ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11410] 【富山】県水墨美術館/驚異の超絶技巧 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/11/17(Sat) 01:04:08

 富山市の富山県水墨美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=16&c=2で始まった明治の工芸展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「驚異の超絶技巧! ―明治工芸から現代アートへ―」 〜12/24(月・振)
    月曜休館(12/24は開館)
    入館料金:一般1200円 大学生900円 高校生以下および準ずる方
           18歳以下の方、各種手帳をお持ちの障がい者は無料
協賛
近年、明治工芸に対する注目度が飛躍的に高まってきました。工芸作品が海外から里帰りし、多くの人が瞠目するようになったのです。2014年から翌年にかけて、当館など全国6会場を巡回した「超絶技巧!明治工芸の粋」展は、そんな

 七宝、金工、牙彫、木彫、漆工、刺繍絵画など、おもに輸出用としてつくられた明治工芸再評価の展覧会第2弾として、明治工芸と現代アートの超絶技巧が対決する展覧会を開催。超絶技巧プラスαの機知に富んだ現代作家の作品も多数展示。
展示作品抜粋 下のカテゴリーを押すと表示する作品を選択できます。
  蝶に花の丸唐草文花瓶[七宝]並河靖之
  有線七宝錦蛇革鞄置物「反逆」[七宝]春田幸彦
  一刻:皿に秋刀魚[木彫]前原冬樹
  銀杏鳩図文庫[木彫]旭玉山
  ピンクドラゴン[彫刻]佐野藍
  菊尽香炉[金工]雪峰英友
  flower funeral: cattle[金工]高橋賢悟
  象嵌銅香炉[金工]宗金堂
  自在 眼鏡饅頭蟹[自在]大竹亮峯
  飛鶴吊香炉[自在]高瀬好山
  自在蛇骨格[自在]満田晴穂
  古墨形印籠[漆工]柴田是真
  遊景[漆工]更谷富造
  崖ニ鷹大花瓶[陶磁]初代 宮川香山
  Arcadia[陶磁]稲崎栄利子
  Untitled(Soda crushed, Blue cap bottle) From the series “PET” (Portrait of Encountered Things) [ガラス]臼井良平
  胡瓜[牙彫]安藤緑山 など

対談:11/17(土)映像ホール・企画展示室 午後2〜3時30分(開場1時30分)申込不要、入館券のみ
「明治 vs 現代 ー 超絶技巧を語る」山下裕二氏(明治学院大学教授)×山根基世氏(アナウンサー)

スペシャルギャラリートーク11/25(土):映像ホール・企画展示室 午後2〜3時30分(開場1時30分)申込不要、入館券のみ
「明治工芸の魅力ー超絶技巧への途 (みち)」大熊 敏之 氏(富山大学大学院教授)

参加アーティストによるトークセッション:11/23(金・祝)
      午後2〜3時30分(開場1時30分)申込不要、入館券のみ
  山口英紀 氏(水墨)x 満田晴穂 氏(自在)

ワークショップ(1)「体験!超絶折り紙」 11/23(金・祝)24(土)午前10時〜午後4時
 エントランスホール  富山大学理学部数学科・川部達哉准教授と学生 各回20名程度 、事前申込不要、無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー