ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11390] 【東京】永青文庫/秋季展 江戸絵画の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/30(Tue) 23:35:31

 目白台の永青文庫http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=117では、江戸絵画の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆秋季展「江戸絵画の美―白隠、仙がいから狩野派まで―」〜12/5(水)
     月曜休館
     入館料金:一般800円 70歳以上600円 高大生400円
        中学生以下、障がい者手帳を提示の方と介助者1名無料
 細川家に伝わる多彩な江戸時代絵画。幕府や諸大名の御用絵師の座をほぼ独占した江戸狩野派の優品をはじめ、動物画を得意とした森派、谷文晁の《東海道勝景図》など。数々の写生帖を制作させて江戸時代における博物学に多大なる影響を与えた細川家8代重賢。自らも絵筆を揮い、中国絵画や絵巻物を収集して配下の御用絵師たちに学ばせ、熊本に多彩な絵画文化をもたらした10代斉茲。さらに、細川護立が数多く収集した白隠や仙がいの作品も。
   白隠慧鶴「虚堂智愚像」江戸時代中期(11/11までの展示)
   仙がい義梵「朧月夜図」 江戸時代後期
   狩野派「帝鑑図屏風」 桃山時代(11/11までの展示)
   森徹山「桜猿・紅葉鹿図」江戸時代後期
   谷文晁「東海道勝景図」江戸時代後期  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー