ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11306] 【東京】三菱一号館美術館/ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/16(Thu) 00:08:24

 丸の内の三菱一号館美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=26
で開催中の宝飾の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 1780年パリに始まるエスプリ」〜9/17(月・祝)
     月曜休館(ただし、8/27,9/10,9/17は開館)
     開館時間:午前10時〜午後6時(8/16と金曜、第2水曜、9/10〜13日は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
 パリのヴァンドーム広場で、もっとも長い歴史を誇るショーメは、ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの御用達として、伝統を重んじつつ今も革新性を追求する。本展は、ルーヴル美術館名誉館長アンリ・ロワレット氏監修の下、18世紀後半から現代まで、約240年に及ぶショーメの伝統と歴史を紹介する。ロマン主義、 ジャポニスム、アール・デコの中で洗練された作品―ダイヤモンドのティアラやネックレス等の宝飾品と、未発表の歴史的なデザイン画や写真等約300点を展示。
    ナポリ王妃カロリーヌ・ミュラのバンドー・ティアラ、1810年頃 ゴールド、真珠、ニコロアゲート
    ティアラ「鮮紅色の情熱」2016年「ナチュール ドゥ ショーメ」コレクション
      ホワイトゴールド、ピンクゴールド、レッドスピネル、ロードライトガーネット、 グリーントルマリン、ダイヤモンド
    .「 ロイヒテンベルク」のティアラ、1830-1840年頃 ゴールド、シルバー、エメラルド、ダイヤモンド
    カーネーションのティアラ、1907年 プラチナ、ダイヤモンド
    ミクロモザイクの施された、皇妃マリー=ルイーズの日中用パリュール 1810年 ゴールド、青の溶融ガラス
    戴冠衣装の皇帝ナポレオン1世 フランソワ・ジェラール 1806年 油彩/カンヴァス   など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー