ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11320] 【京都】国立近代美術館/バウハウスへの応答 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/20(Mon) 21:54:55

 岡崎公園の京都国立近代美術館
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=20では、コレクション展とともに、近代工芸の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「バウハウスへの応答」〜10/8(月・祝)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前9時30分〜午後5時(金、土は午後9時まで開館、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般430円 大学生130円
         高校生以下、18歳未満および65歳以上、
         心身に障がいのある方と付添者1名は無料
 1919年、今からほぼ100年前に、ドイツのヴァイマールに設立された先進的な総合芸術学校バウハウスでは初代校長ヴァルター・グロピウスの「バウハウス宣言(Bauhaus-Manifest)」により、あらゆる造形活動を手仕事の訓練と習得を通して統合し、新たな時代・世界に相応しい建築さらには社会の創造を目指した。本展ではバウハウスの教育理念とカリキュラム、特に工房教育と予備課程が、日本とインドという異なる歴史・文化背景をもつ地域で、どのように受容され展開したのかに注目し、その足跡を辿る。また本展のために、二組のアーティスト、スウェーデンのマルメを拠点に活動するルカ・フライそしてロンドンを拠点とするオトリス・グループが、バウハウスと日本とインドをめぐる作品を新たに制作。
  レナ・ベルグナー《拡大、異なる平面が消えてゆくように》1927年
  「紙の立体的材料練習」(川喜田煉七郎・武井勝規「構成教育体系」(1934年)より)
  マルガレータ・ライヒャルト《クレーの造形教育、予備課程、流通についての研究、四角、円、三角》1926年
  パウル・クレー《教育的スケッチブック》1925年
  エーリッヒ・コンゼミュラー《素材研究、構成・強度の習作(丸天井構造)ヨーゼフ・アルバースの予備課程》など

講演会:9/22(土)午後5〜6時30分、1階講堂にて、先着100名(4時より1階受付にて整理券配布)
「シャンティ二ケタンから建築とデザインを考え、学び、作る」佐藤研吾氏(In Field Studio/歓藍社)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー