ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11412] 【熊本】市現代美術館/上海現代アートシーン 投稿者:   投稿日:2018/12/02(Sun) 22:38:51

こんにちは

 もう終わってしまいましたが、11月23日、熊本市現代美術館の「魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム」を見てきました。

 この日の熊本は、熊本城は天守は修復中とわかっているけれども一部問題のないところは見られるかと思ったら全体が閉鎖、熊本博物館はリニューアル中、水前寺公園は時間切れとなり、結局見たところがここだけになってしまいました。

 「魔都の鼓動 上海現代アートシーンのダイナミズム」はかなり話題の展覧会だったようです。

 展示室に入るといきなりパンフレットに載っている張洹「Q Confucius No.2」があります。巨大な男の上半身が水のから出ている。Confuciusは孔子だけど、それを現しているのでしょうか。水位は上昇下降しています。楊振中「吹く!」は映像インスタレーションで、女の子が息を吹くと上海の風景が動いていきます。楊福東「一年之際」も映像。この人は中国の映像作家としては定番になっています。このまま全部の作品について書けませんが、現代アートの世界でも中国の存在が大きくなっていることを感じます。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー