ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11292] 【奈良】国博:糸のみほとけ みました[7/14(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 15:44:36

 地元、奈良国立博物館で開催中の 「糸のみほとけー国宝 綴織當麻曼荼羅と繍仏ー」を見ました。

 俗すぎる見方ですが、仏教で歴史上の特徴として教科書で扱うのは、いつも建築か、仏像であると思います。
 「綴織當麻曼荼羅の修理完成記念」と銘打たれているので、奈良の名品の一つとして特集展が開かれるのだな、興味は薄いが見ておこう、という感覚でした。

 「刺繍」と言えば飛鳥文化の「天寿国繍帳」、これだけが“教科書級”なのですが、実物をここまで目の前でじっくり見たのは初めてです。また、鎌倉時代に補修された部分が有り、むしろこちらのほうが現在は損傷が激しい…飛鳥時代の製品のほうが質が高かった、と言うことを初めて知りました。
 「刺繍」の代表が天寿国繍帳なら、本展のメイン「綴織當麻曼荼羅」ですが、別の展覧会で復元品も含めて何度かみたことはあります。これは刺繍では無くその名の通り“綴織”で、色糸をその図柄の部分に使用して織ってゆくもの。刺繍以上に手間暇かかる製法。で、こちらの復元に「川島織物セルコン」が取り組んだ仕事そのものが展示の一つになっていました。
 刺繍による仏、すなわち「繍仏」は、,飛鳥時代・奈良時代には大仏と等身大のものが作られるなどしていたが、また鎌倉時代以降盛んになり、中国で盛んであったものをさらに日本で栄えさせたとか。江戸時代まで作り続けられたもの。刺繍の方法(ステッチ)も時代によって換わり、より絹糸の光沢を活かすようになってゆく。中世以降に、黒色部分に故人の髪を縫い込んだものもでき、これこそ浄土への往生を願うのに適切とうなづいたりできたりします。
 知られざる信仰のかたちを知ることができ、特色ある、有意義な展覧会だったと思います。本展は8/26(日)までです。

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー