ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11385] 【奈良】大和文華館/高麗―金属工芸の輝きと信仰― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/07(Sun) 10:14:49

 奈良市学園前の大和文華館では、朝鮮の金属工芸の展示が開催中です。
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=7
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「建国1100年 高麗―金属工芸の輝きと信仰―」 〜11/11(日)
    月曜日休館(祝日は開館し、翌日は休館)
     開館時間 午前10時〜午後5時(入館は午後4時まで)
    入館料金:一般 930円 高大生720円 中学生以下 無料
           「障がい者手帳」をお持ちの方と同伴者1名2割引
 1100年前に朝鮮半島に建国され、王侯貴族を中心として文化・美術において成熟した時代を築いた高麗では、厳かで煌びやかに荘厳された仏教文物が盛んに制作され、国の安泰や、個人へ切実な祈りが籠められた。本展では、仏龕や舎利容器などの仏具、飲食器、鏡など、信仰や生活の多様な用途を反映した金属工芸に焦点をあて、高麗時代の文化に迫る。
  鉄地金銀象嵌鏡架
  銅製銀象嵌柳水禽文浄瓶
  銀製鍍金観音菩薩・毘沙門天像小仏龕
  高麗唐草文鏡   
  大方広仏華厳経 巻第四
  重要文化財 梵鐘 「峻豊四年」銘 広島・照蓮寺
  重要文化財 梵鐘 「太平十二年」銘 滋賀・園城寺   など

日曜美術講座:10/21(日)午後2時〜、講堂にて、入館料のみ
「高麗の祈りの美」瀧朝子氏(学芸部係長)

講演会:10/28(日)午後2時〜、講堂にて、入館料のみ
「韓国で新たに出土した金工品の現況と特徴」崔應天氏(韓国・東国大学校美術史学科教授)

列品解説:毎週土曜日午後2時から展示場にて(学芸部による)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー