ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11360] 【東京】サントリー美術館/京都・醍醐寺展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/09/27(Thu) 23:48:13

 六本木のサントリー美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=49で行われている文化財の展覧会です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「京都・醍醐寺展 真言密教の宇宙」〜11/11(日)
    火曜休館
    開館時間:午前10時〜午後6時(金・土と10/7(日)は8時まで、入館は閉館の30分前まで
                        11/6は6時まで)
 真言密教のうち、特に加持祈祷や修法などの実践を重視する寺として発展した京都・山科の醍醐寺。本展は国宝・重要文化財の仏像や仏画を中心に、貴重な史料・書跡を通じて、平安時代から近世にいたる醍醐寺の変遷をたどる。密教美術のほか、豊臣秀吉が行った「醍醐の花見」の関連作品や、俵屋宗達による屏風など、華やかな近世美術も展示。

第1章 聖宝、醍醐寺を開く
  理源大師坐像 吉野右京作 江戸時代 延宝二年(一六七四)
  国宝 醍醐寺縁起 江戸時代
  国宝 大日経開題 空海筆 平安時代
第2章 真言密教を学び、修する
  国宝 薬師如来坐像および両脇侍像 平安時代
  重要文化財 如意輪観音坐像 平安時代
  国宝 文殊渡海図 鎌倉時代
  国宝 訶梨帝母像 平安時代
第3章 法脈を伝える─権力との結びつき─
  満済像 土佐行広筆 室町時代 永享六年(一四三四)

  国宝 三国祖師影 鎌倉時代

  国宝 天長印信 後醍醐天皇筆 南北朝時代 延元四年(一三三九)

  重要文化財 理趣経 足利尊氏筆 南北朝時代 延文二年(一三五七)

第4章 義演、醍醐寺を再びおこす
  豊臣秀吉像 江戸時代

  金天目・金天目台 安土桃山時代

  重要文化財 醍醐花見短冊 安土桃山時代 慶長三年(一五九八)
  重要文化財 扇面散図屛風 俵屋宗達筆 江戸時代

  重要文化財 三宝院表書院障壁画 柳草花図(上段之間) 安土桃山時代 など

記念シンポジウム:10/14(日)6階ホールにて、午後2時〜3時30分
     定員100名(先着順/当日10時より受付にて整理券配布)無料(別途要入館料)

「醍醐寺の文化財を護るとは」(仮称)
  有賀祥隆氏(東京藝術大学客員教授) 長瀬福男氏(総本山醍醐寺公室室長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー