ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11267] 【愛知】ヤマザキマザック美術館/尾州徳川の花相撲 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/19(Thu) 00:10:52

 地下鉄新栄町のヤマザキマザック美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=11で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「尾州徳川の花相撲 
   帝もサムライも熱中!いとしの植物たち」〜8/26(日)
      月曜休館(祝日の場合は翌日)
      午前10時〜午後5時30分(土日祝は5時まで、入館は閉館30分前まで)
      入館料金:一般1000円 小中高生500円
 奈良・平安時代の宮中で行われた天覧相撲「相撲節会(すまひのせちえ)」では、東方力士が勝利すると朝日を受けて咲く葵(あおい)の花を、西方力士が勝つと夕日を受けて咲く夕顔(ひょうたん)の花を、それぞれの髪に差して退場。花相撲の名の由来はこの時代にある。江戸時代には「花相撲」は花の品評会をあらわし、相撲の番付のように園芸品の番付が出され、大関から前頭までを東西に花を分け、葉や花弁の美しさ、珍奇さなどを競い、それらの植物は、「植物図譜」として描かれ、数多く出版された。本展では、美術館の斜め向かいに位置する名古屋園芸の創業者・ご隠居小笠原左衛門尉亮軒氏が蒐集する「雑花園文庫」から植物図譜などを“花の対決”視点で紹介し、日本の植物や園芸文化にひかれたアール・ヌーヴォーのガラス作家エミール・ガレの作品も合わせて展示。
  1692年、東大寺大仏殿で披露された高さ12mの巨大いけばなの資料『新撰五十瓶図』1703年
  桜と牡丹 江戸の花番付『象形花卉帖』1923年
  名古屋市東区葵の人参畑 朝鮮人参の図『本草通串証図』1852年
  ガレを魅了した日本の変化朝顔『其堂朝顔図譜』1911年
                     《朝顔文ランプ》エミール・ガレ1904年頃
  アール・ヌーヴォーとボタニカル・アートの饗宴
    長谷川照代《ジャーマンアイリス》 
    エミール・ガレ《ジャーマンアイリス文花器》1898年   など

ガイドツアー:会期中の第2・4土曜日 午前10時30分〜約1時間
7/28(土)8/11(土)8/25(土)

講演会:8/4(土)午後2時〜、(1時30分開場)予約不要、定員先着80名
「クセ(特徴)がすごいぞ 薬用植物!」野崎香樹氏(武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園 課長代理)      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー