ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11447] 【奈良】国立博物館/おん祭と春日信仰の美術 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/26(Wed) 23:37:13

 奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2では、春日大社の冬の風物詩、おん祭の展示を年末年始も開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別陳列 「おん祭と春日信仰の美術 特集 大旅所」〜2019年1/20(日)
    休館日:1/1(火・祝)・1/7(月)・1/15(火)
    開館時間 午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで(12/28、29を除く、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般520円 大学生260円 団体(20名以上)一般410円 大学生210円
          高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
          子ども(中学生以下)と一緒に観覧される方[子どもといっしょ割引]
          開館時間延長日の午後5時以降[レイト割引]は、団体料金が適用
          成人の日〔1/14(月・祝)〕は、今年度に成人を迎えられた方無料
 春日大社の摂社の若宮社の祭礼、春日若宮おん祭は、長承4年(1135)の若宮社御遷座から、翌保延2年(1136)9月17日にはじまり、祭日は室町時代から11月27日、明治11年(1878)からは現行の12月17日と変わりながらも、祭礼は古儀の伝統を守り続け、883年目を迎えた。 おん祭では、若宮神が御旅所に一日だけ遷座されるが、そこに芸能者や祭礼の参加者が詣でる風流行列が有名。本展は、華やかな風流行列の様子を描く絵巻を展示し、祭礼に参加する大和士の潔斎の場であった大宿所について取り上げ、また祭礼でにぎわう江戸時代の奈良町の様子も紹介。
  春日若宮御祭礼絵巻 中巻  紙本著色 江戸時代(17世紀)
  大宿所春日若宮祭式事件并品書  紙本墨書・著色 明治3年(1870)
  春日御祭次第 上巻・下巻 紙本著色 江戸時代 享保17年(1732)
  大宿所日記覚帳 紙本墨書 江戸時代 正徳5年(1715)
  献菓子台 木造 彩色 明治時代(19世紀)
  春日宮曼荼羅 絹本著色 鎌倉時代(14世紀)
  春日鹿曼荼羅 絹本著色 室町時代 天文20年(1551)  など

公開講座:1/12(土)午後1時30分〜3時、講堂にて、無料、定員194名、入場整理券は当日12時より講堂前で配布
「春日奥山の水神信仰と若宮神社」松村 和歌子氏(春日大社国宝殿主任学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー