ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11305] 【神奈川】鎌倉歴史文化交流館/発掘!かまくら探偵団 2018 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 23:12:11

 鎌倉歴史文化交流館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=76では、発掘された焼き物の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「発掘!かまくら探偵団 2018 〜日本のやきもの編〜」〜9/8(土)
   日祝日休館
   入館料金:一般300円 小中生100円
          鎌倉市内の小・中学生
          市内の65歳以上の方
          障がい者手帳等の交付を受けた方と付き添い1名は無料
 中世都市・鎌倉では、全国からもたらされた数多くの生活用具、なかでも「焼き物」、バラエティに富んだ種類が出土。現在の愛知県や岡山県などでつくられた、渥美焼・常滑焼・瀬戸焼・備前焼(などが、はるばる鎌倉にもやってきた。本展では、鎌倉で発掘された出土品の焼き物を用いて、それらの鑑賞方法や中世考古学の基礎をひもとく。
  渥美焼:平安時代後期から鎌倉時代後期まで、甕や壺、鉢が中心で、濃い灰色、釉薬も素焼きに近い製品がある。
  瀬戸焼:鎌倉時代の製品におろし皿や鉢、壺など簡素なものが中心だが、青磁や白磁など中国から輸入した磁器をまねた作品も。
  常滑焼:中世から現代まで続く日本六古窯の一つ。酸化で赤茶けた色味が特徴。平安時代後期に甕や壺、鉢、皿窓などを焼く。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        参考:館のチラシ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー