[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.11451] 【洋画】2019年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 19:36:48

 年始から見られる、外国絵画の展覧会を紹介します。この発言を2019年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【東京】
パナソニック汐留ミュージアム
 ☆「ギュスターヴ・モロー展― サロメと宿命の女たち―」2019年4/6(土)〜6/23(日)
 ☆「ラウル・デュフィ展 ― 絵画とテキスタイル・デザイン ―」2019年10/5(土) 〜12/15(日)
損保ジャパン東郷青児美術館
 ☆「シャルル=フランソワ・ドービニー展
    バルビゾン派から印象派への架け橋」2019年4/20(土)〜6/30(日)
国立西洋美術館
 ☆「ルーベンス展 バロックの誕生」〜2019年1/20(日)
 ☆版画素描展示室「ローマの景観−そのイメージとメディアの変遷」〜2019年1/20(日)
Bunkamuraザ・ミュージアム
 ☆Bunkamura30周年記念「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」〜2019年1/27(日)

【大阪】
大阪市立美術館,☆特別展「フェルメール展」 2019年2/16(土)〜5/12(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11467] 【広島】ひろしま美術館/ドービニー展[1/3(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 23:38:49

 県庁近くのひろしま美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=0では、1/3(木)から、フランスの風景画の展示が始まります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「シャルル=フランソワ・ドービニー展  ゴッホが愛した風景画家」2019年1/3(木)〜3/24(日) 
    会期中無休
    午前9時〜午後5時(金曜日は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1300円 高大生1000円 小中生600円(
         障がい者手帳持参者本人と同伴者1人が無料
         65歳以上の方は一般当日料金の団体割引が適用されます(1300円→1100円要年齢証明)
         広島県立美術館×広島市現代美術館×ひろしま美術館 相互割引あり
 バルビゾン派の風景画家シャルル=フランソワ・ドービニー(1817-78)は、ゴッホが敬愛し「ドービニーの庭」に描かれた邸宅と庭の主であり、バルビゾン村以外にもノルマンディー地方やオワーズ川の周辺を数多く描き、ゴッホ最期の地オーヴェール=シュル=オワーズを拠点に活動した。アトリエ船で旅をしながら描いたという穏やかな川辺の風景画で知られ、印象派の先駆者と言われる。本格的な個展で、国内外の所蔵のドービニー作品を中心に紹介。
 シャルル=フランソワ・ドービニー
   《ヴォー島、オワーズ川の分流地点》 1870年頃
   《オワーズ河畔》1865年頃
   《ケリティ村の入り口》1871年
   《ブドウの収穫》1863年頃
   《ボッタン号》1869年頃
   《森の中の小川》1866年
   《ヴァルモンドワの森の中(ル・ソスロン)》1877年
   《網を引っ張る見習水夫(版画集「船の旅」より)》1862年
   《アトリエ船 (版画集「船の旅」より)》1862年
   《魚釣りをする見習水夫(版画集「船の旅」より)》1862年 など
ミュージアム・トーク:1/12(土)2/9(土)3/9(土)午前11時〜正午
 本館ホールにて、学芸員による、定員100名(先着順)事前申込み不要日 時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11473] 【愛媛】県美術館/印象派への旅 海運王の夢 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 16:37:25

 松山市の愛媛県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=0では、正月2日から開館し、印象派の名画展を開催中です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」〜3/24(日)
  1/8(火)15(火)21(月)28(月)2/5(火)12(火)18(月)25日(月)
  3/5(火)11日(月)18(月)休館
  入館料金:一般1300円 高大生900円 小中生700円
 スコットランドの海港都市グラスゴーの海運王ウィリアム・バレル卿(1861−1958)の蒐集品を核とする美術館、バレル・コレクションのリニューアル工事に伴いイギリス、フランス、オランダの画家の優品73点が初来日。
  エドガー・ドガ《リハーサル》1874年頃
  ウジェーヌ・ブーダン《トゥルーヴィルの海岸の皇后ウジェニー》1863年
            《ドーヴィル、波止場》1891年
  フィンセント・ファン・ゴッホ《アレクサンダー・リードの肖像》1867年
  サミュエル・ジョン・ペブロー《バラ》1900ー06年頃
  アンリ・ド・シダネル《雪》1901年   など

ショート・レクチャー:1/22(火)23(水)24(木)講堂にて、学芸員による
     各日午前10時30分、午後1時、1時30分、2時、2時30分、3時から20分間
土曜講座「企画展プレビュー」2/2(土)16(土)午後2〜3時
 講堂にて、申込み不要、担当学芸員
土曜講座「ドガについて」3/2(土)2〜3時
 ハイビジョンギャラリーにて、申込不要、学芸課長
対話型鑑賞プログラム:2/3(日)10(日)11(月・祝)17(日)24(日)午前11時〜30分:企画展示室前
  申込不要

一日講座「海運王に俺はなる!〜身近な材料で「船」をつくろう!〜」
 身近にある廃材(金属や木材など)を用いてオリジナルの船をつくる
 1/27(日)2/10(日)午後1時30分〜3時30分
 南館県民アトリエにて、当館教育専門員、小学生親子・各日7組
 材料費200円程度
 申込方法:電話またはFAX、館サイトで、講座名、郵便番号、住所、氏名、ふりがな、年齢、電話番号を添え
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11502] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/01(Fri) 00:14:15

 外国絵画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【東京】
三菱一号館美術館,☆ラスキン生誕200年記念「ラファエル前派の軌跡展」3/14(木)〜6/9(日)

【神奈川】
ポーラ美術館
 ☆ポーラ美術館×ひろしま美術館 共同企画
 「印象派、記憶への旅」3/23(土)〜7/28(日)

【大阪】
山王美術館,☆10周年記念展「コレクションでつづるフランス近代名画展」3/1(金)〜7/31(水)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11627] 【大阪】山王美術館/フランス近代名画選[3/1(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 18:49:01

 山王美術館で、3月1日http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=16から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆10周年記念展「コレクションでつづる フランス近代名画選」3/1(金)〜7/31(水)
    土日休館(月〜金曜日の祝日は開館)
    午前11時〜午後5時(入館は4時30分まで)
    入館料金:一般1000円 高大生500円 小中生500円(保護者同伴に限り2名様まで無料)
 印象派以降、象徴主義、ナビ派、フォーヴィスムと、さまざまな主義や美学のもと、多様に展開した19世紀から20世紀にかけてのフランス美術。ルネサンスからはじまる西洋絵画の価値観が大きく変革し、同時代に活躍した、ミレー、ルノワール、モネ、ボナール、ヴラマンクなどの画家たちにより、西洋絵画史に多彩かつ豊かな実りがもたらされた。館蔵のフランス近代名画の数々を一堂に展示。
  ピエール=オーギュスト・ルノワール≪果物をもった横たわる裸婦≫1888年
                   ≪裸婦≫1918年  
  ジャン=フランソワ・ミレー≪鶏に餌をやる女≫1851-53年、山王美術館蔵
  クロード・モネ≪オシュデ家の子ども達≫1880年代初頭
  オディロン・ルドン≪アポロンの二輪車と大蛇≫1905年
  ピエール・ボナール≪クリシー大通りまたはパリ街景≫1900年
  モーリス・ド・ヴラマンク≪マルヌ川のヨット≫1908年頃
  モイーズ・キスリング≪二人の少女≫1941年
  藤田嗣治≪椅子に座る婦人像≫1925年  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11639] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/28(Thu) 23:08:26

 外国絵画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。
【福島】
郡山市立美術館,☆「ブリューゲル展」〜3/31(日)

【東京】
国立西洋美術館
 ☆開館60周年記念「松方コレクション展」6/11(火)〜9/23(月・祝)
 ☆「ロンドン・ナショナルギャラリー展」2020年3/3(火)〜6/14(日)

【神奈川】
光と緑の美術館
 ☆収蔵コレクション展「イタリア20世紀美術 イタリアのかたち 〜マリーノ・マリーニ、
  ジャコモ・マンズー、ペリクレ・ファッツィーニ、エミリオ・グレコ〜」 〜3/17(日)

【大阪】
あべのハルカス美術館
 ☆「ギュスターヴ・モロー展」7/13(土)〜9/23(月・祝)
 ☆「ラファエル前派の軌跡展」10/5(土)〜12/15(日)
 ☆「カラヴァッジョ展」12/26(木)〜2020年2/16(日)
国立国際美術館,☆「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」2020年7/7(火)〜10/18(日)
阪急うめだギャラリー
 ☆「パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展
  −ミュシャ、ラリック、ロートレックとともに−」3/16(土)〜3/25(月)

【広島】
奥田元宋・小由女美術館
 ☆「ジョルジュ・ルオー パナソニック 汐留ミュージアムコレクション」4/15(月)〜6/9(日)
 ☆「キスリング展」2020年2/22(土)〜4/10(金)

【徳島】
大塚国際美術館,☆「#7つのヒマワリ 第5弾 日本」〜3/31(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11673] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/06(Sat) 23:55:53

 これから見られる外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【茨城】
茨城県近代美術館,☆「名画を読み解く―珠玉の東京富士美術館コレクション展」2020年2/20(木)〜4/12(日)洋画

【東京】
東京都庭園美術館,☆「キスリング展 エコール・ド・パリの夢」4/20(土)〜7/7(日)
早稲田大学會津八一記念博物館,☆企画展「ブブノワさんの絵画」5/9(木)〜6/16(日)
東京都美術館
 ☆特別展「クリムト展 ウィーンと日本 1900」4/23(火)〜7/10(水)
 ☆特別展「コートールド美術館展 魅惑の印象派」9/10(火)〜12/15(日)
Bunkamuraザ・ミュージアム
 ☆「印象派への旅 海運王の夢−バレル・コレクション−」4/27(土)〜6/30(日)
東京富士美術館
 ☆海外文化交流特別展「ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華
     大様式の形成と変容−ブッサンからマネまで」10/5(土)〜2020年1/19(日)
調布市武者小路実篤記念館,☆企画展「西洋美術を見る眼」12/21(土)〜2020年1/26(日)

【神奈川】
横浜美術館
 ☆企画展「横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館コレクション
  ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」9/21(土)〜2020年1/13(月・祝)

【長野】
松本市美術館
 ☆企画展「ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展
    ―やすらぎの美を求めて―」4/27(土)〜6/9(日)
安曇野ジャンセン美術館
 ☆2019年度常設「油彩画展2019+*百花春至為誰開*」〜2020年2月下旬
 ☆2019年度春夏季 企画展示「カシニョールの花々展」〜2019年9/2(月)

【静岡】
静岡市美術館
 ☆「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」8/7(水)〜10/20(日)
 ☆「奇蹟の芸術都市バルセロナ展」11/15(金)〜2020年1/19(日)
磐田市香りの博物館,☆「ルドゥーテ「美花選」とバラの香り展」 4/6(土)〜6/23(日)
ベルナールビュフェ美術館
 ☆「美術館に行こう!ディック・ブルーナに学ぶモダン・アートの楽しみ方」4/20(土)〜9/29(日)

【愛知】
名古屋市美術館,☆世界に誇る吉野石膏コレクション「印象派からその先へ」4/9(火)〜5/26(日)

【京都】
美術館「えき」KYOTO,☆「ヨーロッパ絵画展 ーバロックから近代へー」7/4(木)〜7/28(日)

【大阪】
堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館  ,☆企画展「ミュシャの想い スラヴ叙事詩への道のり」〜6/30(日)

【福岡】
福岡アジア美術館,☆「新収蔵品展2016―2019年」〜6/25(火)

【長崎】
長崎県美術館
 ☆「奇蹟の芸術都市バルセロナ展 ガウディ、ピカソ、ミロ、ダリ―
     ―美の巨星たちを育んだカタルーニャの煌めき」4/10(水) 〜6/9(日)
【宮崎】
宮崎県立美術館
 ☆パナソニック汐留美術館コレクション「ジョルジュ・ルオー展−心に響く魂の色彩−」6/15(土)〜7/21(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.11703] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/02(Thu) 22:16:06

 これから見られる外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【福島】
いわき市立美術館
 ☆パナソニック汐留美術館蔵「ジョルジュ・ルオー展」9/14(土)〜10/27(日)

【群馬】
群馬の森 群馬県立近代美術館
 ☆「西洋近代美術にみる 神話の世界(仮称)」2020年2/8(土)〜3/22(日) 
高崎市美術館,☆企画展「マルク・シャガール」2020年2/1(土)〜3/29(日)
群馬県立館林美術館,☆企画展示「ピカソ《ゲルニカ》の世界展(仮称)」10/5(土)〜12/8(日)

【埼玉】
埼玉県立近代美術館
 ☆MOMASコレクション第1期「セレクション:ウジェーヌ・ドラクロワから新印象主義へ」〜7/21(日)
 ☆MOMASコレクション第2期「セレクション:モネとかピカソとか」7/27(土)〜10/20 (日)
 ☆MOMASコレクション第3期「セレクション:ドニとかフジタと」10/26(土)〜2020年2/2(日)
 ☆企画展「ニューヨーク・アートシーン −ロスコ、ウォーホルから草間彌生、バスキアまで
   滋賀県立近代美術館コレクションを中心に」11/14 (木・県民の日)〜2019年1/19(日)
 ☆MOMASコレクション第4期「セレクション:シャガールとか佐伯祐三とか」2020年2/8 (土)〜4/19(日)
 
【大阪】
東大阪市民美術センター,☆特別展「〜愛する風景に暮らす画家〜ブライアン・ウィリアムズ」5/15(水)〜 6/16(日)

【岡山】
岡山県立美術館,☆「国立トレチャコフ美術館所蔵 ロマンティック・ロシア」〜6/16(日)

【福岡】
福岡市美術館,☆特別展「ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」10/1(火)〜11/24(日)
久留米市美術館
 ☆「ラファエル前派の軌跡−ターナー、ラスキンからロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスまで」6/20(木)〜9/8(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11750] 【兵庫】県立美術館/印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/30(Sun) 23:24:14

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27
では、吉野石膏コレクションのフランス絵画を展示中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「印象派からその先へ―世界に誇る吉野石膏コレクション」
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前10時〜午後6時(金土曜は8時まで、 入場は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1300円 大学生900円 70歳以上650円 高校生以下無料
         障がい者一般300円 大学生200円(障がいのある方1名につき介護者1名は無料

 山形県発祥の建築資材会社、吉野石膏株式会社は、1970年代から日本近代絵画、1980年代後半からはフランス近代絵画の収集を開始した。1991年山形美術館に作品を寄託し、モネ、ピサロ、ルノワール、シャガールらの作品を公開し、吉野石膏美術振興財団を設立、若手芸術家の育成や美術における国際交流の支援などにも力を注ぐ。西洋近代美術の名品を多数所蔵し、質量ともに充実した国内有数のコレクションから、19世紀半ばのバルビゾン派にはじまり、印象派を経て、キュビスムから抽象絵画へと至るモダン・アートの展開を軸に、エコール・ド・パリまで、近代美術の歴史を72点の作品によって紹介。
  クロード・モネ《睡蓮》1906年
  ピエール=オーギュスト・ルノワール《庭で犬を膝にのせて読書する少女》1874年
  アルフレッド・シスレー《モレ=シュル=ロワン、朝の光》1888年
  アンリ・ルソー《工場のある町》1905年

学芸員による解説会:7/6(土)、20(土)午後4時〜約60分
  レクチャールームにて(定員100名)入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.11755] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/07/15(Mon) 21:51:39

 7月も半ばを過ぎましたが、これ以降開催の外国絵画の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに既に改訂済みですので、ミュージアム巡りの参考にしてください。

【北海道】
北海道立函館美術館,☆「ミュシャ展 運命の女たち」〜8/25(日) 
釧路市立博物館,☆「タンチョウイラスト展」10/3(木)〜10/27(日)

【宮城】
宮城県美術館,☆「ストラスブール美術館展」9/13(土)〜11/4(月・振)

【栃木】
宇都宮美術館
 ☆建国300年「ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン 侯爵家の至宝展〈仮称〉」令和2年1/12(日)〜2/24(月・祝)


【東京】
森アーツセンターギャラリー,☆「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」9/21(土)〜11/17(日)
上野の森美術館,☆「ゴッホ展」10/11 (金) 〜令和2年1/13 (月・祝)
国立西洋美術館,☆新館  日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 「モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」〜9/23(月・祝)

Bunkamuraザ・ミュージアム
 ☆Bunkamura 30周年記念「建国300年 ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン
 侯爵家の至宝展」10/12(土)〜12/23(月) 

【神奈川】
ポーラ美術館,☆「シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」8/10(土)〜12/1(日)

【長野】
松本市美術館,☆「ラウル・デュフィ展」令和2年1/25(土)〜3/29(日)

【広島】
ひろしま美術館,☆ポーラ美術館×ひろしま美術館 共同企画「印象派、記憶への旅」8/10(土)〜10/27(日)

【愛媛】
愛媛県美術館,☆国立トレチャコフ美術館所蔵「ロマンティック・ロシア」9/7(土)〜11/4(月・振)

【福岡】
福岡アジア美術館
 ☆三館連携企画 「対決!アジアの肉体派」 〜 9/24(火)
 ☆「あじび研究所」第2弾「マーリガーワゲー・サルリス(スリランカ)《ガウタマ・シッダールタ王子の誕生》 」〜 9/24(火)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11774] 【洋画】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/07/31(Wed) 23:37:47

 外国絵画の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【北海道】
北海道立近代美術館,☆特別展「カラヴァッジョ展」8/10(土)〜10/14(月・祝)
札幌芸術の森
 ☆「奇蹟の芸術都市 バルセロナ展 ―ガウディからピカソ、ミロ、ダリまで―」9/14(土)〜11/4(月)

【東京】
三菱一号館美術館
 ☆「印象派からその先へ ―世界に誇る吉野石膏コレクション」10/30(水)〜令和2年1/20(月)
 ☆開館10周年記念「夢の子ども時代
  ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン展」令和2年2/15(土)?6/7(日)

【新潟】
新潟市美術館
 ☆企画展「アンドリュー・ワイエス展 オルソン・ハウスの物語 丸沼芸術の森所蔵」11/2(土)〜令和2年1/19(日)

【富山】
高岡市美術館,☆開館25周年記念「夢のアール・ヌーヴォー アルフォンス・ミュシャ展」〜9/1(日)

【石川】
石川県立美術館
 ☆ユニマットコレクション「フランス近代絵画と珠玉のラリック展 やすらぎの美を求めて」〜8/25(日)

【静岡】
上原美術館,☆「上原コレクション名品選2」令和2年1/18(土)〜4/12(日)洋画

【愛知】
岡崎市美術博物館,☆特別企画展「キスリングーエコール・ド・パリの煌き」〜9/16(月・祝)

【三重】
三重県立美術館,☆「シャルル=フランソワ・ドービニー展」9/10(火)〜11/4(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11844] 【大阪】あべのハルカス美術館:ギュスターヴ・モロー展見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/08/20(Tue) 21:40:28

 8月のはじめに、あべのハルカス美術館でギュスターヴ・モロー展を見ています。
 意外に、この展覧会、作品等の紹介をまだしていなかったのですね。次には福岡へ巡回するようですので、そちらで詳細は書くことにしますが…

 宗教をテーマにした西洋絵画は好きなジャンルの一つですので…ここは休息に出かけた次第。
 本人のアトリエをそのまま美術館として寄贈された、パリのギュスターヴ・モロー美術館の引越展のような感じですので、本当に代表作が来ていると言えます。しかし、テーマが「サロメと宿命の女たち」ということで、「男を滅ぼすのは魔性の女」というイメージで貫かれているのですね。洗礼者ヨハネの首をとった「サロメ」はもちろん、その範疇に入るだろうし、このテーマの作品を何点も描いているのですが…
 清純な女性のイメージ《一角獣》も、ゼウスに略奪された《エウロペの誘拐》も、女性の誘惑…という支店はちょっとしんどかったな。
 ただ、モローが、一生、母と、結婚しなかったけれど亡くなるまで連れ添った恋人には、ずっと優しくありつづけた…というところは、有名芸術家の「私生活は乱れている」ところが当たり前のように思っている私には新鮮でした。女性には二面性を見ていた、というのが、全体としては展示のねらいなのでしょう。

 あべのハルカスでの展示は9/23(月・祝)までです。

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11571] 【大阪】市立美術館/フェルメール展 [2/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/16(Sat) 00:12:21

 いよいよ2/16(土)から天王寺公園の大阪市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=10で、最大のフェルメール展が開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「フェルメール展」 2/16(土)〜5/12(日)
    2/18・25、3/4・11・18(月)休館 以後無休
    入館料金:一般1800円 高大生1500円
          中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。

 現存する作品がわずか35点の17世紀のオランダ絵画の黄金期を代表する画家、ヨハネス・フェルメール(1632−1675)の6作品が集結。宗教画から風俗画へ作風を転換する移行期にあたる「取り持ち女」が日本初公開となるほか、フェルメールの足跡をたどり、ハブリエル・メツー、ピーテル・デ・ホーホ、ヤン・ステーンらの作品を含む45点を展示し、17世紀オランダ絵画の広がりと独創性を紹介。
  ヨハネス・フェルメール ≪取り持ち女≫ 1656年 油彩・カンヴァス
                ≪恋文≫ 1669-1670年頃 油彩・カンヴァス 
                ≪マルタとマリアの家のキリスト≫ 1654-1655年頃 油彩・カンヴァス
                ≪手紙を書く婦人と召使い≫ 1670-1671年頃 油彩・カンヴァス
                ≪手紙を書く女≫ 1665年頃 油彩・カンヴァス
                ≪リュートを調弦する女≫ 1662-1663年頃 油彩・カンヴァス
  ヘラルト・ダウ ≪本を読む老女≫ 1631-1632年頃 油彩・板
  ピーテル・デ・ホーホ ≪人の居る裏庭≫ 1663-1665年頃 油彩・カンヴァス
  ハブリエル・メツー ≪手紙を読む女≫ 1664-1666年頃 油彩・板 
  ヤン・ステーン ≪家族の情景≫ 1665-1675年頃 油彩・板
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明