ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11314] 【神奈川】横浜美術館/モネ それからの100年 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 21:33:39

 みなとみらいの横浜美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=5では、印象派のモネとその影響を受けた画家達の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「モネ それからの100年」 〜 9/24(月・振)
   木曜休館
   開館時間:午前10時〜午後6時
    (8/17(金)24(金)31(金)9/14(金)15(土)21(金)22(土)は8時30分まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1600円 高大生1200円 中学生600円  小学生以下無料
           65歳以上は1500円(要証明)
           毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
           障がい者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
 印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成《睡蓮》大装飾画の制作に着手して約100年。響きあう色、ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差し、モネの絵画の特質・独創性は、現代の作家たちにも、引き継がれる。本展では、モネの初期から晩年までの絵画25点と、後世代の26作家による絵画・版画・写真・映像66点を一堂に展覧し、両者の時代を超えた結びつきを浮き彫りにする。
1 新しい絵画へ 立ちあがる色彩と筆触
   クロード・モネ《ヴィレの風景》 1883年
   中西夏之《G/Z 夏至・橋の上 To May VII》1992年
2 形なきものへの眼差し 光、大気、水
   クロード・モネ《セーヌ河の日没、冬》 1880年
   モーリス・ルイス《ワイン》1958年
3 モネへのオマージュ さまざまな「引用」のかたち
   ロイ・リキテンスタイン《日本の橋のある睡蓮》 1992年
   福田美蘭《モネの睡蓮》2002年 
4 フレームを越えて 拡張するイメージと空間
   クロード・モネ《睡蓮、水草の反映》 1914-17年
   サム・フランシス《Simplicity(SEP80-68》1980年  など

学芸員によるギャラリートーク:8/31(金)午後2時〜30分 9/15(土)午後6時30分〜7時 事前申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー