ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11290] 【兵庫】県美:プラド美術館展 みました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/08/15(Wed) 10:52:33

 久しぶりに西欧美術に浸りたくなりました。と、いうわけでこの展覧会。
 当然なのですが、王宮の各部屋を巡回しているような展覧会でした。絵の1点1点が重い。実は、この展覧会、絵のタイトルや教科書で見た絵があるのかと言えばそうでもないのですが、王侯貴族の肖像画、物語性の濃い宗教画の並びの中にいると歴史をひしひしと感じます。
 この時代の絵画での比較をすれば、ネーデルラント絵画との鮮やかな違いでしょうか。民衆の力でスペインから独立し、港を中心とした風景画や、富豪商人・漁民農民が画面に溢れる集団肖像画を確立したネーデルラントとは、まさに対照的。神話画でも、集団で神々の世界を謳歌するよりもベラスケスの《マルス》など、孤高の王族を象徴するように感じました。

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー