ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11322] 【東京】国立近代美術館/ゴードン・マッタ=クラーク展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/21(Tue) 21:27:27

 竹橋の東京国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=14で開催されている現代美術展に就いて紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ゴードン・マッタ=クラーク展」〜9/17(月・祝)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
開館時間:午前10時〜午後5時(金土曜は9時まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1200円 大学生800円 
      高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料(要証明)
      リピーター割引:本展使用済み入場券で、2回目以降は特別料金(一般500円、大学生250円)
   本展は一定条件で写真撮影可(フラッシュ・三脚・自撮棒不可、動画不可、他の来館者の鑑賞を妨げない)
 1970年代にニューヨーク中心に活躍し、35歳で夭折したアーティスト、アート、建築、ストリートカルチャー、食など多くの分野でフォロワーを生み続ける先駆者で、わずか35歳で夭折したゴードン・マッタ=クラーク(1943-78)の、アート、建築、ストリートカルチャーのみならず、アーティストによる食堂「フード」の経営など多面的な活動をフルスケールで紹介。

《スプリッティング:四つの角》1974年 
   建物の一部を切り取る「ビルディング・カット」シリーズの中で最大規模の立体作品
 前庭に展示された《ごみの壁》    など

ギャラリートーク:約1時間:三輪健仁氏(主任研究員)
第8回:9/1(土)午後4時〜:ゲスト森大志郎氏(デザイナー、本展印刷物デザイン担当)、上崎千氏(芸術学)
第9回:9/8(土)午後4時〜

シンポジウム:8/25(土)午後6〜8時、地下1階講堂(開場は開演30分前)にて、申込不要(先着140名)
「1970年前後、都市と芸術―ゴードン・マッタ=クラークを起点に」
    池野絢子氏(京都造形芸術大学大学院芸術研究科(通信教育)准教授)
    沢山遼氏(美術批評)
    成相肇氏(東京ステーションギャラリー学芸員)
 コメンテーター:平野千枝子氏(山梨大学大学院総合研究部准教授、本展共同キュレーター)
 司会:三輪健仁氏(主任研究員、本展担当者)

映像作品「帰ってきたゴードン・マッタ=クラーク」上映会 〜9/15(土)の毎週土曜 午前10時〜8時48分
 「眺めのよい部屋」は所蔵作品フロア4階。入館料のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー