ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11315] 【愛知】名古屋市美術館/至上の印象派展 ビュールレ・コレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 21:35:05

 大須観音の名古屋市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17では、印象派絵画の展示が開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆名古屋市美術館開館30周年記念「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」〜9/24(月・振)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   開館時間午前9時30分〜午後5時(毎週金曜日は8時までl入場は閉館30分前まで
   入館料金:一般1500円 大学生1000円 高校生800円 中学生以下無料 
          8/31(金)までの休館日を除く平日は、高校生無料(要学生証提示)
         身体等に障害のある方は、手帳の提示により本人と付添者2名まで半額
         名古屋市交通局「一日乗車券」「ドニチエコきっぷ」を当日利用の来館者は100円割引。
 印象派とポスト印象派が充実したスイス、チューリヒのビュールレ・コレクションにはモネ、ルノワール、セザンヌ、ファン・ゴッホなどの代表作が揃う。本展は印象派を中心、コレクションから精選された64点、約半数が日本初公開。中でも4 メートルを超えるモネの《睡蓮》の大作は、今回初めてスイス以外で展示。
  クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》1920-26年
  フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲くマロニエの枝》1890年
  クロード・モネ《ジヴェルニーのモネの庭》1895年
  ポール・セザンヌ《扇子を持つセザンヌ夫人の肖像》1878-88年
  ピエール=オーギュスト・ルノワール《夏の帽子》1893年
  ポール・ゴーギャン《贈りもの》1902年
  カミーユ・ピサロ《ルーヴシエンヌの雪道》1870年頃
  エドガー・ドガ《14歳の小さな踊り子》1880-81年(ワックスによる原作)1932-36年(ブロンズによる鋳造)など

作品解説会 (事前申込制)(2) 9/15(土) 午後2〜3時30分(9/1必着)
   深谷克典(名古屋市美術館副館長)

名古屋市電子申請サービスまたは往復はがきにて。
往復はがきは、郵便番号・住所・氏名・電話番号・聴講希望日(1 つまで)・聴講人数(2 名まで)を記入し
〒460-0008 名古屋市中区栄2 -17-25 名古屋市美術館「講演会/解説会」係まで。応募者多数の場合は抽選。
2 階講堂にて、定員180名、入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー