ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11382] 【大阪】国立国際美:プーシキン美術館展見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/10/06(Sat) 22:44:30

 中之島の国立国際美術館で開催中の「プーシキン美術館展─旅するフランス風景画」を見に行きました。なかなか余暇時間のない最近ですが、会期が10/14(日)までとなり、「風景画」の展覧会に行かずばなるまい、と決心した次第。

 「風景画」とは言え、第1章「近代風景画の源流」第2章「自然への賛美」では、森や村や廃墟の中に、人が遊び、たたずみ、語らっている姿がある。背景として描かれた風景も現実のものではなく、経験の中から理想の姿に描き変えられた(加えられた)ものがほとんど。理想化の中から、描きたい自然、というものが画家に見えてくるのだなぁとわかります。
 クロード=ジョセフ・ヴェルネ《日の出》《日没》や、フェリックス・フランソワ・ジョルジュ・フィリベール・ジェム《ボスポラス海峡》のパステルな色がある海景に惹かれます。俯瞰風景では、攻城戦を想定したジャン=バティスト・マルタン《ナミュール包囲戦》が精緻な設計図を描いたような作品でこれは刮目。
 本展のメイン作品はクロード・モネ 《草上の昼食》で、モネが印象派としての作風を開花させた起点の作品だそう。本来はパリで大作を仕上げるはずのものが未完で、このプーシキンにある(今回展示)のものがその代替のもの、とか。さわやかな作品ですが、まだモネらしさ全開とは言えないかなぁ、と思いました。解説ビデオのすぐ後に、関連作品をまとめて展示してあったのはうまい構成です。

 パリ市中の都市風景も多く出品され(エドゥアール=レオン・コルテス《夜のパリ》は出色)、作品数も多く、見どころの多い展覧会と思います。

 ただ、今日は「毎週金曜・土曜の夜間開館中(17:00〜21:00)は、写真の撮影が可能」という日に当たっており、実験的な試みなんでしょうが、この時間になると会場内でシャッター音が響き渡り、異様な感じでした。やっぱり、多くの人が鑑賞する中では、撮影OKはふさわしくない、と私は思いました。

                    明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー