ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11317] 【神奈川】横浜市歴史博物館/戊辰の横浜 名もなき民の慶応四年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/20(Mon) 21:49:48

 都筑区の横浜市歴史博物館では、明治維新150年記念の展覧会を横浜開港資料館と共催で開催中です。
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=41
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆明治150年記念企画展「戊辰の横浜 名もなき民の慶応四年」 〜9/9 (日)
  月曜休館
       企画展のみ   常設セット
  入館料金:一般 500円   700円
      高大生 200円   300円
      小中生 100円   100円
      毎週土曜日、小中高生は無料
 今年は「戊辰」の年、慶応4年/明治元年(1868)から150周年、激動のこの一年、横浜の開港場と市域の村々では何が起こったか、横浜市歴史博物館と横浜開港資料館が連携してその実態に迫る。
 本会場では、戊辰戦争時に横浜市域の村々や藩で何が起こったか実態を探る。戊辰戦争の時、横浜市域では戦闘は起こらないが横浜の村々が、特に慶応4年(1868)の3月〜5月にかけて、新政府軍や旧幕府勢力とさまざまな関係を有したこと、市域に陣屋を持つ唯一の藩・武州金沢藩の動きがわかった。
  新政府軍の行列を描いた「大総督東下之図」
  月岡芳年「東叡山文珠楼焼討之図」
  江川太郎左衛門英武「御親征官軍通行につき兵食・人馬継立世話向命令沙汰書」 など

講演会(事前申込):9/2(日)午後2〜3時30分、講堂にて、500円、申込み館サイトで8/22(水)午後5時まで
「戊辰戦争と横浜開港場」保谷 徹氏(東京大学史料編纂所所長)

講座:講堂にて、午後2〜3時30分、講堂にて、500円、当日先着順、定員80名
8/26(日) 「明治天皇の東幸と神奈川県域の人々」椿田有希子氏(早稲田大学文学学術院非常勤講師)

展示担当者による展示解説:9/1(土)8(土)午後2時〜 45分程度

横浜シティガイド協会主催「戊辰の横浜を歩く」
第1回:9/5(水)「村々の幕末維新コース」 ミニ講座講師:小林紀子氏
第2回:9/28(金)「開港都市の1868年コース」 ミニ講座講師:吉崎雅規氏
 申込・問合:横浜シティガイド協会:045-228-7678(平日午前10〜午後4時)、Fax:045-228-7693
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー