ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11323] 【東京】都美術館/おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/22(Wed) 21:06:35

 上野公園の東京都美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=128で開催されている現代美術の展覧会を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン」〜10/8(月・祝)
   月曜日、9/18(火)、25(火)休館
     (ただし9/17(月・祝)24(月・振)10/1(月)8(月・祝)は開室
    午前9時30分〜午後5時30分(金曜は8時まで、入室は閉室の30分前まで)
                 (8/24(金)31(金)は9時まで、入室は閉室の30分前まで)
   入館料金:一般800円 学生・専門学校生400円  65歳以上500円 高校生以下は無料
       身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・
         被爆者健康手帳をお持ちの方と付添者1名は無料
   同時開催「没後50年 藤田嗣治展」のチケット(半券可)提示で一般当日料金から300円引(1枚につき1名1回限り)。
     8/24(金)31(金)の5時以降は「サマーナイトミュージアム割引」 600円、大学生・専門学校生 無料(要証明)
     10/1(月)は「都民の日」により、どなたでも無料
 行楽弁当から毎日のお昼ごはんまで、私たちの生活の中に深く根付くお弁当。ています。行楽弁当など誰かと一緒に食べるお弁当は、地域の共同体を維持しそのつながりを深めるツールとして、古来、農耕社会で重要な役割を果たしてきた。誰かのために作るお弁当は、作る人から食べる人への贈りものともいえる。どちらのお弁当も人を取り巻く状況をよく考え、食材をよく見て、食べる時間や空間をデザインするように、箱の中に詰める。本展は、日本独自の食文化であり、人と人をつなぐ「おべんとう」をコミュニケーション・デザインの視点から捉え、発見できる空間を作る。「おべんとう」から見えてくるコミュニケーション・デザインをテーマに、遊び心のある江戸時代のユニークなデザインのお弁当箱や、現代の作家たちのインスタレーション、参加型の作品などを展示。
1 歌って踊れる「おべんとう」!?
  小倉ヒラク《おべんとうDAYS》アニメーション作品
2「おべんとう」が生み出すコミュニケーションに注目
  阿部了《ひるけ》2018年
  《あゆみ食堂のお弁当》2017年 料理:大塩あゆ美、写真:平野太呂
  小山田徹《お父ちゃん弁当》2017年
  森内康博《Making of BENTO》
3 参加体験型作品を通じて「おべんとう」を再発見
  マライエ・フォーゲルサング《intangible bento》
  北澤潤《FRAGMENTS PASSAGE -おすそわけ横丁》
4 遊び心のあるユニークなお弁当箱
 江戸時代から昭和・現代までの日本のお弁当箱
 アジア、アフリカ、ヨーロッパなどの世界のお弁当箱
  楼閣形弁当
  白陶朱漆組合せ瓢成り弁当
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー