館,☆特別展「濱口瑛士の世界ー少年画家の内なる宇宙ー」〜9/8(日)

【香川】
四国村
 ☆四国村ギャラリー 瀬戸内国際芸術祭2019県内連携事業「猪熊弦一郎展 私の好きなもの」Part2:〜9/8(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11808] 【東京】都美術館/伊庭靖子展 まなざしのあわい 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/15(Thu) 19:52:18

 上野公園の東京都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=127で開催中の絵画の展覧会を紹介します。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「伊庭靖子展 まなざしのあわい」〜10/9(水)
    9/17(火)、9/24(火)のみ休館
    開館時間:午前9時30分〜午後5時30分(金曜は8時、8/16・23・30は9時まで、入室は閉室の30分前まで)
    入館料金:一般 800円 大学生・専門学校生 400円  65歳以上 500円
           高校生以下は無料
           身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と付添者1名は無料
           9/16(月・祝)は「敬老の日」により、65歳以上の方は無料
           10/1(火)は「都民の日」により、どなたでも無料
          [サマーナイトミュージアム割引]
           8/16(金)、23(金)、30(金)の午後5〜9時は、一般600円、大学生・専門学校生無料(要証明)
          [相互割引]
           ・特別展「コートールド美術館展 魅惑の印象派」
           ・東京都庭園美術館「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」
           ・東京都現代美術館「あそびのじかん」展
 伊庭靖子(1967-)はモティーフの質感やそれがまとう光を描き現し続けてきた。それまで接近していたモティーフとの距離が広がり、空間や風景への関心が高まり、新たな展開を見せる都美術館で撮影した写真をもとにした絵画をはじめ、版画、さらに新たな試みとして映像作品を発表。本展では、近作・新作を中心に紹介しながら、そこに至る以前の作品も併せて展示。


アーティスト・トーク:展覧会会場にて、伊庭靖子氏
8/24(土)午前11時〜45分

ギャラリートーク:大橋菜都子氏(担当学芸員)
8/16(金)午後7時〜30分

ダイアローグ・ナイト「あわいをまなざす」アート・コミュニケータと話しながら楽しむ、参加型プログラム
 8/23、8/30、9/6、9/20(金)午後7時〜45分、定員先着20名程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.11825] 【山口】香月泰男美術館/香月動物園 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/16(Fri) 23:36:16

 長門市三隅の香月泰男美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=29で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「香月動物園」〜9/23(月・祝)
    火曜休館
    入館料金:一般500円 小中高生200円 

 故郷三隅を「ここが〈私の〉地球」そして「モチーフ天国」と称した香月泰男が描いた生き物に着目。自宅で飼っていた鳩や犬をはじめ、牛、山羊、羊、かたつむり、てんとう虫な。油彩の表現は初期の明るい色彩から、晩年には黄土色と黒の色使いに変化するが、同じ対象を描いても油彩と素描では印象が異なるので、その方法を選択した理由を考えると、何を表現したかったのかが見えてくる。
 
1970年の上野動物園
「黒豹」1970 「しなひょう」1970 
目下、生態研究中
「てんとう虫」1969 「蜻蛉」1954 「蟷螂」不詳
わたしの家の小さな動物たち
「犬」不詳 「幼鳩」1965 「九官鳥(カンチャン)」1966-70 など 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.11664] 【東京】国立近代美術館/福沢一郎展[3/12(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/03/10(Sun) 15:30:56

 竹橋の東京国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=14で、今週3/12(火)からはじまる展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ」3/12(火)〜5/26(日)
   月曜休館(3/25、4/1、4/29、5/6は開館)、5/7(火)休館
   開館時間:午前10時〜午後5時(金土曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1200円 大学生800円
        高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料(要手帳提示)
 1930年代の日本にフランスのシュルレアリスム(超現実主義)を紹介して前衛美術運動のリーダーとして活躍し、戦後まで生涯を通じて社会批評を作品として表現し続けた福沢一郎(1898-1992)。シュルレアリスムの紹介者としてのみ語られることが多かった福沢だが、一人の画家として障がいどのように社会と向き合ったかに着目する。
 《Poisson d'Avril(四月馬鹿)》1930年
 《煽動者》1931 年 
 《牛》1936 年 
 《女》 1937 年
 《敗戦群像》1948 年 
 《埋葬》1957年 
 《トイレット・ペーパー地獄》1974 年
 《悪のボルテージが上昇するか21世紀》1986年 など


講演会:地下1階講堂にて、午後3〜4時30分(開場は開演30分前)申込不要(先着140名)、入館券のみ(使用済み半券可)
第1回 4/13(土)伊藤佳之氏(福沢一郎記念館非常勤嘱託)
第2回 5/18(土)大谷省吾氏(美術課長・本展企画者)

ギャラリートーク:1F企画展ギャラリーにて、午後3〜4時、申込不要
第1回 4/21(日)古舘遼氏(研究員)
第2回 5/11(土)大谷省吾氏(美術課長・本展企画者) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明