ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11409] Re: 【歴史】第70回正倉院展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/11/09(Fri) 00:34:14

> Quitaさん、こんにちは

私は11/3(土・祝)に「オータムレイト」を利用して行きました。いや、想像はしていたのですが、もっとも混む日でしたね。次の金土日、午後6時30分からは狙い目だと思います。Quitaさんもちょうど、平日でオータムレイトの時間になったのではないでしょうか。

> 次の「奈良時代の法会と供養」には今回の目玉のようになっている「玳瑁螺鈿八角箱」が含まれます。これはさすがに豪華絢爛で細工の巧みさが光ります。
 鏡の細工が注目されるのですが(出迎えの展示が鏡でしたね)、「箱」の工芸が豪華なのは異色だなと思いました。
 続いて展示されていた「沈香木画箱」も細かい画が描かれ、目を凝らして見る、気になる作品でした。

> 「奈良時代の音楽と舞踊」は楽器や舞楽の面などで、
「鳥兜」と称された布製のかぶりものが面白かったです。
あと、最後の古文書のゾーンにあった、ガラスや水晶、瑪瑙などで作られた「巻物の軸のフタ」が珍しいもので、もちろん材質は貴重なモノなのですが、こうしたものも宝物になるのだ、と感心した次第。

 私も、帰りには新装なった興福寺のライトアップを見てそのまま歩いて帰りました。この度完成した中金堂は、屋根付近は大仏殿の小型な感じですが、下部の列柱は見事で、大仏殿とはかなり印象が違います。

これも良かったと思います。
 新羅との交流の証拠や仏教の荘厳なども良いのですが、古文書などは資料としての価値は高いのだと思うけれども、展示として見るとおもしろいものではありません。

>日光・月光菩薩がいないと三月堂がやや寂しくなったように見えました。
復活なってからの三月堂にはまだ入っていないのです。教科書では、今も本尊と共にならんだ日光・月光を見ていますので、それを見るのがこわいような。
                        明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー