ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11318] 【神奈川】横浜開港資料館/戊辰の横浜 開港都市の明治元年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/20(Mon) 21:50:44

 日本大通の横浜開港資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=13では、横浜市歴史博物館と共催で、明治維新150年の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成30年度第2回企画展示 明治150年記念企画展「戊辰の横浜 開港都市の明治元年」〜10/28(日)
    月曜休館
    入館料金:一般200円 小中生100円 10/7・8は無料 
 今年は「戊辰」の年、慶応4年/明治元年(1868)から150周年、激動のこの一年、横浜の開港場と市域の村々では何が起こったか、横浜市歴史博物館と横浜開港資料館が連携してその実態に迫る。
 明治元年(1868)1月、鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍は敗北し3月、東海道を進んできた薩長の兵士が横浜にあらわれるが外国軍が駐屯する開港場では戦闘は発生せず、4月、横浜は新政府軍に接収された。その後、戦火は奥羽に広がり、諸藩は横浜港でも武器を調達し、戦争で負傷した新政府軍の兵士は横浜の病院に送られた。戦場にならなかった横浜だが、戊辰戦争と深い関係を持つ。本展では開港都市横浜の激動の一年を、古写真・錦絵・古文書・イラストなど多様な歴史資料から紹介。
 横浜の関門を守る外国兵『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』1868年8月1日付
 関寛斎「奥羽出張病院日記」慶応4年(1868)、陸別町関寛斎資料館蔵
 アーネスト・サトウ旧蔵写真アルバム など

講座:講堂にて、各回500円、定員80名当日先着順
第4回:9/15(土)「戊辰戦争と三井」村 和明 氏(東京大学准教授)
第5回:10/6(土)「戊辰の横浜 開港都市の明治元年」吉崎 雅規氏(横浜開港資料館調査研究員)
第6回:10/13(土)「戊辰戦争期の海軍と港湾−横浜・横須賀・浦賀−」神谷 大介 氏(東海大学非常勤講師)

展示担当者による展示解説:8/24(金)午後6時〜 9/22(土)10/20(土)午後4時〜 30分程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー