ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11291] Re: 【岐阜】県現代陶芸美術館/驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ[6/30(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 10:53:59

Quitaさん、こんにちは。
遅いコメントですみません。

> 文字通りの超絶技巧の工芸でした。

このタイトルの企画展は、長い時間を掛けて全国巡回しているようですね。
 美術史上では、江戸までの伝統的な絵師、近代の美術学校による教育からの作家が続々登場する、この間の時期って陰の世界のような気がします。ただ、幕末から明治初年にかけて西欧での万博に出品するため、諸工芸が活気づき西欧人の目を見開かせ、浮世絵で火が着いたジャポニスムが再燃する時期、という感じですね。アール・ヌーヴォー、アールデコにも結びついている。

>、珍しいのは牙彫、自在、刺繍絵画といったものでした。安藤緑山による牙彫はこれが牛の角から作られたとは信じられないものです。自在は可動式フィギュアの走りといったもので、
やはり、この辺でしょうね。牙彫については大阪市立美術館にそういったコレクションがあるし、大阪芸大のコレクション展などで見たことがありますが、ミニチュアの最たるものですね。こうした“技術の粋”こそ、欧米人が目につけたというより、日本人が自ら売り込んでいったものであったと思います。

> 今回の展覧会の素晴らしいのは、明治年間からの超絶技巧作品だけでなく、最近の作品があることです。前原冬樹は一木から皿とサンマを掘り出したりする超絶的な木彫であり、大竹亮峯の作品は自在を継ぐものです。

 こうしたものだけの企画展があってもよいかな、と思います。

                   明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー