ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11391] 【歴史】第70回正倉院展 投稿者:   投稿日:2018/10/31(Wed) 21:14:28
【歴史】第70回正倉院展 (画像サイズ: 692×519 92kB)

こんにちは

 正倉院展に久し振りに行って来ました。前回行ったのはいつだろうと記録を見たら2002年、16年前でした。今回行ってみようと思っていつ行けるかを探し、行き着いたのは初日、10月27日でした。

 後から、この日は理化学研究所大阪地区の一般公開日でもあることがわかったので、午前中そちらに行き、昼食後に奈良に向かいました。先に宿泊先に行き、もうすぐ拝観を終了する興福寺の外観を見ながら(興福寺は翌28日に行っています)奈良国立博物館に着いたのが16時30分頃でした。結果的に混みすぎない時間帯になり良かったような気がします。
 最初は聖武天皇・光明皇后の生活用品です。意外と地味に感じるものが多いですが、中には豪華な鏡もありました。
 次の「奈良時代の法会と供養」には今回の目玉のようになっている「玳瑁螺鈿八角箱」が含まれます。これはさすがに豪華絢爛で細工の巧みさが光ります。
 「奈良時代の音楽と舞踊」は楽器や舞楽の面などで、これも良かったと思います。
 新羅との交流の証拠や仏教の荘厳なども良いのですが、古文書などは資料としての価値は高いのだと思うけれども、展示として見るとおもしろいものではありません。

 翌28日には興福寺の他、東大寺三月堂、二月堂、東大寺ミュージアム等も行っています。三月堂の修理中に本尊の不空羂索観音他がこちらで展示され、通常より近くから見られるため、これはこれで良かったです。現在は不空羂索観音は三月堂に戻りましたが、日光・月光菩薩はそのままミュージアムに残り、別の千手観音の脇侍のようになっています。日光・月光菩薩がいないと三月堂がやや寂しくなったように見えました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー