ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11313] 【群馬】ハラ ミュージアム アーク/うごくとまる/動と静 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 19:44:28

 伊香保グリーン牧場に接するハラ ミュージアム アークhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=27
で行われている展示の紹介をします。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆現代美術ギャラリー「うごくとまる」〜9/30(日)
 20世紀半ばに、廃材や身近なものを組み合わせて機械的な動きを取り入れたジャン・ティンゲリーはやがてキネティック・アート(動く芸術)の巨匠と言われた。人間の知覚のメカニズムを探求して、「うごく」ことと対極の「とまる」ことをテーマに制作するティンゲリー以降の作家たちのさまざまな表現を見る。
  出品作家:泉太郎、大平実、草間彌生、ジャン・ティンゲリー、ジョージ・リッキー
       ジョナサン・ポロフスキー、シンディー・シャーマン、束芋、ナム ジュン パイク
       ピョートル・コワルスキー、ヘスス ラファエル ソト、最上壽之、
       柳幸典、ロバート・ラウシェンバーグなど
ワークショップ:アートうちわをつくろう!8/18(土)19(日)参加費540円(入館料と別)

☆特別展示室 観海庵「動と静」〜9/30(日)
 昔から、絵画や彫刻などそれ自体は動かない造形物に、《動》を表現して力や速さを表現したり、動かないからこそ《静》を強調したり、さまざまな可能性を追求してきた。筆致や画面の構図から《動と静》に注目して原六郎コレクションの古美術作品(狩野派、雪村、住吉広行の絵画表現他、筆文字(本阿弥光悦)など)を鑑賞。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー